ルーズセックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルーズセックス」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ルーズセックス」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ルーズセックス」の記事を執筆しています。

ルーズセックスとは、90年代から女子中高生の間で流行した性的事案の一種。

概要[編集]

ルーズセックスを好んでする層のイメージ。

かつて日本においてセックスを含む性的事案は基本的におおらかだったが、明治以降キリスト教の禁欲的価値観の流入やジェンダー意識の変化によって「性は秘められるべきもの」という考えが支配的となり、特に戦後になると「戦前戦中の教育は間違っていた」「産めよ増やせよというのは女性蔑視」として更に性に対する考えは硬直の一途を辿った。

しかしその反動か、1970から80年代になると逆にセックスに対して硬い考えをするのは古くさいとされるようになり[1]、軽い考えでのセックスこそ都会的でスマートなものとなっていった。そういう一連の考え方は90年代に入ると、金銭を介した関係の肯定へと繋がっていく。それがエスカレートし、特に重い感情や意識を背負わず「とりまパコる?」くらいのノリで明るく身体を許すようなライトでルーズな関係性を「ルーズセックス」と呼ぶようになったのである。

ルーズセックスは殆どの場合「行きずり」に近く、会って即ホテルへ入り金銭と引き換えにセックスして解散という流れになっている[2]。テクニックに関係なく股を開いているだけで済む手軽さから、若い層には今でも愛好者が多い。

歴史と定着[編集]

初期のルーズセックスはユルさ[3]を売りにしていたが、まだかつての意識が残っておりズルズルと関係を引き摺るような事も多かった。しかし90年代後期の援助交際ブームにより、一発いくらの割り切りセックスが定着した事で一転し一夜限りの関係こそがルーズセックスだとして使われるようになった。

更にユルさを増して大勢を一人で相手するスーパールーズや、あえて避妊をしないゴム抜きルーズなど種類は様々だが基本的に女性主導であり彼女らが最大限セックスを楽しむためにこそルーズセックスは行われる。いわゆるギャルの間でこういうルーズセックスが流行すると、ファッション性を伴い[4]進学校の女子生徒にまで広がっていき女子中高生の間では常識となっていく。結果ルーズセックスは女子学生を象徴する文化となっていったのである。

尚、関係が「Loose」だからルーズセックスという言葉になったとされているが、Looseの読みは「ルース」でありルーズではない。誤訳がそのまま定着した可能性もある。

脚注[編集]

  1. ^ ヒロインが主人公に「セックスしよぅっ」と迫るテレビドラマなど、性的に奔放な作品が増加した時代。
  2. ^ 関西圏の「ちょんの間」のように、挿入と射精だけで他のサービス行為はあまりしない。
  3. ^ 頭も股も含めて。
  4. ^ 元々80年代には既に「処女のままだと格好悪い」「未通だと彼氏に重い女だと思われる」として、早期に膜を破ろうとする傾向があった[要出典]

関連項目[編集]


この項目「ルーズソックス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)