ルイス・スアレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルイス・スアレス」の項目を執筆しています。

ルイス・スアレス(Luis Alberto Suárez Diaz, 1987年1月24日 - )は、ウルグアイというの少ない国で生まれた世界的なダイバー潜水士)である。

経歴[編集]

ウルグアイ北部の海から遠く離れた街サルトに生まれたスアレスは幼い時からダイビングが大好きで、時間があれば近くのウルグアイ川に潜って遊んでいたという。11歳のころに首都のモンテビデオに移り住み、広いラプラタ川下流域でダイビングの技術を学んだ。しかし彼はそれで満足することはなく、時には大西洋沿いの街までダイビングに出かけることもあったという。19歳の時には南米だけでなく欧州の通の間でも名の知れたダイバーとなり、オランダフローニンゲンに移住する。

彼は程なく、更に海に近いアムステルダムに転居することになるが、ダイバーとしての地位を確立したのはこのアムステルダムでの活躍である。彼のダイビング技術は世界でも群を抜いており、オランダではダイブすることを「スアレスする」と呼ぶようになり、彼を称える歌もオランダの各地で歌われるようになった。2010年にはオランダ一の飛び込み野郎として表彰されるなど、世界からの名声も高まっていった。2010年6月には世界ダイビング選手権にウルグアイ代表として出場し、ウルグアイを4位に導く活躍を見せた。

2011年冬にはその活躍が認められ、イギリスの港町リバプールに30億円をかけて引っ越し。同年夏に行われた南米ダイビング選手権でも大活躍し、大会MVPに選出されるなど、このころまでに完全に世界的なダイバーとしての地位を確立した。

2014年の世界ダイビング選手権でもジョルジョ・キエッリーニに対し、見事なダイブを披露。世界から絶賛を浴びた。

エピソード[編集]

  • シミュレーションゲームの腕前もプロ級である。本人は認めていないが、相手を欺くようなプレーを得意にしており、他のプレイヤーからはよく思われていないことも多い。
  • あまりにもダイバーとして名が知れ渡っているせいで、普通にしている時でもダイビングをしていると周りに思われ、いろいろ不便をしている。近くを歩いているだけでダイブしていると思われ、偉い人に注意されたこともある。
  • 2010年の世界ダイビング選手権、決勝トーナメント1回戦のガーナ戦では試合終盤にウルグアイが絶体絶命のピンチを迎えるも、もはやダイビングとは呼べないような明確な反則を犯してチームの危機を救い、最終的にはウルグアイを勝利に導いた。このことに関して、大会期間中に「スポーツマンシップに悖る」という批判の声と、「勝利に徹した」という賞賛の声、賛否両論があった。
  • 人を食べる癖もよく知られている。このような行為は少なくとも3回目撃されており、うち1回は上述の2014年の世界ダイビング選手権で、ジョルジョ・キエッリーニを食した。