ルカ・モドリッチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルカ・モドリッチ」の項目を執筆しています。

ルカ・モドリッチとは、クロアチア出身のたまごっちの亜種、または生物兵器。本来、たまごっちラキティッチコヴァチッチと共に収録される筈だったが、お蔵入りとなった。生物兵器を兼ねているのは、フットボール人気に合わせたためである。なお最近は見直されて、たまごっちに導入される予定である。

概要[編集]

生物兵器にも関わらずたまごっち化できたのは、このゆるふわ系フェイスのお陰という説もある。

元々、日本でのW杯やJリーグ人気に合わせ、サッカーをするたまごっちの名の元、ヴァヒド・ハリルホジッチなど「○○ッチ」という名前の選手・監督から作られたシリーズだが、元々難民だったモドリッチがたまたまサッカーが出来たため(なお、この経緯は生真面目な百科事典にも載っている)、クロアチア代表としてたまごっちになる事となった。

生い立ち[編集]

元々クロアチア・ザダル郊外のモドリッチ村で開発された為、「モドリッチ」の名が付いている。 その為、「モドリッチ」はコードネームであると主張する人間もいるくらいである。 開発中に戦争が激化し、戦火に巻き込まれそうになった研究者はモドリッチのサンプルを持って逃げ、クロアチアのサッカークラブに持ち込み、そこで生物兵器としての訓練を受ける。 訓練とは、友達を蹴ること、つまり足の裏や甲や側面でタマを弄ぶ事だった。 そうして生物兵器の道を着々と歩み、経験を積んだモドリッチは、現在スペインの白いクラブに移籍し、そこで加工がなされ、生物兵器としての性能を上げると同時に、現地の土産物屋ではたまごっちも兼ねる事となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]