ラッコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ラッコ」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

ラッコとは、アワビウニホタテなどの高級海産物を数多く乱獲する密漁集団である。主に北太平洋沿岸に生息している。

概要[編集]

ウィキペディアという大海をたくましく生きるラッコ。

ラッコは集団で、庶民にはそうそう食べることのできない高級な海産物の密漁など悪逆無道な行いを繰り返すのハンターである。海産物の漁獲量が生計に直結する漁師や海女、板前、寿司職人と常時熾烈な争いを繰り広げている。ネコ目であるラッコは水族館の人気者にもなり得るほど愛らしい姿をしているが、その姿にだまされてはいけない。彼らは人間が可愛いものに対しては甘くなるということを知っており、長い時間をかけた進化によって現在の愛くるしい姿を手に入れたのだ。

生態[編集]

一生のほとんどを海の上で生活し、陸に上がることは滅多にない。これは一日の大半を船上で過ごす一流の船乗りが陸に上がったときに感じると言われている「陸酔い」のようなものをラッコも感じていることが原因とされている。そのため、食事、排泄、睡眠はもちろんのこと、交尾や出産、子育てまでも海上で行うこととなる。

成体の体重は40キログラム前後だが、小柄な体格のわりには非常に大食漢であり、5キログラムのホタテ貝柱をおよそ45分で完食する一流のフードファイターでもある。これが原因で海産物が大規模な食害にあっているが、保護動物となっているラッコは地域の都合で駆除もできず、事情も知らない一般人は「食べるものが少なくてラッコがかわいそう」などと言い出す始末であり、動物愛護団体や国際条約に至ってはラッコの密漁活動を容認すると共に水産業関係者を弾圧する活動を行っている。まさに「かわいいは正義」である。また、ラッコは日本では、臘虎膃肭獣猟獲取締法という、わざと難読にされた名称の法律によって法的に保護されている。この法律は、平成十三年一月六日に改正されたが、難読漢字に快感を覚えた海獺の陰謀によりその名称を仮名文字にして国民に分かりやすく修正することが見送られた[1]

空腹を感じると海に潜り、アワビ、ウニ、ホタテ、イクラマグロ(中トロ)、シロマグロ(大トロ)、などを密漁し、腹の上に置いた石に打ち付けて殻や表皮を割って中身を食べる。全てのラッコはこの時に使う自分専用の石を持っており、自分の使いやすい石を探し当てることが成体となることの条件であるとされている。また、非常にグルメなことで知られており、どんなに空腹でも旬を迎えた食材以外は基本的に漁獲しない。そのため、ラッコを水族館等で飼育する場合は、常に上質な餌を与えていないとすぐに餌を食べなくなって衰弱死してしまうため、飼育員、水族館の経済への負担は大きいが、ミキモト真珠の養殖用アコヤガイへの被害を防ぐため、鳥羽水族館ではむしろ喜んで飼育もとい水槽に隔離しているようだ。

また、人知れた情報の大海では最も知性の高く神聖かつ知性的で狡猾さも兼ねながら王座に君臨する強大な生物として知られている。1日に大海に出るの大半を狩るという驚異的な行動力で有名で、絶対と言われる海のルールに干渉する力まで有している。その力故にライバル視してる生物も数多く、他の縄張りに攻め込む事もあれば生存競争を甘んじて受ける寛大な心も有する。横暴な時もあれど海のルールをとことん信じ何一つ破らず、大海の繁栄のために自己犠牲も伴わない健気な行動も取ることなどから、大海を最も愛しそして毒された生物と言っても良いだろう。しかし現在この社交的能力を自ら破棄した優秀な生物のおかげで情報の大海は大変なことになっている。彼を見物したい場合は星の数ほどスレッドがある掲示板情報の大海に1日16時間勤務しているので運が良ければ見られるだろう。……と思っていたら、2012年12月、化けの皮が剥がれて“自殺”、一利用者に戻った。隠していた理由は情報の大海にかまけて本業を疎かにし、仕事に穴を開けた事が発覚するのを恐れたためだという(クライアントは本人の化けの皮の下の事だけ知っていたという)[2]。近年ではテレビにも出演したとかなんとか。

脚注[編集]

関連項目[編集]

この項目「ラッコ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)