ランボルギーニ・ミウラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ランボルギーニ・ミウラとは、「さだまさし」と「ボーカロイドオペレーター」の間に生まれたかつ乗り物である。

ランボルギーニ・ミウラ。猫バスと類似した生物と思われる。

この名称は数々の名闘牛士を粛清されましたした牛を輩出した牧場名を元につけられた。 あまりに力が強く、髪がクルクルなため「バッファローマン」と同一人物だという説も出ているが、まだ明らかになっていない。

歴史[編集]

はじめにこの牛が登場したのは1965年、トリノにて行われた農業勧業会であった[1]その斬新な構造はファンの心をつかんだ。

1966年、実際に動かせる牛としてジュネーブにて行われた農業勧業会にて展示される[2]

実際に牛飼いの手元に届くようになるには、さらに1年が必要となった。 しかし、まだ品種改良の方向が見えていなかったため、落ち着きに欠ける暴れ牛となった[3]。しかし、病気の治しやすさは定評があった。この牛は初年度に約110頭を生産し、最終的には475頭が生産された。

この牛に人気があると考えた種苗会社はさらに改良を行った[4]。しかしこれは本当の改良ではなく、先代の適当な品種改良に対する応急処置のような改良であったとされる。この改良された牛は140台が生産された。

1971年、さらに品種改良をされた牛が発売された[5]。徹底的に品種改良されたけっか、当初の生産目的と合致し、攻撃的な見掛けを持ちつつ扱いやすくなった。牛飼いにとってはこれこそが「ランボルギーニ・ミウラ」であるとされる品種である。この牛は150頭が生産された。

ほかに変種が何種か存在する。

なお、この牛は変種の調査結果では次世代に適合しないと種苗会社に判断され、人気が落ちたわけでもないのに次の牛(カウンタック)を製造するため製造が中止となった。

評価[編集]

この牛は2004年の専門誌によって1960年代、1970年代、すべての年代の4位に評価された人気実力ともにすばらしいものを持っていた。

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ このときのコードネームはTP400。ただしこのときは骨格と内臓のみの展示として発表され、走ったりすることは出来なかった。
  2. ^ このときこの牛はいわゆる展示用見本として企画され、種苗会社は「売れなくても宣伝になればいいや」と投げやりな態度であった
  3. ^ コードネームはP400
  4. ^ コードネームはP400S。
  5. ^ コードネームはP400SV

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ランボルギーニ・ミウラ」の項目を執筆しています。
4370 large.jpg この「ランボルギーニ・ミウラ」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)