ボイラン家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
現在のボイラン家が主張している「メキシコ帝国」の領域

ボイラン家ドイツ語Haus Boylan)は、メキシコ貴族の家系。ハプスブルク家出身のメキシコ皇帝マクシミリアーノ1世を家祖とするハプスブルク=ロートリンゲン家の一族。歴代の家長はメキシコの帝位請求者(第二帝政の系譜)となっていて、代々イトゥルビデ家(第一帝政の家系)と対立している。

歴史[編集]

侍女アウグスタを題材にした絵画。皇帝の寵愛を受けた後、乱れてしまった毛髪を編み直している場面

現地の教会に残る古い記録によると、元々はメキシコシティ近郊でトウモロコシ畑を営む貧農の家系だった。しかし、メキシコ第二帝政皇帝マクシミリアーノ1世スペイン語: Maximiliano I)が民情視察のために帝都メキシコシティ近郊にある農業地帯を訪れたことが転換点となった。トウモロコシの収穫作業に勤しんでいたひとりの可憐な少女の姿が、馬上の皇帝の目に留まったのである。その少女とは、当時の家長ウンベルト・ボイランのひとり娘アウグスタであった。

アウグスタは皇帝の侍女として宮殿に召し抱えられ、マクシミリアーノ1世の深い寵愛を一身に受けることとなった。彼女の父ウンベルトは皇帝より土地を賜り、ごく小規模ではあったが地方領主に成長した。そして月日は流れて、アウグスタはついにマクシミリアーノ1世の子を身籠った。しかし、メキシコ第二帝政の終焉の時は刻々と迫っていた。アウグスタが臨月を迎えた頃、もはや帝国政府ベニート・フアレス率いる自由主義勢力によって風前の灯火となっていた。アウグスタは身の安全のために父ウンベルトのもとに帰され、生家で皇子を出産した。やがてマクシミリアーノ1世が捕らえられて処刑されたことを知ったアウグスタは、皇子の命まで狙われることを恐れて、皇子をボイラン家の子として育てた。

帝国は瓦解したものの、ボイラン家は由緒正しい地方領主としてその後も存続し、アウグスタを介してマクシミリアーノ1世の血脈が今日まで男系で受け継がれている。20世紀に入ってから「ハプスブルク=ロートリンゲン家」を正式な家名にしようとしたが、アウグスタの身分を問題視されてオーストリアの本家からの認可を得られず、貴賎結婚をしたフランツ・フェルディナント大公の子孫である「ホーエンベルク家」と同じように、従来のまま「ボイラン家」を名乗っている。

現在[編集]

現在の家長アーデルベルト・フォン・ボイランはマクシミリアーノ1世の玄孫であり、メキシコ帝位請求者としての「メキシコ大公」やボイラン家家長としての「ボイラン公」といった数々の称号、ならびに「殿下」の敬称を名乗っている。高齢のため、最近は事実上の隠居状態にある。子女は以下の通り。

  • 非嫡出児
    • 長男 リチャード・ボイラン - 『由緒正しい高貴なるアメリカの学者』として世界的に有名な預言者。
    • 次男 アルフレッド・ボイラン - 兄同様に学者として活動しており、専門は植物学。たまに登場する預言者。
  • 妃殿下」との間に儲けた子女
    • 三男 ジークベルト・フォン・ボイラン - 次期家長。「グアダラハラ伯爵」の儀礼称号を有する。
    • 四男 ヒルデベルト・フォン・ボイラン - 「モンテレイ伯爵」の儀礼称号を有する。

一族の男性には、ドイツ風で、そのうえ『ベルト』を含んだ命名をするのが慣わしである。貴賤結婚は認められておらず、身分不相応の女性と結婚した場合、家督相続権は剥奪される。また、庶子の家督相続権は認められない。

御家騒動[編集]

現家長のアーデルベルトは、学生時代に交際していた同級生に子をふたり生ませている。彼女は平民の家系であったため、生まれたふたりの子には(ボイランの姓は認めるものの)家督相続権は認められていない。そのため、リチャードとアルフレッドは「先に生まれたのは自分たちなのに、なぜ後に生まれた異母弟が継嗣なのか」と反発している。

なお、彼らの名前がイギリス風である理由は、母親の家系がイギリス系だったためである。

リチャード・ボイラン[編集]

高貴なるアメリカの学者、ボイラン公子リチャード殿下

リチャードは、父のいるメキシコを忌避してアメリカ西海岸沿いのサンフランシスコに移住している。学者として現地の大学に勤めており、その研究範囲は政治経済軍事外交宗教法律UFOなど、非常に多岐にわたっている。また、リチャードは王権神授説を心から信じていて、の声を聞くことができると称している。「神聖ローマ帝国より続く貴い血統の自分にしかできないこと」として、その内容を頻繁に公表している。彼の発表はきわめて奇想天外な内容であり、発表があるたびに世界中から注目が集まる。以下に今までのリチャードの発表を例示する。

  • とんでもない超巨大地震が発生し、日本列島は太平洋の底に沈没する。
  • 富士山桜島が同時に大噴火し、日本は大量の火山灰に埋もれて滅ぶ。
  • UFO軍団の総攻撃に遭い、日本は草一本生えぬ焦土と化し、日本人は全員宇宙人拉致され、男は食べられ、女は苗床にされる。
  • 隕石が日本めがけて降り注ぎ、日本と周辺諸国が壊滅する。
  • 日本人にだけ感染する殺人ウイルスが大流行する。
  • 神の怒りによって、アジアの全域が滅亡する。

以上のものから分かるように、大半が日本やアジア諸国が滅ぶといった内容となっており、有色人種に対する差別意識が色濃く感じられる。精神科医によると、「長男でありながら父に疎外されたことが原因となって、精神がひどく歪んでしまっている。自分よりも下の者を脳内で作って見下さなければ、自己の精神を安定させることができなくなってしまっているのだろう」とのこと。リチャードの今までの研究には何の価値もなく、大学はただボイラン家の箔を求めてリチャードを飼っているに過ぎない。アルフレッドについても同様のことがいえる。彼らの発表が「一族の品位を汚す」と判断した父アーデルベルトは、リチャードを2011年に、アルフレッドを2013年に勘当した。これは、それぞれの発表頻度が最も高まった時期とほぼ一致する。

世間の評判[編集]

リチャードの発表があっても、日本の掲示板(特に2ちゃんねる)ユーザーは、「またボイランかよw」「はいはいボイランボイラン」などと言ってまともに取り合おうとしない。リチャードの発表で不安になるのは新参くらいのもので、真に受けて騒いだりしたら、すぐさま新参だと見破られて即あぼーんIDにされてしまう。リチャードはいたって真面目に発表をしているのだが、多くの掲示板住民にとってはもはやリチャードはおもちゃ以外の何物でもない。挙句の果てには下のような女体化AAまで作成される始末。

  〃// /// {;//ハ///// V////// |//////// }////////////ハ  / ヽ////////// 
  {/,イ ///\ V/{ ∨//// ∨/////.!//////// |/////////////} ヽ//ハ//////// 
  }/ {///{   V{ 、 ∨//// ∨//// !//////// |/////////////|_ ノ////;i ///} /// 
  {  ////ミメx、ヾ  `∨//// ∨/// |////////|////////////ハ」///// ! /// /// 
    V/;ハ r:::}     \///, ∨'// !//////// |////////////.' V////;|///| /// 
     〉、{ ^ゞ′    _、_ \// ∨'/ |//////// |////////////   Y////|///| /// 
 .    /〃 ノ       ⌒ >ミx/ ∨/j//////// |-‐v////////   }/////| /// /// 
    i/{ {         \ ゝr::::;≫V///////// |⌒ V/////'     {///// ////{ // 
    |ハ             `^ 冖^´ //// //////|⌒ヽ }///     }//// /////} // 
    }/∧ ,          / /l///// ////// l   //       ,///,' //////{ // 
    {//∧ヽ                //// /! /////′ /′       //// ///////} // 
     ⌒iハ               //// /|/////ー/           ;///{ ////////{ // 
       }/{           ´⌒ ̄  | ////{ ´            i///} ////////| // 
      Vゝ ..  ___     -‐  ´ |/// ヽ,┐           }///{ ////////| // 
       ∨(_  //`ヽ         |///  |}丶         {//////////// /// 
      /´ //    〉           |//    //  > ―-  _ {//////////// {// 
     /  〈  }     /∧       j/   // /     /`}/////////////}// 


              リチャード・ボイラン[Richard Boylan] 科学者 
                         (1995~) 

弟のアルフレッドも同様である。

';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;/`/;;;;;;;;;ム__ /;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;/  ';;;;;;;;'.l;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;| 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;rッァ-乙/、 ̄7;;;;;;;;;;/  /;;;;;;;/  ,';;;;;;;;' i;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iン"/;;:::::心ュ、ヽ ム__/   /;;;;;;へ、_/;;;;;;;/ ,';;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;|`/ {;;::::(;;;::::;}ヾ       ム/  /;;;_/`7;;/;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;|  _ヽ、;;;_ツ            彡;;;ャ=-ュム';;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|\  ̄ ̄             て::;;;;::::ヾヾム;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;| \\\               ヽ:::::::ツ iゞ |;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i;;;;l                   ー`ニ  ´ .|;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;| l;;;l             i       \\    ,;;;;;,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;l .l;;;l              ´          \\ ./;;;ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;| `ー                       /;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ト、         _ _              /;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|';;;;;;;;|;;ヽ       ` =‐`             , ';;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;;|;;i;;;;;;|;;;;| \                    /;;;;;/;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;ヽ;;;;;;;;;;;;;|;;;l;;;;;ト、|   \                 <;;;;/;;;;';;;;;;;;;;;;;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
;;;|;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;レ:;l;;;;;|;:;ヽ、   \       ィ<;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;i;;;;;;;;;;;;;' |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;| 
;;;|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;l;:;:l;;;;;|;:;:;:;ヽ      ー<   /;:;:;:;:ヽ;;;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;| 

       アルフレッド・ボイラン[Alfred Boylan] 植物学博士 
                   (2000~) 

以前はリチャードだけが嘲笑の対象であったが、アルフレッドも活発に活動し始めた近年は、ボイラン家そのものを嘲笑する傾向にある。「一族の品位を汚す」としたアーデルベルトの判断は正しかったのだが、はたして兄弟が全面的に悪かったのだろうか?否、兄弟はむしろ可哀想な被害者なのである。我々は彼らを見て笑うべきではない。



これからは、彼らの預言スレを見ても笑わずにそっとしてあげよう。