リコーダーとランドセル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リコーダーとランドセル」の項目を執筆しています。

20~30代の風貌をした男が『リコーダーとランドセル』を装備しても似合わない。「ただしイケメンに限る」ことはない。

日常的にリコーダーランドセルを装備した男性の日常東屋めめは『まんがくらぶオリジナル』(竹書房)誌上に描いている。

概要[編集]

宮川あつし。明らかに不審者である

本作品の主人公宮川あつしは、身長180cmを超すイケメンである。町を歩けば女に声を掛けられる。そして警察官にも声を掛けられる。彼は要注意人物なのである。

考えてほしい。180cmを超す男がランドセルを背負い、小学生女の子「見るだけ! 見るだけで何もしないから!」と話しかけているのである。俺なら通報する。作中でも常識人が通報し、あるいは警察官職務質問をしたり、何の躊躇もなく逮捕する。そして彼にとって警察のお世話になることは日常茶飯事なのである。

当然のことだが、そんな人物が真っ当な職に就けるはずもなく、彼は両親と女子高校生である兄弟と暮らしており、日々家族に迷惑をかけている。挙句の果てに、体格がよく似ている隣家のフリーターに着るものをすがっている。衣服だけではない。屋台の商品であるたこ焼きアイスクリームを、おごらせているのである。フリーターに対する遠慮というものがない、空気の読めない人間なのである。

それでは、彼が普段なにをしているのかというと、小学校の辺りを闊歩しているのである。一度、茂みやゴミ箱の影に隠れてこそこそしていたところを警察官に発見されたことがある。発見→逃亡→追跡→確保→釈放。この繰り返しなのだから、きちんと対策をしたらいいようなものである。しかし、警察という組織の無能ぶりを示すかの如く、彼は相変わらず御厄介になる日々を繰り返しているのである。


キャプテン翼の例のアレ.jpg リコーダーとランドセル は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、リコーダーとランドセル加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)