ヤルノ・トゥルーリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヤルノ・トゥルーリ(Jarno Trulli, 1974年7月13日 - )とは、出張ドライビングスクールの校長である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤルノ・トゥルーリ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

彼のドライビングスクールは世界各国において、主に公道ではなくクローズドなコースにおいて行われている。これは主に安全上の理由であると考えられている。生徒の多くは外国人であり、中にはヤルノ自身よりも能力や適性のあるドライバーも少なくないのだが、ヤルノ自身はたいへんに優しい性格であるために、生徒たちには競い合うことよりもお行儀よく順番を守って走ることの楽しさを教えようとしていると言われている。しかし、気持ちのはやる生徒たちが、ヤルノの後ろに行列を作って走ることに不満を洩すことが少なくなく、時には生徒同士で争いになることもある。

また、ヤルノはたいへんに虚弱な体質であり、よくドライビングスクールの開講中に体調を崩すのだが、そんな場合でも生徒たちに自由に走らせることはせずに、行儀よく自分の後ろにつくことを強要することが多い。

上記のような理由で、ドライビングスクールは生徒にはたいへんに不評である。しかし、なんらかの理由により、参加する生徒が途絶えることはほとんどない。これはイタリア七不思議のひとつに数えられている。

人物[編集]

「渋滞発生源」とさえ言われているトゥルーリだが、突然奇跡のように速くなる事が1世紀に1回だけある。

  1. 誰かが順番を守らない
  2. 彼の友達が死ぬ

このいずれかが発生すると、まるで他人が操作しているかのような爆発的な速さを見せる。

また無線で「ノーグリップ! ノーグリップ!」と彼が叫んだときは「おkやるの?」と返すのが礼儀とされている。 2008年のモナコGPとフランスGPにおいても、「おkやるの?」という無線が確認されている。

愛称[編集]

元祖カミカゼを師とあおいでおり、またここ最近はずっと日本車を愛車としているために、「青い目のサムライ」とも呼ばれている。

が、そういう異名をもらう人間はかなりの確率で早死にする(例:アンディ・フグ)ので、誰かがこの縁起の悪い異名について教えてあげるべきだと思う。


ビブ君.png この項目「 ヤルノ・トゥルーリ 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)