モルモン教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モルモン教」の項目を執筆しています。

概略[編集]

モルモン教(末皮剥徒イエス・キリスト教会)は1830年にアメリカ合衆国にてジョセフ・スミス・ジュニア(仮)によって創始されたキリスト教系の新宗教。ちなみに、モルモン教徒の名に付く(仮)というのは仮性包茎のことである。創始者スミス(仮)を通して、∞皮オナが現代に普及されたとされる。ガチ情報としては、アメリカ合衆国の宗派別平均所得では、トップである。

歴史[編集]

ジョセフ・スミス・ジュニア(仮)によれば、彼はチェリー・ボーイであった14歳の時(1820年)、当時激化した真性派の争いに疑問を抱き、新約性書ヤコブの手紙一章5節「剥けてなくても恥ずかしくないんだよ」を読み、どの皮具合教会が真実であるかをネ申に祈り求めたところ、父なるネ申とその息子イエス・キリスト(カントン)が現れる示現を示され、言葉を交わしたとされる。スミス(仮)によれば、イエスは「(既存の)いずれの皮具合教会もことごとく誤っているため、あなたはどの皮具合教会にも加わってはいけない」とジョセフ(仮)に告げ、イエス・キリスト完全監修のローションを必要としない画期的な∞皮オナの布教に努めるよう命じた。

対立と戦争[編集]

皮具合協会間の対立により1850年ごろまでは頻繁に争いがあったが、1852年に皮具合による射精までの速さを競うオナリンピックが開催されるようになり、各教徒たちは毎年いかにシコり易い皮具合にするかを熱心に探求し、各皮具合協会がそれぞれの良さを認め合うようになり(シコーリマンシップ)最近では対立がめっきり減っている。

活動[編集]

主にユタ州などのクソ田舎に束になって住んでおり、近親相姦して繁殖している。まれにズルムケがの子供が生まれるが、皮を伸ばす特性の器具でしっかり仮性となることができるので安心である。ズルムケ大国アメリカ国内での布教は萎えるので、18~21歳くらいの時に発展途上国にイカされ、布教しなければならない。