ラストサムライ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ラストサムライ(最後の侍)は、日本にいた最後の武士サムライ)である。

概要[編集]

戊辰戦争西南戦争により、日本における武士の役割は完全に消滅したが、身分的には「士族」とされてその後も長らく残っていた。この制度が消えたのは、大東亜戦争後の戸籍変更に寄るもので、結局は今から約60年前、一斉に「武士」が消滅した事になる。そのため、最後の武士が誰であったかは定かでない。

一方、武士の一部は商売に手を出したが、「武士の商法」と言う言葉があるとおり成功せず、自ら財産を失うなどして、没落していった。

サムライブーム[編集]

2003年に突如、日本の馬鹿者の間でサムライブームが巻き起こり、俺はラストサムライだとか、俺は誇り高き侍の子孫だ自称する気違いが大量発生した。

2006年にはサムライブームがピークに達し、遂には「サムライブルー」を名乗る日本人集団がドイツを侵略しようとしたが、ドイツ観光を楽しんでいたオーストラリア人に蹴散らされた。この事によって日本人は「サムライブルー」じゃなくて「寒いブルー」だねと世界中から失笑され、日本のサムライブームは終焉を迎えた。

だが2009年において、再び「サムライジャパン」なる集団がWBCで大暴れした。この暴挙に対して、世界は思いがけない嫌がらせに出る。日本人に対して世界でも一番嫌悪感を抱いている連中を、これでもかこれでもかこれでもかこれでもかこれでもかこれでもかと、執拗にサムライジャパンにぶつけて、その暴挙を阻止しようとしたのである。しかしサムライジャパンはその執拗な嫌がらせにも屈せず大暴れし、さすがに世界もその実力を認めざるを得なかった。もっとも日本を一番嫌っている国では、マスコミがWBCが終了した今でも、これでもかこれでもかこれでもかこれでもかこれでもかこれでもかと、執拗にサムライジャパンの卑怯な戦いぶりを報じているのであるが。

映画[編集]

2003年にアメリカで制作された。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ラストサムライ」の項目を執筆しています。


この項目「ラストサムライ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)