ヨハン・クライフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
教祖でありながら、哲学者でもある。

ヨハン・クライフことヘンドリック・ヨハネス・クライフ(1947年4月25日 - 2016年3月24日)とは、厨二病オランダのサッカー選手、指導者である。と言うのは建前であり、実際はそのカリスマ性で宗教団体を作り上げた根っからの教祖である。その何処ぞの青と臙脂のクラブでは教祖と崇められている。

概要[編集]

労働者階級の街の青果店で生まれたと言うのが歴史考証の上での定説だが、神格化のため、アヤックスのスタジアム近くで生まれたとされている。 アヤックスで生まれたヨハン少年は、たまたま玉を弄る事が上手かったため、アヤックスの選手や、周囲の大人から崇拝された。 この時点で、教祖としての片鱗を示していたと言える。え?この人もそうだったって?生真面目な百科事典見てみなよ。 そしてヨハン少年はアヤックスに入り、玉を弄る訓練に駆り出された。 因みに、後に隠蔽されることになるが、この時はサッカーはまだプロ化が完全ではなく、ヨハン・クライフもプロ契約をしたばかりだった。 ユニフォームの替えなどなく、その為自分で洗わなければならなかったのだ。 教祖であるはずのヨハン・クライフがそんな惨めな事をする筈などないので、後に隠蔽されている。

アヤックス[編集]

アヤックスではサッカー選手として活躍し、チャンピオンズ・カップを3つも制覇した。 一時期は栄華を極めたも、ヨハン・クライフは現在の待遇に満足せず、バルセロナへ飛び去っていった。

バルセロナ[編集]

バルセロナではフランコとかいう独裁者へのカウンターなどのお陰で愛でられている。

ヨハン・クライフは、600万ギルダー(当時の金額で約200万ドル、日本円で約5億7000万円)という当時としては超半端ない金額でバルセロナに移籍した。 と言うのも、面倒臭い事柄から逃れたかったから私の事を分かってくれるクラブがオファーを出してくれたからである。 バルサではラ・リーガを制覇し、その上タレント業の様なものなので無茶苦茶可愛がられ、アイドルと化した。

ワールドカップ[編集]

リヌス・ミケルスと共に仲間達が選抜され、FIFAワールドカップに出場した。 ワールドカップではフランツ・ベッケンバウアーらの西ドイツに敗れ準優勝だったが、トータルフットボールという開発されたばかりの戦術でインパクトを残した。

1976年 ワールドカップ予選[編集]

気性の激しい教祖である(なお、これ自体は日本の思想界でもトランス状態になり叫んだ言葉がそのまま名前になった人もいるので何ら問題はない)ヨハン・クライフは、その気性の激しさでカードを貰い、「監督のジョージ・クノベルが辞めるなら試合に出場しない」と言い、結局累積警告で帰ってしまった。

引退、そして復帰[編集]

結局、ヨハン・クライフは1978年のワールドカップには出場しなかった。当時はアルゼンチンの軍事政権に抵抗する等と言われていたが、後に教祖ヨハン・クライフは「息子が誘拐未遂に遭い、ワールドカップを戦うコンディションになれなかった。その事は警察が緘口令を敷いていたために監督にも言えなかった」と自伝で述べている。空飛ぶ法衣といい、教祖の子供は何かと狙われやすいのだ。 そしてクライフは引退を宣言した。 だが、不動産で騙されたクライフは、アメリカへと布教をする事になった。

独特の言葉[編集]

ヨハン・クライフの言葉は、クライフィアーンス (cruijfiaans)と呼ばれ、その神託はオランダ人どころか、エル・カンターレも分からないようである。 内容はトートロジーだったり、オランダ語の文法的におかしかったりするものがある。 以下にその一部を示す。

フットボールはシンプルだ。だがシンプルにプレーすることが一番難しい。

フットボールは「シンプルである」筈なのに、「シンプルにプレーする」事が難しいと説いている。ぶっちゃけ、議論で使えば意味が分からなくなる言葉を、教祖が言えば真実に思えてくるので宗教の力は恐ろしいのである。

あらゆる短所に長所がある

人材育成の先駆けである。短所は短所でしか無いはずなのに、見方を変えれば長所である。松下教松下幸之助にも劣らない。

(シュートを)撃たなければならない。そうしないとゴールはできない

打ち込まないと、そもそも達成されないという事を表している。

オランダの主な輸出品、それが私だ

「私」が輸出品なら、担当は貨物ではなく空港であろう。

ある意味では、私はおそらく不滅だ

教祖のお言葉である。何処ぞの尊師のように、国家権力にポアされたりしないのだ。

布教[編集]

日本でも三菱ダイヤモンドサッカーなどが布教に手を貸し、信者を獲得した経緯があるが、タマと友達になる漫画や、2000年代には金のかかる放送局NHKのもう一つの顔で放送され、サッカーが普及した事により、布教に成功したと言える。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヨハン・クライフ」の項目を執筆しています。