ラティオス (硬度測定器)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は2013年(XY発売前)に孵化したので、現代人とは話が通じない可能性があります。

ラティオスとは、第五世代のポケモン業界で広く使用されていた硬度測定器である。この測定器で測定された硬度をラティオス硬度と呼ぶ。

概要[編集]

ポケモン業界には多数の硬度測定器が存在するが、最も信頼性が高い測定器として人気を集めているのがこのラティオスである。第四世代の頃に急速に広まり、今ではすっかり定番の測定器になっている。主にレベル50のポケモンの硬度を測るのに利用される。但し、特殊方面専用の測定器であるため、物理的な硬度を測る場合には、モース硬度等を用いるべきである。モース硬度の測定器としてはガブリアスの石の刃等が適している。

使用法[編集]

1.ラティオスを用意し、フラットモードを選択する(これによりレベル50相当になる)。なお、測定器は完全に規格化されて製造されており、常に最高品質のものが提供されている。個体差のようなものは一切無いので安心していただきたい。色が緑色だったり何か光ったりしているかもしれないが全て仕様である。

2.C252、補正なしを選択(最も一般的な設定)。但しラティオスが発火している場合は危険なので248までしか設定できない。一見不良品に見えるが、これも仕様である。

3.付属品の眼鏡をラティオスに装着する(装着しない場合は硬度の基準が大きくずれるので注意。場合によっては装着しなくても良い)。

4.レベル50の対象を用意する。

5.対象に向かって流星群を照射する。

6.対象が瀕死状態になるまで照射を繰り返し、その回数を記録する。

7.照射した回数から1を減じた数が硬度である。

なお測定器の仕様により、最大5回(オプションで最大8回)まで連続照射できる。

利点と欠点[編集]

利点[編集]

ラティオスが他の測定器と比較して優れている点として、測定結果にブレが少ないことがあげられる。対象が龍や鋼で無い限りは、測定器との相性に左右されず正確な硬度を調べることが出来る。

欠点[編集]

欠点としては、流星群の威力が使うごとに2段階下がる(最大6段階まで下がる)ため、対象が硬すぎると時間がかかること、そしてなにより威力が高すぎて殆どの対象を1回で瀕死にしてしまうことである。場合によっては眼鏡を取り外すか、それでもダメなら他の測定器に替えたほうが良い。

また、この測定器に限ったことではないが生きているポケモンを瀕死にするため残虐ではないかという指摘もある。これに応える形で、近年ではコンピューター上で硬度を測定できるソフトも開発されており、こちらも多く利用されている。

主なポケモンの硬度[編集]

測定器の強さをC252、補正なしと設定し眼鏡を装着した場合。対象は全てレベル50。個体値は全て31。急所は考慮しない。確実に耐えられる回数を硬度とし、各数値はその範囲をとる下限を掲載する。1回ごとに威力が2段階下がることに注意。

ラティオス硬度 ポケモン 性格補正(特防) 努力値(HP) 努力値(特防) その他補足 解説
0 省略 省略 省略 省略 多すぎるので省略する。
1 サンダー 無し 252 156 補正有りなら特防68。 雷の化身と呼ばれるサンダーは硬度1。宇宙から降ってくる隕石と気象現象では格が違ったようだ。
1 ロトム 有り 252 180 他のFCロトムも同様。 同じく電気タイプの家電も硬度1。隕石の直撃すら耐えるとは、この家電の耐久性は異常である。
1 ラグラージ 無し 252 108 補正有りなら特防20。 どう見ても降ってくるのは石なのに、相性で半減しないのは理不尽。そんなことを日々考えているラグラージもやっぱり硬度1。
1 アメモース 有り 252 236 アメンボだって生きているんだ(失礼)。見かけによらず硬いぞ!この辺りが硬度1の最低ライン、他にパチリス、シャンデラ、ネオラントなんかもみんな仲間。
1 スイクン 無し 116 0 キーーーッ!あんなアメンボと一緒にされるなんて!補正有りHP特防極振りでも、ほんの僅かの差で硬度2に届かない。硬度1はまさにピンキリである。まあ、よほど運が悪くなければ耐えるけどね…。
2 ブラッキー 有り 252 196 漆黒の身体は宇宙の闇そのもの。そんなブラッキーがどうして隕石を恐れようか、と言う割には硬度2。
2 ミロカロス 有り 252 236 世界一美しいミロ様が、にっくきスイクンに大勝利。ギリギリセーフの硬度2。
2 クレセリア 有り 252 36 補正無しなら特防156。 耐久ポケモンの代表格、クレセリアは余裕の硬度2。
2 ポリゴン2 有り 252 52 持ち物・しんかのきせき。補正無しなら特防148。 人類の叡智と輝石の力が融合して生まれたポリゴン2が硬度2。隕石による地球滅亡は、科学の力で回避できるのだろうか。
3 カビゴン 有り 252 252 極限まで肥満になったカビゴンが硬度3。でもこんな病的なカビゴンはほとんど存在しない。肥満すぎて自慢の攻撃力が大きく劣化している。
3 ユレイドル 有り 252 188 砂嵐下。 砂嵐のお陰で、古代生物が硬度3。遅いので、砂は誰かに撒いてもらいましょう。
3 レジアイス 有り 252 92 氷の壁、レジアイスは硬度3。弱点さえ少なければもっと強いのに…。
3 ハピナス 無し 0 0 ピンクの悪魔ことハピナスは無振りでも硬度3。降ってくるのはどう見ても石なのに、カウンター出来ないのはお察し下さい
3 バンギラス 有り 252 164 砂嵐下。 大怪獣は、自身の起こす砂嵐に守られて硬度3。さすがに怪獣だけあって、この程度では死なないようだ。宇宙から降ってきたヒーローに倒してもらおう。
4 ルギア 無し 252 140 特性・マルチスケイル。補正有りなら特防4。 マルチスケイルのお陰で、やたらと硬くなった伝説ポケモン。海の神ことルギアが硬度4。
4 ツボツボ 有り 252 156 砂嵐下。 さすがツボツボだ、なんともないぜ!ってことで硬度4。ちなみに砂嵐が無いと全振りでも硬度1。HPェ…。
5 ラッキー 無し 0 0 持ち物・しんかのきせき。 輝石の力により、ハピナスを大きく超えて硬度5。同じ石でも輝石は隕石よりずっと偉大なようだ。
5 ハピナス 有り 0 100 特防にぴったり100振ったハピナスは、ラッキーと並んで硬度5。
5 アルセウス 有り 252 204 特性・マルチタイプ。持ち物・がんせきプレート。砂嵐下。 創造神アルセウスは、色々お膳立てをしてなんとか硬度5。神様のメンツは一応守られた。
8 ラッキー 有り 0 228 持ち物・しんかのきせき。 ハピナスに負けじと修行したラッキーは硬度8。
9 ラッキー 有り 84 252 持ち物・しんかのきせき。 HPにちょっと振ったラッキーは、PPの限界を超えた硬度9。え?こんな振り方しないって?あくまで参考だよ参考。

関連項目[編集]