レイモンド・マンコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ひよこ陛下
Notアダルトな記事
この記事は多少えっちだけどYahoo!きっずキッズgooでも見れる記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。
これでエロいとかってんなら、こどものじかんを規制してみやがってください。お願いしましたよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レイモンド・マンコ」の項目を執筆しています。

レイモンド・マンコ(Reimond MANCO)とは、ペルーの地に降誕したプロサッカー選手である。ポジションはWG,SH。

概要[編集]

マンコ1990年8月23日ペルーの貧しい家庭で母親のマンコさんのまんこから生まれ、レイモンド・マンコという有り難い名をいただいた。ちなみに男性なのでまんこはない。マンコ少年が2歳になるとマンコ家はベネズエラに越すこととなるが、マンコ少年が8歳になると再びマンコ一家はペルーの地に戻ることとなる。この頃サッカーを始めたマンコ少年は見る見る上達し、様々なテクニックを身に付け遂には世代の代表のマンコとして選出される。そして代表などでの活躍が認められ、マンコは2008年夏、かつてセクシーフットボールで世界を魅了したルート・フリットも在籍したオランダの名門、ニッポン放送に入団することとなる。こうしてペルーのマンコは世界のマンコとして欧州に羽ばたいていった。

プレイスタイル[編集]

幼少期に砂場で培った足腰の強さを生かしたいやらしいプレイが大の得意であり、中でも積極的に仕掛けるプレイが得意で、外に開いてクロスをあげるよりも中に入ってイクプレイを好む傾向にある。無論テクニックも相当なもので、またサイドなら左右を問わない両刀使いである上、得点力もあることからクリスティアーノ・ロナウドに准えられることもある。地元ペルーでは100年に一度の名器逸材として注目を集めている。

またそのプレイスタイルがーセナル・ベンゲル監督のお眼鏡にかない、獲得の動きもあった。以下は実際に行われたインタビューの抜粋である。

―ペルーの若手選手、レイモンド・マンコを獲得する動きがあるようですが

ベンゲル「我々は常に若い選手に目を向けている。彼はその一人だ。マンコは実に素晴らしいよすぐに使いたいくらいだ。」

―どのような点で気に入っていますか?

ベンゲル「私は直接見に行ったのだが、マンコはとても良い動きだったよ。とても滑らかで、そこだけ光っていたよ外でのプレーが好きなようで、常に開き気味だったね。でも要所要所でしっかりと絞ってくるね。玄人好みの動きをするよ。柔らかなタッチも特徴的だね。」

―もし入団が決まったら? ベンゲル「とてもエキサイティングだよ。マンコは実にいいんだ。激しいプレーも嫌がらないからね。」

日本でのマンコ[編集]

  • なぜか雑誌やテレビに登場する際、ファミリーネームの「マンコ」ではなくファーストネームの「レイモンド」で紹介されたり、最悪名前を勝手に改変し、「マヌコ」として取り上げられるような不可解なことがしばしばある。
  • もし貴女が彼に魅せられ、恋に落ち、結婚に至ったとしらあなたの苗字はマンコになる。当然あなたの息子や娘もマンコとなる。

マンコのプレー映像[編集]

関連項目[編集]


ラモスタブ 冗談じゃないヨ!こんな記事じゃ検閲により削除してるのと同じだヨ!このレイモンド・マンコカヒツシュッセしてくれる協力者求めてるヨ!でも、ガム噛みながらやっちゃダメだヨ! (Portal:スタブ)