ラブライバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

ラブライバーとは、ラブライブ!が好きな信者である。2代目の池袋のビルじゃない方も指す。

概要[編集]

ラブライブが好きな余り、ついついいろんな行動に出てしまう。主にキモいヲタクたちの集まりであるが、近年では女性の信者も増加傾向にある。似たようなものにごちうさ難民がいる。また信者は一生の内に一度は神田明神に行かなければならない。また、ほかの宗教(アイマス)を勝手に敵視しており、迷惑もいいところである。それに加え一般人にも布教活動をすすめていて、政府からカルト教団として警戒されている。教祖はサンライズ。

一般人にも信者が存在する事が確認された。一部は修行を必須とする軍隊組織に近い形をとっており、八甲田山の雪山に行くのは欠かせない事は後述にある通り。大宮駅近くでも何故かそんな雪山修行をする事になったのは上尾事件説や大宮駅まで出張の罵声大会説からの大雪天誅など諸説あるが、歴史は繰り返されるのは言うまでもない。

レベル[編集]

  • Lv.1 : とりあえずラブライブ!を全話視聴する。そして「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」(スクフェス)をプレイする。まだ安全。
  • Lv.2 : CDを買い漁る。そして部屋にポスターを貼りはじめる。まだ安全圏内。
  • Lv.3 : 秋葉原の神田明神に出向きそこで痛絵馬を買ってくる。そこに推しキャラに向けて愛の言葉を綴る。少し怪しくなってくる。
  • Lv.4 : コンビニなどでラブライブのキャンペーンをしていたらもれなく参加する。そしてグッズをもらう。このへんからいよいよ危なくなってくる。
  • Lv.5 : スクフェスで課金しはじめる。最初は数千円単位が気づいたら数万円課金していた! なんてことがよくあるので気をつけよう。大丈夫、まだ大丈夫だ。
  • Lv.6 : ラブライブのサイドストーリーを投稿し始める。そしてそれが生きがいになって行く。また、サイドストーリーに飽き足らず同人誌を書いてコミケなどに売りに行く者もみられる。まだ救いの余地はある。
  • Lv.7 : 一日中ラブライブについて考えるようになり、嫁と話している妄想をする。そしてパネルやポスターに向かって土下座をする。次のステップに進まなければなんとか助かる。
  • Lv.8 : 秋葉原にたびたび出向き、そこでミナリンスキーのものまねをしながらアニメと同じルートで走る。ある場所に着いたらそこでのんたんにわしわしされる妄想をしてみよう。周りからの視線が痛くなって来るから☆ また、走る時にメイドの格好をするとより効果的。もう末期である。救いの余地は無い。
  • Lv.9 : 2代目の影響から伊豆ウォッチを定期的にする。そして、色々なイベントで工作行為をする。初代μ's派でも神田明神や伊豆付近で定期集会を行う。
  • Lv.10:もはや、宗教法人に申請する。大雪来いをする。
  • Lv測定不能:アイドルの現状に絶望し、戦隊ものに互換を求める。だってさ、「南 ことり」や「園田 海未」の互換キャラがいるのだし。実際にアイドル堕ち検閲により削除。(Lv次元としては、邪道とも言えるが)

信仰活動[編集]

様々な形で信仰されている。上記の度合いにもよるが、ほんの一例をあげてみよう。

曲に合わせてコールを打つ。
これは最も基本な方法である。曲に合わせて信者が声を出す。人によって若干異なるが、明らかなミス(穂乃果のソロの部分で声を出すなど)すると周りから非難の的にされる。勿論、サイリュウムの色も空気を読まなければならない。
イベント等に積極的に参加する。
これも基本である。ライブにはいけなくとも感謝祭などに参加をする。ここでは普段会話する機会がほぼ無いヲタクであっても他人と会話する機会に恵まれる。ただ、会話の内容は...
コラボイベントも修行の如く毎週の様に行くのは当たり前である。
グッズを買い漁る。
これも基本中の基本。グッズを買い、お布施をすることで立派なヲタクとしても認められる。むしろ信仰活動というよりはヲタクとしての基本でである気が...
秋葉原・伊豆を定期ウォッチ・お布施修行する。
東京都千代田区外神田地域や伊豆だけでなく、神田明神や伊豆箱根鉄道の参拝・お布施は欠かせない。勿論、大雪であっても行幸は欠かせない。八甲田山よりも厳しい修行をするのも怠らない。アイドルだって軍隊並のトレーニングをしているのだから、ファンがしない訳がない。
しかし、伊豆箱根鉄道では大切な「お客様」であるが接続の三島駅ではJR会社間を越えての交通系ICカードの使用で迷惑行為となっているので仕方なく精算機でどうにかしているが、火災帝国にとってはクズレベルの迷惑客扱いである。三島駅でのぞみ停車を懇願する次元である。

宗派[編集]

主な宗派は現在二つほど確認されている。まだまだあると思われる。

集会派
一年に二回、聖地にて行われる教祖も存在を黙認する闇の集会に参加する一派。集会では、宣教師とそれらを崇める下級信者によるあれの売買が行われている。稀に、下級信者が無いに等しい才能を使って宣教師になろうとする者がいるが、当然、然るべき施設にて教育を受けていないとその道のりは険しい。うまく集会だけに活動を留めればよいのだが、「俺の推しカプガー」「こういうシチュエーションガー」と無関係の一般人に対して危害を加える。
清教徒(になりたかった)派
「俺は公式のラブライブしか興味ない」という恥ずかしい見栄によって誕生した一派。正当なラブライバー[1]になろうとするが、ラブライブの批判には異様に敏感であり、批判をした者にはあらゆる手段で報復する過激派。ただ、その報復は現実世界では確認されていない。
だって、某希(のぞみ)さんが(ry。
μ's派
初代しか信仰しない原理主義的派閥。清教徒に近いが少し違う。そんな派閥は伊豆の手間までは行くがそれで寸止めする。下手したら、伊豆箱根鉄道のラッピングも検閲により削除
池袋の某高層ビルもアニメイト本店・乙女ロード前としか認識していない。むしろ、ナムコタウン・ワールドインポートマート・文化会館の方が知っている位。
そこまで知っていると、P2Pでやっちゃった系某二次創作イベントも詳しそうだが。そんな意味でもμ's原理主義である。
二次創作派
あまりにもアニメ版の絵の画力が高すぎる影響でキャラクターは好きだが不気味の谷を感じた結果、アニメ版は一度だけで留めて二次創作に走る派閥。前述のLv測定不能な互換キャラクターに行く場合もある。
原理主義者には異端と言われても仕方ないが、どこかのアホの子生徒会長が検閲により削除だし。

迷惑行為(真面目)[編集]

ラブライバーを語る上でこれは語らずには置けない。一部の善良なライバーをよそ目に他人に迷惑をかけている者も見られる。(例1 : 声優が投げたチョコレートが取り合いになり、怪我人が出る始末) (例2 : ラブライブのキャンペーン菓子を買わずに開けて中のカードだけを盗むなど)ヲタクやライバーとして許せない行為が発生している。我らは嫁のためにも正しい形で愛を示さなければならない。

上記のμ's派にある通り、伊豆箱根鉄道での迷惑行為も違法であるために(ry。

また、伊東周辺が舞台の『あまんちゅ!』ファンを軽蔑してもいけないのは当然である。

勿論、八甲田山修行までは許せても、遭難は破門である。「そうなんですよ。」

脚注[編集]

  1. ^ あくまでラブライブファンであり、汚らわしいラブライバーではないと主張しているが、言動のそれは明らかに…

関連項目[編集]