ユリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

ユリ(百合)とは、主に同人誌で咲く愛のの事である。

効果[編集]

ユリの例

これで出来た薬を飲むとあら不思議、体力が全快になり、ぴーチョメチョメになります。

しかし、この花は普通には咲いておらず、なぜか東京ビックサイトといった特殊な場所にしか咲いてない。最低500円(場合によっては1000円以上)と高い。

概要[編集]

この植物は、オタクにとって大切な物である。この花を咲かせる為に必要な物は、

などがある。以上の条件がそろっていれば0歳児でもユリは簡単に栽培できる。

しかし、ユリはとても良い物もあれば糞以下の価値の物もあるので、ユリを買う時は見た目(表紙)に惑わされない様に、中身を確認することが大事。

また中にはアーン♥♥XXXXXと言う、かなり刺激の強い花もあり、そのような花は条例により18歳未満の購入が禁じられている。

反対意見[編集]

この植物でできた薬を飲むと麻薬と同じ効果が現れる為、この薬に反対する人も多い。だが依然としてユリやユリの薬は高値で取引されている。  

ユリの歴史[編集]

  • 1000年:ユリが見つかる。
  • 1150年:ユリの開発が始まる。
  • 1200年:世界で始めてのユリ、『金太郎』が開発される。
  • 1201年:ユリが封印されてしまう。
  • 19xx年:道にユリが咲かなくなったが東京ビックサイトにはまだ残っている。
  • 30xx年:キサラギ社と管制塔社によってユリが完成する。
  • 年代不詳:魔法学校に同名の名前の少女が入学する

流通の現状と複雑性[編集]

百合の花はとても入手が困難である。しかし、前述したとおり東京ビッグサイトにおいて夏と冬、それぞれ数日間にわたってまとまった取引が行われている。しかし百合の取扱量はその取引会場においても十分量とは言えないうえに、その少なさから”百合”という区分で会場内が仕切られることがなく、取り扱い店舗が会場内に散在してしまっているのが現状である。

関連記事[編集]


みさくらなんこつ ユリいじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)
1120826849129.jpg
おわあ、こんばんは おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ おわああ、この記事の作者は病気です。