ライオネル・リッチー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ライオネル・リッチー(Lionel Brockman Richie, Jr. 日本名:ライオネル・リチ男、1949年6月20日 -)とは、アメリカ黒人シンガーである。モータウン・レーベル所属のシンガーとしてはマイケル・ジャクソンと双璧をなす存在だったが、彼が肌を脱色したことにより黒人アーティストの代表格としての不動の地位を獲得した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ライオネル・リッチー」の項目を執筆しています。

人物像[編集]

マイケルとの出会い[編集]

「整形のついでに肌を脱色したのか。彼ならやりかねないと思ったよ。まあ、これで黒人アーティストとしては白黒ついたも同然だね。
マイケルの肌の脱色 について、ライオネル・リッチー

モータウンと契約後、マイケルの召使いとなる。サックスの腕に惚れこまれたライオネルは、その後側近にまで昇進、歌手デビューを勧められる。

強靭な喉を持ち、低く甘い歌声はその後洗脳効果をもたらし、デュエット曲「エンドレス・ラブ」や、「セイユー・セイミー」などヒットさせた。この時、一時マイケルの曲の売上やビルボート誌での順位を超えてしまったため、マイケルが激昂し、一発逆転を狙って作り上げたのが「スリラー」だとされている。[要出典]このほかに、離婚した妻から請求された日本円に換算して5京円の慰謝料を未払いのまま、自らは豪勢な生活を営むなど、「黒いのは腹だけ」、「黒人版ひろゆき」と言わせるほどはある。

オールナイトロング アフリカンチャント[編集]

彼のヒット曲「オール・ナイト・ロング(英題:All night long(All night))」の歌の中で、アフリカンチャント(原詩不明)が歌詞中に入っている。それがある日の空耳アワーOA時に放映され、波紋を呼んだ。

以下がそのフレーズである。

田んぼに行って捨ててこいや、いぇー田んぼ田んぼ!

このエピソードは、日本人の空耳を利用して日本において不法投棄を促していると噂され、後に実際にFBIの検閲がライオネルの自宅に入るほどの騒ぎとなった。[不要出典]さらに、マイケル死亡時も特にコメントを残さず[1]、やはり「黒いのは腹だけ」と言われても仕方ないとされている。

家族構成[編集]

  • 子供
  • ジャーマン・ポテト

交友関係[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本人は、「ニュースが流れる頃にようやく知った。」とコメントしている。

関連項目[編集]

この項目「ライオネル・リッチー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)