ライフル (貸金業)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ライフル信販クレジットカード消費者金融を手がける貸金業者。しかしその実態は闇金融とほとんど変わらないやくざが運営している。ライフアイフルが合併したものである。

歴史[編集]

ライフル誕生以前のアイフルは、経営難に陥っていた。貸した借金は戻ってこず、取り立てにいけば客から逃げられ、という毎日を送っていた。そこで、会社は改革に手をつけたのである。まず、猛犬の雇用。これはCMに出演している野生のチワワであり、滞納する客を獰猛な牙と速い足で襲う。次に、自らの子会社であるライフとの経営統合である。ライフは、ライフカードで有名な会社であり、こちらはオダギリジョーで客を騙す手法を用いて好調であった。こうして、猛犬を起用したアイフルと詐欺商売を利用したライフとの統合により、ライフルが誕生した。

しかし、以前の両者の手法を用いてもなかなか業績は伸びなかったため、一転して「返さない客は殺しても取り立てる」という経営方針を生みだした。

それからのライフルの取り立て方は極めて大胆である。まず、一見紳士のような服装で街中をうろつき、金に困っていそうな人を見つけては車に連れ込み、無理やり金を貸す。次に、金を貸す時は、客が住所を変更してもすぐに分かるように、客の皮膚にこっそりと液体チップを埋め込み、いつでも居場所を特定できるようにしておく。そして、客が金を滞納した場合はすぐさま客の家に押し掛け、ライフル銃を連射して脅す。さらに、客がそれでも金を返さなかった場合は、すぐさまチワワに咬ませて気絶させ、そのまま客を車に連行してライフルのアジトへと護送する。最終的に、その客は一生タダ働きさせられるのである。

過払い利息の返還請求が始まると、アイフルは「武富士は破綻して過払い金を払えなかった。4割和解にしないと倒産するぞ」と債権者を脅し破綻を回避。旧ライフが裁判所送りになって過払い金をチャラにしたノウハウが蓄積されていたため、ミラクルが実現できた。

2009年にADRを申請。リーマンショックで有名となったCDS発動させるさせないで騒ぎを起こした。

沿革[編集]

  • 1952年 - ライフが広島で信販業を創業する。
  • 1967年 - アイフルが京都で消費者金融、いわゆるサラ金を創業する。
  • 1967年 - ライフが広島の協同組合から企業に転換。
  • 1978年 - アイフルが自営業から企業に転換。
  • 2000年 - 日本長期信用銀行破綻でライフが連鎖倒産。アイフルが受け皿になる。長銀破綻のあおりを食らった他の会社(そごう西武百貨店が受け皿になり、セブン-イレブンイトーヨーカ堂グループ(現・セブン&アイ・ホールディングス)が買収。第一ホテル阪急電鉄が受け皿になり、阪神電鉄と合併)はマトモな所だが、ここはサラ金が受け皿になった為にマトモじゃない状況になる。
  • 2002年 - 本社管理センターを東急田園都市線沿線(江田と市ヶ尾のちょうど中間)に移転したため、社宅が田園都市線沿線に出来て殺伐化する。なお東京支社は日比谷の一等地だったりする。
  • 2003年 - 経団連という財界の汚い組織に加盟してサラ金利権目当てに加盟する。
  • 2005年 - この頃からライフル部隊というえげつない勧誘部隊と取立て部隊が全国で暗躍する。
  • 2006年 - ライフル部隊数名が逮捕され、金融庁が事を重く見て営業停止処分を60日受ける。
  • 2007年 - 法規制でリストラするも、武富士やエイワと共に銀行系に抵抗して独立を貫く。
  • 2008年 - やくざ社員が東急田園都市線で集団暴動を起こし、田園都市線壊滅を起こす。
  • 2009年 - 銀行へ抵抗するはずが、お金に困って主力銀行に泣きつき事業再生ADR(私的整理)を成立させる。
  • 2015年 - 返済期間延長などをでダラダラ払っていた借入を完済してADR手続きを終了。

手法[編集]

  • チワワのCMや有名人起用での客寄せ商法。
  • 着物販売での次々商法。
  • アイフルマスターカードでのでじこ起用による萌え商法(アイドルマスターとは関係ありません)。
  • ライフカードの電気店や衣料品店などでの強引な勧誘。
  • ライフル部隊によるえげつない取立てで「腎臓売ってでも返せ」とか「殺すぞ」とか「お前が死んでも代わりはいる」とか「会社や実家にでも取り立てるぞゴルァ」というような暴言や暴力を用いる取立て。

客の証言[編集]

あの商法はひどいですね。コンビニでフライドポテト12万円で売りやがって。
足りないつったら金貸してやるって言われて事務所へ連れていかれて。
で、毎日取り立ててきやがる。一日1万円ずつ増えていくのさ。
こんなキツイ取り立てされたらまともな買い物もできなくなっちゃう。これじゃ経済危機はもっと加速しますね。
で、戦争が始まる。不景気の中ぼったくりで稼いだライフルは日本と連携して戦争始めるんだ。
オダギリジョーとチワワが日本の政権を握り、僕達は戦場に送り込まれるんだ。

東急田園都市線のスラム化[編集]

東急田園都市線では、社宅と本部がある関係で、社員の通勤で沿線及び駅構内やホームや車両内で絶えず暴力が絶えなかった。その為、一般住民のほとんどがトンネルの向こう終点の先に逃げ出してしまった。その為廃墟と化してしまい、残った市民は東急市などの第三セクターによる新246バイパスの超高速路面電車相模野ライトレールに流れてしまう。

銀行との関係[編集]

他のサラ金が銀行と密接になるのに対して、ライフルは武富士の次に距離を置かれている。プロミス三井住友銀行の完全子会社となって、社長も送り込まれ、アコム東京三菱銀行の舎弟とり、レイクシンキ新生銀行に売り飛ばされたり身売りしたりで弱者連合を結成。ライフルは住友信託銀行と合弁会社を作ったりはしたものの、会社の信用を銀行に補強してもらえず、銀行団に貸し剥がされるのを恐れ、住友信託銀行に泣きついて支援を表明してもらい、他の銀行に丸裸にされるのを回避。裁判所に送られなくてメデタシメデタシだが、貸し剥がし損ねた一部銀行が外資にライフルへの債権を二束三文で売るなどのハプニングが発生。東日本銀行八千代銀行との関係が役に立ったかは不明。

関連項目[編集]

  • 日栄(現・ロプロ) - えげつない取立ての元祖。
  • 商工ファンド(現・SFCG) - これもえげつない取立ての元祖。
  • 日本振興銀行 - 上記2社から再就職したえげつない取立て。
  • 武富士 - 会長を崇拝させたり、取り立てよりえげつない労務環境で有名。
この項目「ライフル (貸金業)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)