ライトバン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ライトバンとはライトウエイト・スポーツ・バンの略称で、スポーツカーの形態の一種である。

特徴[編集]

基本的な特徴として、安価で気軽にスポーツ走行が楽しめる事に重点を置いた設計の車両が多い。車両重量の軽量化のために装備や内装は簡素であり、比較的小さく低出力のエンジンでも快適なスポーツ走行が楽しめるように工夫がされている。

変速機はマニュアル・トランスミッション(MT)を搭載した車両が好まれる傾向にあるため、AT全盛の現代でも多くの車種でMTが選択できる。また、ギアレシオはクロスしている傾向にある。サスペンションは純正状態でスポーツ走行に適した硬めのセッティングとなっている。

車体にスポンサー企業の名称やロゴをペイントしたりステッカーを貼るなど、外観にレースカーを意識した車両も多く見られる。白い車体に黒いバンパーのデザインが多く、営業マンや、官公庁の外回り職員にとっては必要不可欠なマシンである。

なお、一部では「ライトバンって・・・・・どう見ても貨物車だろ」と、スポーツカーとして認めていない人もいるが、平日昼間の高速道路ではライトバンに乗った営業マン検閲により削除で走ってるのを見れば、スポーツ走行に充分な性能があることがわかる。

主な車種[編集]

過去の類似車種[編集]

現在ではレギュレーションの変更により自動車メーカーによっては消滅、もしくは縮小傾向にある1BOX形状のバンにおいても、様々なレーシングテクノロジーの吸収が行われていた事は、余り知られていないようなので、ここにご紹介しよう。

まず、車内の運転席部分と後部荷室との境に法令で義務付けられたロールバーが装着された車種が多かった事は、この種の車両がレースと無縁ではなかった証しと言えるだろう。

重量物であるエンジンを前車軸と後車軸の間(の前寄り)にマウントして理想的な重量配分で操舵性を高めるフロントミッドシップ方式は、著名な国産スポーツカー、サバンナRX-7などから、ハイエース、キャラバン、ボンゴなど各社の主要車種にこぞって持ち込まれた、走りの為の妥協のない技術であった。(尚、RX-7や8も、車名にバンと入っているのを見れば解る通りライトバンの一種である。)

また、旧ライトエースの低床車に見られた、後輪が前輪より極端に径が小さく、その分、超幅広タイヤを採用していたという特徴に至っては、レースの頂点に君臨するフォーミュラカーの特徴そのものであるし、また、中でも、一部、幅広タイヤの代わりに後輪の数を四輪に増やし、計六輪車となっていた旧モデルは、まさしく往年のF1マシン、ティレルP-34の再来と呼ぶに相応しい名車であった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ライトバン」の項目を執筆しています。