ランドセル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ランドセル(らんどせる)とは装備品携行用背面格納具の総称である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ランドセル」の項目を執筆しています。
ランドセルに大量のビームサーベルを装備する兵士

概要[編集]

その歴史は一年戦争中から始まっており、追加装備を携行するために効率的な空きスペースであった背中部分に着目。同時に空中制御のためのブースターを装備しているのが特徴。装備することで背後の防御が非装着時の4倍になる。秋葉原に置いても疑似ビームサーベルを装着したランドセル装備の兵員が多数散見されており、兵站の運用効率化の一因を担っている存在である。 近年のランドセルは肩ベルトに無線機と取り付けられるフックや萌え仕様の「ラブピ」とよばれている物が市場に出回っている。

運用[編集]

その容量面積に対して、運搬できる装備が非常に大量であるというメリットから、前述のように秋葉原はもちろん、技術の民間への転用により、現在では至る所で日常的に見る事が出来る。但し余りにも過剰搭載をすると、その自重から鈍器のような威力を持ち、他人を負傷させねないこと、装備者の身体に青あざなどが残ってしまい、要らぬ誤解を招く可能性があり、積載量には注意しなければならない。

問題点[編集]

大人がランドセル使って何が悪い!

ランドセルは学生にも有効活用されたために、平和になった社会において装備する事で装備者の年齢に疑問を提示される危険性がある(→登場人物は18歳以上)。戦時中、もしくは臨戦時には至る所で散見される、極めてありふれた装備であるにもかかわらず、この様な偏見を受けるのは大いに問題であると秋葉原では非難の声が上がっている。

ランドセルの亜種[編集]

小樽市[編集]

このように馴染み深いランドセルだが ランドセルに亜種があるのをご存じだろうか。 実は北海道小樽市では、ランドセルは使用されておらずナップランドというリュックをつかっている。 小樽は坂の町とよばれるほど坂道が多い。 また冬になると雪が積もるため坂道でしかも雪深い雪道だとランドセルでは重すぎて最悪死ぬという声を受け小樽市民のためだけに開発されたのである。ナイロン製でありランドセルよりも軽くて丈夫である。 よって小樽市民にはランドセルという言葉は通用しないので注意を用する。

戦時中[編集]

亜種というわけではないかもしれないが戦時中にはでつくられたランドセルがあった。これはすぐ壊れてしまうため、当時の小学生はよく壊し、よく先生や親に殴られた。

関連項目[編集]

この項目「ランドセル」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)