ヤンキー先生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、ヤンキー先生について説明しています。自称ヤンキー先生個人については「義家弘介」をご覧ください。
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Bouncypotato.gif
この記事「ヤンキー先生」は何故か「義家弘介」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ヤンキー先生(-せんせい)とはどこかの学校の教師。常に暴走族の格好をしながら教えている。ヤンキー先生が全国に知れ渡ったのは、「ファンタ」と呼ばれる近未来の飲み物のCMに登場したことからである。その教え方はすさまじく、この授業になると不良も黙るほど。ちなみに担当科目は国語で漢字を特に取り上げている。カタカナしか使うことのないものであっても漢字にするほどの能力を持つ。

たとえば、暴走族の決め文句ともいえる「よろしく」は「4649」ないし「夜露死苦」、「トロピカルフルーツ」を「吐露非軽古鬱」とするなどの功績を持つ。

暴力少年だったくせに出世を遂げ今や肩書きの塊と化しているヤンキー先生もいるが、それは既にヤンキーでは無いと言えよう。そもそも青春時代の暴力行為もマスコミに数奇な人生の典型として取り上げられるためのネタ作り[1]であったとすら囁かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 幼稚園の設立や恩物教育で知られるフレーベルがグレていた頃、ペスタロッチに出会うまでのエピソードそのまんまである。教員採用試験の勉強した奴なら絶対知ってるだろう。

関連項目[編集]

この項目「ヤンキー先生」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)