リグル・ナイトバグ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
リグル・ナイトバグ
リグル.jpg
かっこいいリグル
基本資料
本名 Wriggle Knight-bug 
通り名 黒い夜のアイツ 
身体情報 一人称は「ボク」[要出典] 
職業 夜の騎士[要出典] 
好物 女王様 
嫌物 寒さ殺虫剤 
出没場所 草むら 
所属 なし

リグル・ナイトバグとは、東方Projectに登場する妖怪である。

概要[編集]

東方永夜抄にて一面ボスとして初登場。蟲を操る程度の能力を持つ。登場時の鮮烈さ、姿恰好及び一面~三面ボスの悲哀から、GKBRだのリグルキック(後述)だのといったネタキャラとしての地位を獲得する。キャラ設定上は蛍であるはずなのだが、どう見てもあれの羽っぽいマントだったことがネタキャラ化に拍車をかけた。

二次創作においては一般に中性的な(あるいは少年的な)少女として描かれることが多いってか、殆ど男として描かれている。永夜抄での会話を確認した限りでは普通に女の子っぽいのだが、前作の紅魔郷・妖々夢時点でのオトコノコ成分不足もあってか、ワイシャツにズボン姿のリグルに白羽の矢が立ったものと思われる。加えて、散々オトコノコネタで弄り倒されているのを踏まえ、リグルを極端に女の子っぽくするという派生ネタも存在し、同人界隈では一種名状しがたい派閥が形成されている。

特徴[編集]

地上の過半数を占め、支配者と言っても過言ではない蟲を一匹残らず統べる圧倒的なカリスマを持つ君主である。いつもどうすれば蟲のためになるかを考えておられる心優しい王女でもある。とても聡明であり、また蟲一匹一匹を自らの家族のようなものと捉えているため、時には自ら戦う事すらある。 少なくともシルル紀(約4億3500万年前)から存在しており、恐らく東方中では生物が陸上に上がる前からいた八意永琳と地球誕生前から存在していた妖精達に次ぐ長寿キャラクターであると思われる。その時はカリスマもなく、健気な少女であったという報告もあるが真偽は不明。

名称について[編集]

騎士と女王

夜行性であることからリグル・Night-bugと綴られることが多いが、ソオト語で「ないとはく(ナイト伯)」とあるように、実はKnight-bugが正しい。これは女王様と崇敬してやまない風見幽香から下賜された称号であり、彼女を守るのはボクしかいない!と自負しているものの、実際のところは一笑に付された挙げ句「正直どうでもいいわ。名乗りたければ勝手に名乗れば?って言うかあなたに護られるほど、私、弱くないし」と言われただけの事である。が、マゾヒストであるリグルは、大喜びで今日までKnight-bugを気取っているのであった。

原作ネタ[編集]

リグルキック[編集]

「前作もやり込んだし、次は東方永夜抄をプレイしてみよう。前作までとは違って、永夜抄では画面上部で低速移動することによって常時アイテム回収可能! 一面の道中なんてよよいのよい、さあアイテム回収して中ボス戦n――ピチューン!

……以上の経験をされた方は、永夜抄体験版のみプレイという方も含めればかなり多いのではないだろうか。文章では説明しにくいのだが、アイテム回収のため上部に移動していたプレイヤー自機を待ち受けていたかのようにリグルが上から降ってきた結果、自機に接触。被弾扱いとなる。いわゆる初見殺しの一種だが、あまりにも体験者が多すぎたため東方界隈では集団幻覚ではないかと一時話題騒然となり、「永夜抄をプレイするとリグルに蹴り殺される」という都市伝説を生むこととなる。

結果、リグルといえば不意打ちでのキックというネタが根強く残ることとなった。

スペルカード[編集]

リグルのスペルカード名は蟲にちなんだものであることから推し量るに、弾幕の正体は得体の知れない蠢く昆虫であることは想像に難くない。一度想像したが最後、プレイヤーは画面を覆いつくさんばかりの白点がアレに見え、弾幕避けに集中できなくなる。

そう、誘蛾灯に誘われた沢山の蟲がうじゃうじゃと押し寄せるのだ。想像してみよう、その蟲たちがあなたが見ているディスプレイから押し寄せ、耳障りな羽音を立てて飛び出し、肌を、口腔を、眼球を、うごうご這いずり回るのだ……特に眼球、視神経を酷使する弾幕シューティングにおいては生命線。太い視神経は脳まで達している。そこをむずむずとした感覚が、どんどんと脳まで近づいてくる……

さあ、あなたはこれから永夜抄を平常な精神でプレイすることはできるだろうか?

友好関係[編集]

夜の支配者であり、世界を滅ぼせる歌を持つミスティア・ローレライとは不可侵の関係にある。犠牲となる蟲に対する配慮か。現宇宙において最強を誇るチルノは天敵であり好いていないが、チルノ自身はリグルに対しその仲間を思う気持ちとそれに応える蟲達に感動し、好意を持っている。そのためチルノは蟲ではなく蛙を凍らせたという話はあまりにも有名。そして風見幽香はいろいろな意味で主食である。

ほのぼの系の同人作品では、永夜抄のミスティア・ローレライ、紅魔郷のルーミアチルノにリグルを加えた四名、通称バカルテットが描かれることが多い。また、花と蟲という関係上、風見幽香とも相性がいい。ドSキャラの幽香と相性がいいということは、まあ、その、お察しください

能力[編集]

蟲を操る程度の能力を持つ。一見何の変哲もない能力に思えるかもしれないが、蟲といっても様々な種類の蟲を操ることが出来るため、使い方によって毒にも薬にもなることが可能となる。例えば花畑に蝶を呼び寄せて天国を作ることも出来れば、花畑にミツバチなどを大量に呼びよせて地獄を作ることも出来る。

この能力で沢山の蛍を呼び寄せれば美しい光景を眺めることが出来る一方で、リグルをいじめる子に対してはおうちに蛍ではなくGの頭文字を持つ、名前を言うのもおぞましいあの虫の大群を呼び寄せることもあるため、使い方によっては大変恐ろしい能力にもなりえるのである。意味もなく虫をいじめる子達には毛虫を召喚させることもあり得るので、生き物は大事にするように。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リグル・ナイトバグ」の項目を執筆しています。