リアル鬼ごっこTCG

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

リアル鬼ごっこTCG( - おにごっこ - )とは、アメリカシアトルの会社沿岸の魔術師(TCG業界におけるスクエニみたいなもの)が発売しているトレーディングカードゲーム

遊び方[編集]

  1. プレイヤーは40枚のデッキを用意し、鬼から逃げ切ることを目標とする。
  2. プレイマットは4×3のものを使用する。
  3. ターン制で、リリース・フェイズ、ドロー・フェイズ、アップキープ・フェイズ、チャージ・フェイズ、メイン・フェイズ、クリンナップ・フェイズに分かれている。リリース・フェイズでは手番のプレイヤー(これをランニング状態・プレイヤーと呼ぶ)はコントロールするカードを全てリリース(縦)し、ドロー・フェイズで山札からカードを1枚引き、チャージ・フェイズで手札のカード1枚を土地にし、メイン・フェイズでカードをプレイ、ユニットを移動させ、クリンナップ・フェイズで全てのダメージが0になる。ユニットを移動させ、目的地まで到達したら勝ち。
  4. ユニットが2枚以上同じ場所に配置されたとき、バトルが発生する。バトルにおいては、スクリプトカードもしくは起動型能力しか使用することはできない。バトルに参加しているユニットはBP分のダメージを受け、そのダメージがBP以上になったときそれは撃破されて墓地に置かれる。
  5. ユニットをフリーズ(横)することで隣接するエリアに移動できる。

カードの種類[編集]

ユニット、スクリプト、エンチャントの3つが存在する。

ユニット
山田悠介の小説に登場する人物のカード。使用するにはプレイコストを支払う必要がある。ユニット・カードにはBPが存在し、バトルの際にはそれの大きいほうが勝利する。「佐藤翼」、「山田悠介」など。
スクリプト
山田悠介の文章を表したカード。インスタント・タイミングで使用可能。一度使われたら墓地に置かれる。「豪華な料理」、「この物語は永遠に語り継がれるだろう」など。
エンチャント
場に配置され、永続的に効果を発揮するカード。「遠くなる遊園地」など。

[編集]

このTCGには色の概念は存在していないが、作品の概念は存在しており、それを参照するカードも多い。

リアル鬼ごっこ
移動・回避能力に長けている。「佐藤翼」、「永遠と続く赤いじゅうたん」など。
親指さがし
除去能力に長けている。「箕輪スズ」、「禁断の儀式」など。
スイッチを押すとき
ハンデス能力に長けている。「政府の実験」、「残酷な争奪戦」など。
@ベイビーメール
火力呪文に長けている。「妊娠」など。
8・1
ファッティに長けている。「デスゲーム」など。
パーティ
サーチに長けている。
レンタルチルドレン
ユニットのリクルートに長けている。
オール
2種類以上の作品を用いているときに発動する能力が存在している。
ニホンブンレツ
プレイヤーが東日本出身か西日本出身かで性能が違うカードが存在している。

基本能力[編集]

発案
土地になっていてもプレイすることができる。
予測
これをもつカードが移動したとき、あなたは山札の一番上のカードを見てもよい。そのカードが予測を持っていたとき、あなたはそれをもっとも手前のエリアにコスト0でプレイできる。ただし、そのコスト分支払えないと駄目。
伝説
手札を1枚捨てることで発動する起動型能力のこと。(例、伝説:対戦相手1人は手札を1枚選んで捨てる)
熱狂
横一列に同じ作品のカードが並んだとき、ゲームに一度だけ発動する能力。
クロスオーバー
手札から何か一つ作品を持つカードを捨てることで発動する起動型能力。クロスオーバーを持つカードは捨てられたカードの作品をターン終了時まで得る。
呪縛
これをもつカードがプレイされたとき、場に置かず場にあるカードに「装備」できる能力。
KOTOKO
KOTOKOをもつカードはすべての能力を共有する。
分裂
プレイヤーが東日本出身か西日本出身かで能力が異なる。

カードセット[編集]

  • 基本セット・アルファ 2001年発売

一番初めに発売された基本セット。リアル鬼ごっこが中心に収録されている。

  • 親指の探索者 2002年発売

発案メカニズムなどの、土地を利用したギミックが多く入っている。

  • ゲームへの挑戦 2003年発売

予測メカニズムやハンデスが多く入っている。

  • 永遠に語られる物語 2004年発売

伝説メカニズムや壮大な能力を持ったユニットカードが多く収録されている。

  • 基本セット・リバイズド 2005年発売

これまでの再録セット。

  • 結束 2006年発売

作品どうしの結束をテーマにしている。

  • リアル鬼ごっこ 2007年発売

ついに作品を2つ持つカードが登場。

  • 8・1 2008年発売

新勢力「8・1」が登場。それに伴い呪縛、KOTOKOメカニズムも収録。

  • 基本セット・第三版 2008年下旬発売

収録カードの大幅な見直し、ルール改正が行われた。

  • パーティ 2009年発売

新勢力「パーティ」、「レンタルチルドレン」が登場。新メカニズムのないセットである。

  • 東日本と西日本が分裂したきっかけは総理が大阪嫌いだから 2009年下旬発売予定

新勢力「オール」、「ニホンブンレツ」が登場。新メカニズム「分裂」が登場。

関連項目[編集]