ライブチャット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

ライブチャット(英:Live chat)とは、次世代型取引ツールである。

概要[編集]

一般的なライブチャット。

ライブチャットはテレホンクラブから派生した簡易商取引ツールの一種であり、Webカメラやスマートフォンのカメラを使用した所謂「テレビ電話」を使用するという特徴を持つ。画面越しとは言え「顔と顔」を合わせ金銭や物品・性行為などを取引する事で、従来のツールに比べてユーザーからの信用も比較的高い。形式的にはYouTubeニコニコ動画のような動画配信にも見えるが、ライブチャットはその名の通り「ライブ」でのやり取りに特化しており、多くのユーザーへ映像を配信しつつリアルタイムで取引条件や相手を可変させられるというアドバンテージを持っている。

こういった取引ツールの原型は、上で述べたテレホンクラブとなっている。電話で一対一の取引をし、予定を合わせて合流し取引を行うのである。1980年代には大きなブームとなり、日本各地にテレホンクラブ専用の回線を敷いた施設が建てられていた。そして90年代半ばにインターネットが登場すると、これまで電話でしていた取引をインターネット上の専用空間で行うようになった。テキストチャットの誕生である。これは取引を明文化出来る上一対一だけでなく多数との取引も可能[1]で、テキストチャットの普及により一気にテレホンクラブは衰退していった。その後スマートフォンの普及に伴い動画配信のハードルが低くなったことで、手軽に映像を使用した取引が行える環境が整備されテキストチャットはライブチャットへと進化したのである。

ライブチャットの法的な扱い[編集]

ライブチャットは2017年現在、テレホンクラブやテキストチャットと異なり特定商取引としての法規制が存在しない[2]。その為、レート等はすべてユーザー間の良識に委ねられているのが現状である。

ユーザー間の合意があれば「自慰行為動画配信分数×一千円」「愛用品譲渡取引成立後、ミーティングを行いそれを代金とする」などの条件を設定するすることもある。また、大手インターネット通販サイトの「ほしいものリスト」から何か一つの代金を払う事を条件にする手法もある[3]

脚注[編集]

  1. ^ 一対一を「2ショットチャット」、多数相手を「パーティーチャット」と呼称する事が多い。
  2. ^ ただし、未成年が性取引目的で使用した場合は別の規制にかかることになる。
  3. ^ ただしこれは「デジタル乞食」と蔑視されることもある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ライブチャット」の項目を執筆しています。