ルドラの秘宝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ルドラの秘宝(-ひほう)とは、スクウェアスーパーファミコンをプラットフォームにして1996年4月5日、発売したRPGである。

ストーリーを大まかに説明すると「4000年ごとに訪れる滅びの世界を生きる人々の物語」である。

このゲームの特色としては

  • 当時のゲームとしては暗く、重い話が含まれる。
  • ファンタジー風の世界観だが、マシンガン、汚染大量破壊兵器といった近未来風の要素も登場する
  • 言霊作成システム(ゲーム内で使用する魔法を文字入力により作成できる)
  • 3キャラクタによるザッピングシステム(物語を3人の目から見ることが出来、選択しだいにより展開も変化する)
  • キャラクタデザインがむやみやたらと濃ゆいにもかかわらず、ドット絵が無駄にかわいい(外人4こまが作られかねないくらい)
  • イベントでしか日数経過が起こらない、逆に言えば何度宿屋を利用しても「一休み」にしかならず、シオンに至っては徹夜で山登りをした後試合に出場している

ということがあげられる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルドラの秘宝」の項目を執筆しています。
スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、バラモスは雑魚キャラに過ぎずラスボスはゾーマであることや、ガーネット・ティル・アレクサンドロス17世の本者は早世して召喚士の子供(セーラ)が代わりに育てられたことや、パパスがグランバニア王で、マーサはエルヘブンの民であったことや、ノワール伯爵の正体は嘗てのアンナの恋人ルミエールであり、最後に二人は世界の滅亡を食い止める為にマリオたちの前から姿を消すことや、唐沢博士を殺したのはプロペラ団ではなくジャジメントであることや、桐生一馬が東城会四代目会長になることや、ロマニ・アーキマンの正体は人間に転生したソロモン王であり、黒幕と思われていたソロモン王はゲーティアだったことや、向日アオイは『カミサマのアバター』(ざっくりいえば『エロゲー主人公』をそのままヒロインとして置き換えた存在)であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

「おれのカラダをみてくれ。どう思う?」
ルドラの秘宝 について、アブドルの街のゾンビ
「ワイは今までのワイじゃない… 今こそッ! てめえをブッ倒しッ!! てめえの引き立て役だった過去に決別してやるッ!! 冥界でワイにわび続けろリザーーーーーッ!」
ルドラの秘宝 について、サーレント(?)
「サーレントは滅びぬ!何度でも甦るさ!!」
ルドラの秘宝 について、ムスカ
「ダグが一晩でやってくれたぜ!」
ルドラの秘宝 について、シオン
「私に足りない物、それは!情熱、思想、理念、頭脳、気品、優雅さ、勤勉さ!そして何よりもー!速さが足りない!!」
ルドラの秘宝 について、メイファ
「メイファより、ずっとはやい!!」
ルドラの秘宝 について、ブラズニル
「タイトルお借りしました〜」
ルドラの秘宝 について、アンチャーテッド エルドラドの秘宝

概要[編集]

本作は、トレジャーハンター(実際は単なるこそ泥)狂いだったスクウェアが、新たなトレジャーハンター伝説を作り出すべく作成したRPGである。しかしその割りにトレジャーハンターをメインキャラとして使えるのは終盤のみであり、おまけに進め方によってはメインテーマが一度も流れないまま終わってしまう。 そのほかにゲーム開始当初には3人の主人公(後にトレジャーハンターの仲間になる)のシナリオを遊べるようになっており、トレジャーハンターに協力してもらったり、トレジャーハンターと取引したり、トレジャーハンターに財宝や下着を盗まれたりする。各キャラによってゲームの目的が異なる。

システム[編集]

言霊[編集]

本作の最も特徴あるシステムは、言霊システムと呼ばれるものである。 これは、プレイヤーが自由に呪文を作れるというものだが、放送禁止用語禁則事項・ピーといったものは全く設定されていないため、実際は卑猥な言葉を町中で発したいという製作スタッフの隠れた欲求を満たすために設定された。 以下に、代表的な言霊の例を挙げる。

ググレカス
敵の賢さを下げる。
ゴキ
究極の生命体を召喚することにより、敵を即死させる。なお、ウィキでも同じ効果が得られるということは……おや、誰か来たようだ
フェラ
たっているものにダメージを与える。
マンコ
空中に赤い線でアレの形を描き、敵の攻撃から身を守る。
ハゲ
相手のカツラを風で飛ばすことにより、精神的ダメージを与える。
バルサン
画面全体に霧を発生させる風属性の魔法。

また、特記事項としてはスクウェア以外のゲームの魔法を入力するとスクウェアのゲームの言霊を入れるよりそちらのほうがはるかに使えたりすることがあげられる。

種族[編集]

ダナン神族[編集]

色々な属性が揃う個性的な種族。爺さん以外は大半が天空に住んでいるためボスとして登場するのはシオンの章が多め。 知能が高くボウガンまで扱える種族が何故槍主体の水棲族にやられたのだろうか。

水棲族[編集]

焼いたらいい出汁が取れそうな種族。二人称はデシ。

爬虫類族[編集]

ゴザルな種族。爬虫類族といいながらトカゲしかいない。ゴザルゴザル言ってるが刀は扱えないので注意。

巨人族[編集]

ガチムチでウホッな種族。出現後周りの爬虫類族を手当たり次第に性の道具にし地上の爬虫類族が激減、その後地上にゲイパレスを築くほどゲイ一色となるがあまりにも好き勝手しすぎたため四戦士の一人であるハウゼンが切れて重火器で絶滅。現在は体を機械に変えられた魔族のみが残っている。

人間族[編集]

主人公が属する種族。脳筋やゲイや電波など様々なキャラがいる。ライフルとマシンガンを扱えるのはこの種族だけである。

ストーリー[編集]

シオン編[編集]

ストーリーのテーマは天空の城。地上と天空を舞台に、失踪した師ムースカ大佐を追って冒険する脳筋の物語。パーティメンバーのほとんどが武力で解決したがるタイプなので、邪魔な奴はぶっ殺す、情報を聞き出すにはまずぶん殴る、欲しい剣はころしてでもうばいとる、天空の城はバルスで吹っ飛ばすといった破壊と殺戮に満ちたストーリーを楽しむことができる。

サーレント編[編集]

ストーリーのテーマはウホッ!いい男たち。ゲイ界の神に選ばれた言霊師サーレントが、過酷な運命に翻弄されたりしながら愛人たちと共に世界をゲイ化していく。当然ながらパーティメンバーは全員男で、これでもかというぐらい女が出てこない。

宮崎駿編[編集]

ストーリーのテーマは電波。月からの電波を受信して自らを救世主と思い込んだ少女が、偶然出会った本物の救世主と旅をする。蝶を眺めたり、木を育てたり、トカゲや魚を助けたり、海水浴に行ったりと、他2人とは違ったほのぼのとしたストーリーが展開される。BGMがラピュタ、シナリオや主人公などが風の谷のナウシカを意識してると思われる。製作者は相当宮崎氏の作品が好きだったのだろう。

終章[編集]

ストーリーのテーマはバトル。終章になったら方舟で世界中を駆け巡れると思っていた時期が私にもありました。

主な登場人物[編集]

シオン編[編集]

シオン
主人公。自他ともに認める単細胞。脳筋すぎて手を使わないと数がかぞえられず、それをいいことに100ラグという労働基準法違反の給料で働かされている。「私は新世界の神になる」と言い残して失踪した師匠ムースカ大佐を追っかけて旅に出る。天空の城に行ける「フライジェイド」(飛行石)の持ち主。
給料が異常に安い理由は、彼の名前にあった。彼の名前を言霊で唱えてみよう。水浸しになるはずだ。当然お城には白蟻が湧き、駆除費用で国庫が火の車だからである。
髪が栗色、「目があっ 目があああっ!」と叫ぶ、石の力で空を飛ぶ、バルスソードで天空の城を破壊するといった特徴から分かる通り、ムースカ大佐の隠し子なのだが、本人はそのことを知らない。
フォクシー
ドーラ一家に属する空賊の少女。スリの名人で「スナッチャー」というあだ名がついている。ラピュタの財宝を狙ってシオンに近づく。ムチを振り回していることから分かるとおり、かなりのドS。終戦後は特殊な魔法が使用可能になったらしくその勢いで海賊団を結成する。
テュール
ラピュタの遺産である巨人兵。体にTUR18と刻まれていたためテュールと名づけられた。人工知能を持っており、巨人の塔で同じ巨人兵で恋人のSURUTと緊縛プレイをしていたが、放置プレイしたままSURUTがどっか行ってしまい燃料切れになってしまった。
頭にをかぶるのが好き。早さがあまりにも足りない。
ラミレス
ラピュタ人の魂が石像に宿ったもの。シオンがフライジェイドを手にしたことでその波動を感じ取り、王を迎えるべく方舟に乗って地上にやってきた。終盤は力尽きてしまい、元の石像に戻ってしまう。
つよさが異常に低い。

サーレント編[編集]

サーレント
主人公。見た目に反して実はマッチョなホモ。受けも攻めもこなす腐女子のアイドル。その射程範囲は幅広く、ノンケだろうとショタだろうと人外だろうと食ってしまい、大阪弁の怪しいオッサンにホイホイついていってアッー!されるなんて朝飯前である。特技は幽体離脱で、霊体と肉体がそれぞれ別の男と合体するという超絶技巧を編みだした。
検閲により削除にはバイブジェイドが埋まっており、この力で男の聖地ゲイ界に行くことができる。
ガーライルを狙っており、単独行動中にリザを亡き者にしてガーライルを奪おうとするが失敗に終わっている。なお、これはサーレントには都合の悪い記録なので、サーレント編のシナリオからは抹消されている。
レギン
サーレントの愛人その1。ドジ・お調子者・年下という属性を持つ。職業はナビゲイター。サーレントと知り合ってまだ日が浅いが、サーレントの師匠ミュンヒ博士の甥だけあって才能の開花はめざましい。終章でサーレントと見つめ合うイベントが用意されているので、一番の寵愛を受けているようだ。
ソーク
サーレントの愛人その2で用心棒。クーデレ・年上・三十路ヤンデレという属性を持つ。予言者ソロンの元でサーレントと3人楽しく(性的な意味で)暮らしていたが、サーレントがミュンヒ博士の元に送られてしまい、淋しい思いをしていた。そのためかヤンデレ気味になってしまい、サーレントとの仲を邪魔する者は誰であれ斬ろうとする。具体的には、サーレントと一緒にやってきたレギンをつけ狙い、サーレントの名を騙る偽者を斬ろうとし(2回)、サーレントと合体したクルガンに襲い掛かった。
ロロ
サーレントの愛人その3。ショタ。ノンケだったが、怪しげな教団にアッー!されたショックで記憶喪失になった後、運悪くサーレント一味に捕まってしまったのですっかりそちらの道に入ってしまった。職業がずっとさらわれたこどもなのはお察し下さい。

リザ編[編集]

リザ
主人公。小さい頃からちょっと変わった女の子で、動物と話せるという妄想をいつもしている。周囲はそれに気付いているが、幼くして両親をなくしたことと、絶世の美少女であることから何も言わなかった。額にホーリージェイドが埋まっていると思っているが、ただのホクロであり、実際はガーライルの力で浄化を行っている。17歳の誕生日に月からの電波を受信してしまい、月のプリンセスの生まれ変わりである救世主として旅に出る。
ステータスと武器のバランスがおかしく少々冷遇されている。各所で出現する美味い雑魚敵を狩ってるか狩ってないかで終章での扱いが変わる。ウラではほぼ主人公パーティ最弱確定。
ガーライル
リザ編の影の主人公にして、美しいオ・ト・コを守る救世主。腹が減って行き倒れていたところをリザに助けられ、電波なリザをかわいそうに思って一緒に旅をする。バベルのスラムにハーレムを持っている。男なら誰でもいいというわけではなく、シオンのような単細胞は好みではないらしい。
ピピン
爬虫類族の王子で、ちょっと生意気……という妄想をリザがしているが、実際はただのトカゲである。ピピンが爬虫類訛り(〜ゴザル)をしないのは、リザが脳内でしゃべらせているからである。
そもそも「ゴザル」などという言霊を唱えたら死んでしまうので、そんな無謀なことをやってはいけない。
どういうわけかスタッフから冷遇されており、データに存在するにも関わらず最強の武器2つが手に入らない。アイテムを売るパワポケのアレ的なバイトをしている。
マリーナ
人魚の王女で、悪漢に襲われたところをガーライルに助けられ、彼に惚れてついてきた……というリザの脳内設定だが、単なる金魚である。リザに一方的にライバル視され、餌に焼き魚を出される、砂漠や宇宙に連れていかれるなどの虐待を受けている。虐待に耐え切れず途中で脱走するが、逃げた先でリザ達と再会してしまう不幸キャラ。

デューンとキッド[編集]

デューン
終章の主人公。職業はブラジャーハンター。フォクシーからは「脱衣所あらし」と呼ばれる。キッドとは当然ウホッな関係にあるが、リザにも手を出そうとする両刀。終章ではホイホイついてきたサーレントに後ろを狙われている。なお所持ジェイドはデスジェイドで効果は念じた相手を心臓麻痺で即死させるが1日1回林檎を食べないと自分が心臓麻痺を起こす。
一応ジェイド持ちだが、専用宝箱が無いためいまいち影が薄い。なぜ1日目からやらせてくれないんだぁぁぁ
キッド
デューンの舎弟にして愛人。シオンといい勝負の脳筋で、ブラジャーハンターをトレジャーハンターとよく言い間違える。

NPC[編集]

ムースカ大佐
クリューヌ城の軍人でシオンの上司だったが、ある日失踪してしまった。その正体はラピュタ王国の王位継承者ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。ラピュタから浄化の光を操作して世界を支配するつもりだったが、シオンにバルスソードを使われてラピュタは落下してしまい、その後は地下に潜伏して新興宗教の教祖となる。最期は息子シオンの成長を見届けて息を引き取った。
ロスタム
クリューヌ城の兵士でシオンの先輩。同僚のヒューイとは相思相愛であり、二人が使っていた部屋にはベッドが1つしか無い。SURUTのせいでヒューイと共にゲイ界に迷い込み、そこでゲイ神ゴモラに今年度のゲイ界ベストカップルに選ばれて陳列されるも、運悪くサーレントに見つかってアッー!された。
ヒューイ
クリューヌ王に仕える言霊師。頭に靴をかぶっている。ロスタムの愛人。やさしさが高いことから彼が受けだったと思われる。ロスタムと共に陳列されていたところをやっぱりサーレントに見つかってアッー!
ダグ
シオンの舎弟。実はジェバンニ並みに優秀な助手。シオンの事をアニキと言って慕っているがサーレントみたいな趣味はない模様。
ミュンヒ博士
サーレントの師であり、レギンの伯父。ラゴウ石を分析していることになっているが、実際は自分の館に研究員と称して好みの男を囲っているだけである。肉体と人外がファックしている間、霊体が他の男&鳥と3Pするというサーレントもびっくりの大技を披露した。ゲイ界でも爬虫類をバックから襲うなど、見た目に反して精力たくましい。
ゾイゾイ言うのでどこかの国の大王の近縁種ではないかとも思われる。
予言者ソロン
サーレントのもう1人の師。ソーク、サーレントと3人楽しく(性的な意味で)暮らしていたが、突如欲情したサーレントにアッー!されて昇天し、その後はミュンヒ博鳥の3Pに巻き込まれるという散々な目に遭う。
カーラ
古代遺跡で宿屋を経営している、があまりにも客が来ないせいで稀に来る客に襲いかかるようになっていた。荒い歓迎を受け怒ったリザ達に閉じ込められその後の行方は不明。
アクア
リザの母親。親子そろって電波系で、「娘が救世主になる」という電波を受信して生まれたばかりのリザを置いて旅に出てしまう。ゲイ界の男気が地上に放出された際、リザを亡き者にしようとするサーレントに操られてリザ達を襲撃するも返り討ちに遭う。その後博物館でサーレントと再会したときには復讐しようとするが、一瞬で敗北し、支離滅裂なことを言って立ち去った。
ゼクウ
リザの祖父。大体ラピュタの雷を受け消滅している。
ジルド
リザの父親。骨はリザの幻聴なため、正確な死亡場所は不明。
エレミア
フォクシーの父親。聖杯を返すイベントなんてあったの?
カスタギア
レギンの父親。
方舟ブラズニル
意志を持った飛空艇。いきなり出てきて突如暴走して早々にログアウトとか何がしたかったのか。

フィールドや街など[編集]

序盤で広いと思わせておいて実際あんまり広くなかった。ヘグで海底を泳ぎ続ければそれを実感できる。
巨チンの塔
ゲイの聖地であり別名ゲイパレスと呼ばれている。ハウゼンに火器で消火されるまではハッテン場としてアッー!してたらしい。
アヴトルの町
序盤ゆったりした雰囲気が流れてたと思ってたら突如バイオハザード状態になる不憫な町。
サーレントの章以外で買い物しようとするとヒャッハー!!される。
1人だけ生存者がいたが非常に影が薄い。どうやって生きたんだよお前。
カーンの町
リザの章の出発地点であり他の章で一切入ることのできない町にもなっている。
住民がバルスされたり大陸落下で孤立されたり町の半分が水没するなど散々な扱いを受けている。明らかに辺境の村なのにこんな状態になると近いうちに廃村になりそうな気もする。
地蔵は大抵気づかないか強欲にまみれて言霊かアイテムのお願いをするので住民が消滅する事の方が多い。
聖域の門、森
脳筋が嫌いなようで兵士に偏見を持つ魔導士の民族。なのにリーダーは知能0クラスの元脳筋である。
守護兵の属性は水…あとは分からん!


敵キャラクター[編集]

雑魚敵[編集]

北の大陸とダンジョン関係は舐めてかかると全滅する恐れもある。汚染使う雑魚とか勘弁。

ペイモン先生
砂漠に出てくるカモ。サーレントの章で初見で砂漠に突っ込んでわけも分からず全滅した人は多いだろう。
オルゼクス
北の大陸に出現する例のアレで古代文明の集大成ともいえる殺戮兵器。その早さと攻撃能力の高さで何度も全滅し電源を切るプレイヤーが続出した。
先制バベルレーザーやめてくださいお願いします。
ドロール
全ての章で狩れる見た目がアレだがレベル上げに最適な雑魚。収容所でベット使いながらレベルをうわ汚染はやめろなにをするqあwせdrftgyふじこlp
さまようきょじん
どう見ても色違いアビリジャ。ランダムエンカウントで出るのでいきなりこいつが出てきて興味本位で戦い全滅もよくある話。
ベゼウィン、ボムバード
それぞれフィールド、クレーター基地に登場する汚いチョコボ。はぐれメタルのようなポジションなのに出現率は高め
乱獲で絶滅危惧種に指定されているので無闇に狩ってはいけない。
オズリック
ラストダンジョンに登場する爬虫類型のモンスター。ザコ敵ながら経験値を約2万持っている、こちらは逃げないはぐれメタル
オディオ
あの世で俺にわび続けろー!!
ガチムチな獣と球体2つがセットで出てくるが球体の方がこれらしい。どう見ても逆だろ…
もうかりまっか、ぼちぼちでんな
普通じゃ出てこない雑魚敵。出現させる方法は検閲により削除

ボス敵[編集]

雷属性と風属性は強力なボスが多い。天候の関係の属性だもんね!
スルト
ラピュタの遺産である巨人兵。製造番号はSURUT1996。飛行石の発する電磁波の影響で思考回路がショートしてしまう。後にTURとのSM行為をゴモラに評価され、ゲイ界のほこらに移住させられる。
クルガン
関西弁の怪しげなオッサン。ホモ。バベルではガーライルを我が物にしようとしてリザに倒される。ゲイ界ではハウゼンという愛人を見つけ、サーレントに「ルドラの復活や ら な い か」と声をかけてアッー!した。その後サーレントの体を借り天空で好き放題にアッー!したがそこでサーレントの逆鱗に触れ封印される。
シヴァイサンC
リザの章を最初に選択した初見プレイヤーにトラウマを植えつけた機械。しかし慣れると雑魚になるので不憫。
このボスの爆発に巻き込まれて亡くなったキャラがいるとか…
ラーメン
ラーメン作りの得意な魔神。魔神ブウの青版。本店はゴモラだが、バベルにも支店が存在する。なお電波を受信した生物にしか店が分からないため常時赤字。
ラズム
全滅に定評があるオンドゥル語に感染しかかっている。サーレントが殺害される時にバトルで強制敗北のイベントがあっても良かったんじゃないかな。
ナーギャ
ゲイ界の瘴気に煽られ復活しミュンヒと合体した元ゲイ。現在は趣味も変わっているようでフォクシーを狙っている。
ガンダルヴァ
かっこいいドットに見えるがよく見ると…すっげえキモいデザインだな!
もちろんクイダレスが最強である。
ソドム
月に移り住んだラピュタ人の遺物。ムースカの遠隔操作によりラピュタの雷を放っていたが、彼の死により暴走してしまう。「見ろ、人がゴミのようだ!」 最終的に経費王の使いすぎてバッテリー切れを起こす。
機械っぽいから水に弱いだろうと思うと大変痛い目に遭う。そうでなくても補助効果を消されて痛い目に遭う。そしてリフレクで完封の目に遭う。
ゴモラ
ゲイ界の神。サーレントには優しいがシオンに対しては完全に悪役。どうやら脳筋は好みではないらしい。
ペットを3匹飼っている。
メイファ
4勇者のひとり。期待したプレイヤーを失望の淵に叩き落とす精神攻撃が最も得意。
美しい女神と言われているが、どう見ても蛾ですありがとうございました。最初から第2段階になっているのだろう。会うと「あなたたちをかんげいします」と言って天使を呼んでくれる。
ウルトラマンミトラ
4勇者のひとりで戦闘力53万のラスボス。M78星雲から地球の平和を守るためにやってきたが、宇宙怪獣がいなくて暇だったので自分が地球侵略をすることにした。
プレイヤーが使用不能な攻撃で好き放題する。倒した後に経験値が貰えるのはまだ先を作る予定だったのだろう。

アイテム[編集]

じょうかやく
汚染状態を治すアイテム。汚染を治す手段は他にMP消費量99の言霊しか無いため、1000Gという足元を見られた値段で売りつけられる。
浄化を済ませば陽の言霊で治せるけど、商売あがったりなので、道具屋も言霊伝道師も保身の為に教えてくれるはずも無い。

武具[編集]

通常武器[編集]

ナイフ
装備可能なキャラが非常に多く、一部のキャラはこれが最適解になることも。後述のなべとセットでどうぞ。
ただしフリーダムのみはデューンの専用武器。この世界では人のものを自由に盗んでよいという象徴である。
大剣
重戦士タイプが装備可能。盾を持てないがその分攻撃力が高い。最終的にはアポカリプスかディスラスの2択になる。
そしてアポカリプスを装備したソークはアッー!されることになったという。
片手剣
戦士系に属するキャラが装備可能だがデューンは装備不可。デューンが戦士ではなくドロボウだという証明である。
ねんがんの アイスソードを てにいれたぞ!
魔法使い系と僧侶系が装備可能。しかしあまりにも弱いので序盤で売却するプレイヤーが続出した。殴るだけの杖に価値なし。
ボウガン
サポート主体のキャラとデューンが装備可能だがバランス調整なのかサポートタイプでリザのみが装備不可となっている。
遠距離武器の負け組で、最大攻撃力は100にも届かない。クリティカルが出るただ一つの飛び道具なのに。
ライフル、マシンガン
人間族の軽戦士キャラが装備可能。ハウゼンが重火器で巨人族を滅ぼした設定があるせいか巨人族に特効がある。ちなみにこれと後述のバードカッターを装備できるキャラはいずれも強さとと賢さ両方がかなり伸びる。
肝心のハウゼンが戦闘でこれを使う場面はない。なぜなら人間のルドラなので、ボケの症状もきちんと現れるからである。

専用武器[編集]

フォクシーの専用武器。これを日々振り回している。しかし正しい使い方は「敵の首を絞める」ので、前列じゃないと力を発揮できない。
メイス
テュールの専用武器。ホワイトハンマーが登場する予定だったが、それでは強すぎて巨人族のルドラ再来になってしまうので、圧倒的な力で叩き潰されることを恐れたハウゼンによって封印された。
バードカッター
サーレントの専用武器でどうやらこのゲームにしか存在しない。どうせならカッターが戻ってきて追加ダメージとかでも良かった。もちろん自分もバッサリと斬られることになる。
飛び道具のため賢さに依存するが剣のダメージ。カッターだもんね。つまり、よくある100均のアイディアグッズのようなものである。
レイピア
リザの専用武器。普通に色々なキャラが装備できると思ったら気のせいでした。
攻撃力100のジュリエットがあるが取れるのは条件付きの上終盤、さらに終章ではサポートで稀にする攻撃も大体後列にいるので使うのは弓とラストに近づくほど使わなくなってくる。
ピピンの専用武器…なのだが、スタッフが人間族だったので、人間の武器を使わせた方がいいじゃないかという発想から、ほうちょうが最強になっている。きょうの料理はソドムの千切りです。
マリーナの専用武器。サイプラスが協力だが大半のプレイヤーは聖域の雑魚の配置変更に気づかないまま通り過ぎたことだろう。
遠距離武器は装備不可でもう一つの近距離武器が杖なので大体これ一択になる。

防具[編集]

なべ
兜。ネタアイテムにも関わらず、誰もが装備できるという長所を持つため、最後までこれをかぶらされ続ける者も多い。

そのほか[編集]

ほかのゲームに比べなぜか女性ファンが多い、しかも女性の性としてありえない組み合わせ(特に接点のまったくないサーレント×マリーナ などを好んだりする)
ドット絵が非常に綺麗で戦闘システムも良く評価されてもいいものなのだがED絵と公式絵のインパクトで半ば空気化しており、作品自体がネタにされかけている

関連項目[編集]


コピー_~_白い奴 あっ、この「ルドラの秘宝」はステータス異常にかかっていますね…
わたしでよければエスナかけてあげますけど……
でも、わたしまだ未熟だから………ど、どうします? (Portal:スタブ)