ル・クルーゼ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ル・クルーゼ」の項目を執筆しています。

ル・クルーゼ:Le Creuset)は、おフランスエクササイズトレーニング器具ブランド上腕二頭筋から上腕三頭筋までをコンセプトとしている。

概要[編集]

この奥様も御用達

美しいをしたダンベルバーベルバールのようなものでよく知られているブランドである。

ル・クルーゼのほとんどのトレーニング器具は鮮やかな色によるものである。まれに銀色のル・クルーゼ製品も見られるが、愛用者はほぼ玄人に限られる。よく知られる色のついたル・クルーゼ製品はそのカラーコードをディック・ブルーナと共有しており、全体を鮮やかでかつ穏やかな黄色緑色等による同色系の緩いグラデーションによって構成されている。どれもみな従来のジム・トレーニング器具では全く見られなかった高いファッション性を兼ね備えた製品であり、女性ではベテランしか省みることのなかったトレーニング器具に日本中の乙女たち、特にアラフォー世代は釘付けとなった。

製品の特長[編集]

ル・クルーゼのトレーニング器具は大半が伝統的なによる製品である。そのためエネルギー効率が高く、アルミニウムステンレスによるトレーニング器具とは異なり、電動マシンとの併用で特に高い効果を発揮する。

次に、鉄製品に着色される色は、みな一つ一つフランスの職人が熟練の技で法臘加工を施すというこだわりの逸品である。法臘であるため、安物の鉄トレーニング器具のようにすぐに錆びることが無く、長年愛着をもって、安心して上腕二頭筋を鍛えられる。

そしてそのコストパフォーマンスも人気の理由である。重量の費用対効果は日本が誇る南部鉄器製のトレーニング器具に匹敵し、確実に大胸筋を鍛えることも可能である。女性にとってはまさにおしゃれでかつ画期的な製品と言える。日本の泡沫メーカーが最近盛んに色だけパクった中国製のまがいものを製造販売しているが、重量においてル・クルーゼに敵う器具は無い。

他社製品[編集]

ル・クルーゼの台頭により、日本における女性向けのトレーニング器具業界は競争が激化している。

とりわけ以前日本の諸メーカー連合と共に業界を三分していた同じフランスのティファールと、フィットネス大国アメリカを代表するメーカー、ビタクラフトは、ル・クルーゼの日本市場での動向に戦々恐々としている。

シャフトが着脱式で重さを変えられる、独自の高品質なテフロン加工で手汗で滲んでもすぐに掃除できるという初心者でも手軽に使えることを特長とするティファールは、筋肉の鍛えられ具合が赤い模様が消えることで確認できるという高機能性でル・クルーゼに対抗している。また、ダンベルに並んで人気がある加圧トレーニング器具や、高い熱量に耐えられる専用プラスチック握力バネといった多様で層の厚い製品群も魅力である。

一方ビタクラフトは逆に、アメリカのプロユース器具という自身のブランドを頑なに変えようとしない。無塗装ステンレス素材による多層構造というスタイルを堅持し、10年間昼間中振り回し続けても錆びないというその頑丈さで、ヘビートレーニーやベテラントレーナーの確固たる支持を守っている。また、グラム単位で調節できる多彩な重量タイプが選べることも、プロユースならではの魅力である。ル・クルーゼが台頭し始めた当時、EMS機具や乗馬マシンといった電動機器との相性が極めて悪いことが最大の欠点であり、珠に傷の典型とされていた。しかし、ゼネラルモーターズでは見られることなどありえない情熱的な研究開発によってこれを見事克服し、かつては業界最高峰の効率性と讃えられたその評価を取り戻すことに成功している。

関連項目[編集]