リンボーダンス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リンボーダンス」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「リンボーダンス」の記事を執筆しています。

リンボーダンスとは、女性に対して行われる羞恥拷問の一種である。

概要[編集]

リンボーダンスの原型となったのは、西インド諸島にあるトリニダード島で踊られていた舞踊である。水平に渡された棒に触れないよう、上体を後ろに反らして潜り抜けるという単純なものながら、その島では腰巻き状の下着を着ける習慣があったため進行方向から陰部が丸見えになりまた息をあらげて身体を反らす様がエクスタシーを想起させるということで、現地では淫舞として人気を集めていたとされる。

その舞踊が16世紀にジャマイカを経由し[1]イギリスに持ち込まれた際、当然紳士貴婦人はその猥雑さに眉をしかめたという。そういった経緯からリンボーダンスは見世物としてはなかなか広がらなかったが、一皮剥けば世界一の変態民族である[要出典]イギリス人文学家たちが「恥じるべき行動を取らせる」という羞恥拷問として自分の作品に取り入れた事で密かに広まっていった。

類型の女性向け羞恥拷問としては、「口喧しい女のバイオリン」や「梨割り」が有名。口喧しい女のバイオリンは一種の首枷で、バイオリンのような形状だが両手と首を固定し「ひさまづいて男性に奉仕する淫乱」のポーズを取らせるもの。梨割りはクスコに近い器具で肛門を拡張し、「内面の醜さ」を衆目に晒して辱しめるものである。

基本的なスタイル[編集]

リンボーダンスをする女性。このような格好となる。

原型となった舞踊の格好はイギリスでは手に入らなかった為、当時「子供と娼婦しか身に付けられない」と言われたミニスカートを履かせて行う事が多い。また下着はすべて外させ、上衣もブラウス一枚にさせるのがイギリス式リンボーダンスの正装となる。

棒がまだ高いうちは余裕で潜れるものの、下がるにつれて大股を拡げ胸部を天に向けた無様な姿となっていく。首尾良く成功してもこれは拷問であるため、秘密を吐くか或いは改心するかしなければ延々と棒は下がり続ける。尚、それを判断するのは執行官であるが彼らを納得させるのはほぼ不可能。

こういった「不可能なことをさせ続ける拷問」は多々有り、とにかく苦しめる事だけが目的なのでクリア条件は存在しない。また失敗し倒れれば、更に酷い拷問へと移行することになる。現在では必要以上に苦痛を与える刑罰が世界的に規制されているため、リンボーダンスは文化保存用のショーくらいでしかお目にかかれないものになっている。

脚注[編集]

  1. ^ リンボーダンスという名前は、ジャマイカ訛りの英語が転じたもの。

関連項目[編集]

この項目「リンボーダンス」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。