ルートヴィッヒ・ボルツマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ルートヴィッヒ・エードゥアルト・ボルツマン(Ludvig Eduard Boltzmann,1844年2月20日 - 1906年9月5日オーストリア=ハンガリー二重帝国出身の物理学者である。

概要[編集]

彼はとりあえず偉大な物理学者とされ、統計力学の他、電磁気学熱力学数学といった分野の研究が知られている。また、彼の研究していた分野は理系学生がもっとも単位取得に苦労する教科の大多数を占めており、没後百年を過ぎた今でも学生を苦しめ続けている。これは一説に、後に記述する不遇の晩年と関わっていると言える。

人生[編集]

幼年期[編集]

1844年にウィーンで生まれる。幼名をルイという。お風呂上がりに見たNHK熱力学についての教育番組に大きな影響を受け、彼は録画した再放送をビデオテープがダメになるまで何度も繰り返してみたという。何時間もテレビの前から離れなかったルイ少年に母はついにテレビ禁止令を出した。しかし、これがきっかけで机の前で番組内容を反芻するようになり、後の理論物理学者としての基礎ができあがっていったと言える。

少年時代[編集]

当時好きな女の子が通っていたという理由から、母にせがんで近所のヤマハのピアノ教室に通い始める。その子は小学校卒業と同時にやめたが、ルイ少年はこれがきっかけで生涯にわたりピアノの演奏を好んだ。また、このころNHKの教育番組で原子というものが存在するかもしれないという話を聞き、原子信者となる。なお、いつの間にかテレビ禁止令は解かれていた。

大学時代[編集]

大学の熱力学好きな人たちを誘ってバンド活動を始める。パートはキーボード。だが、彼の趣味で名付けた「ザ・エントロピーズ」という名前が災いして、活動は次第に無秩序になり、メンバーの音楽性にも溝ができる。程なくしてバンドは解散したが、彼はこの一件から「エントロピーはなぜ増大するのか」という疑問を持ち始める。

当時の熱力学の世界では、エントロピーはなんだか知らないけれどとにかく増大していくものとされており、ローマ法王も聖書の言葉からこれが完全に正しい事実だと認めていた。その頃の科学的研究は主にキリスト教国で行われていたため、なぜエントロピーが増加し続けるのかという問題をあえて蒸し返す者はいなかった。

ある日、近くの山に散歩に行くと、彼は突然の大群に襲われる。ドMだった彼はあえて牛に激突されることを望む。おかげで彼は痛い目にあったが、牛が自分にぶつかってくることから圧力は多数の分子が壁に衝突することによって起こると考えるようになる。一週間の入院中、彼はこの体験から今までの物理学の知識を駆使して気体分子運動論の研究をしようと決意する。

バリバリの研究者として[編集]

不遇の晩年[編集]

一貫して原子論の立場をとり続けたが、若き日のエルンスト・マッハヴィルヘルム・オストヴァルトに「何が原子論だ! このNHK厨めが!」「m9(^Д^)老害! 老害!」などとこっぴどくののしられる。彼は鬱病になり静養中に硫化水素自殺を図ろうとするも、無機化学の知識が皆無だったために失敗。結局彼は首をつって自殺する。だが、これは自殺ではなくて不慮の事故だったとも言われている。

死後[編集]

彼は天国で再生を待つか誰かを呪い殺して地獄に行くか、それとも現世にとどまり続けるかの選択を迫られる。彼は一瞬自分をバカにした人を呪い殺そうかと思うが、釈由美子に「原則として一人だけです」といわれ、断念する。小一時間悩んだ結果、彼は現世にとどまり、今後統計力学電磁気学を学ぼうとするものを呪うことを決意する。

彼が亡くなった次の年、ヨーロッパ中の大学で実に98%もの学生が統計力学と電磁気学の単位を落としたことが発覚する。この事件をボルツマンのたたりと見た人々は、彼をたたえる以下の公式を彼の墓の上部に彫り込むことに決定した。

それ以来、そこまで多くの学生が単位を落とすことはなくなったが、未だに単位取得が難しい教科の一つである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルートヴィッヒ・ボルツマン」の項目を執筆しています。
Hito.png この項目「ルートヴィッヒ・ボルツマン」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)