レクサス・CT

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・CTは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・CT」の項目を執筆しています。

レクサス・CT(れくさす・ツェーテー、Lexus CT)とは、トヨタ自動車が展開するエッセ高級車ブランドレキサツから販売される、超絶スポーツハイブリッドモータースポーツハッチバックである。なお、子どもの事情でこの頁では姉妹車のブレイドとオーリスについてもの方で説明する。

概要[編集]

現行型CT200h。PHILIPSと書いてあるのは気のせいである。

フォルクスワーゲン・ゴルフBMW・1シリーズなどを見ていてトヨタの社員は思った。「レクサスから出せばもっとぼったくれるんじゃなイカ!?」と。そうして、090Aとして開発が開始されたのがこの超絶スポーツハイブリッドモータースポーツハッチバックである。

なぜかやたらと手が込んでいて、昔からなかよしのヤマハにパフォーマンスダンパーを専用にいやいや作らせて発注して装着し、スポーツモードを選択すればタコメーターがなぜかふわりと現れ、アイドリングストップできなくするという仕様になっている。

エクステリアはレクサス・LF-Chを出品してちょっと期待させておきながらがっかりとさせた。示した新時代LFA的なデザインを採用。ちょっと凝ってます感を際立たせるためにリアウィンドウを両サイドにまわし価格をじわじわと上げ、超絶スポーツハイブリッドモータースポーツF-SPORTには専用の外装という凝りに凝った造りのつもりになっている。だが、なんだかんだでやや人気である。

インテリアはなんだか欧州車に乗っているような気分で、何だか安っぽく、平べったく感じる。また、人によってはものすごく使いにくいリモートタッチは引き続き採用され、やや邪魔な位置に運転中の視線移動が少なくなるような位置にナビ画面が設置されている。だが、なんだかんだでやや人気である。

相変わらずカーナビはいらなくても買わされるが、スペアタイアが欲しい人は注文しなければならない仕様になっている。だが、燃費のためにはタイアをはずして、パンクシュー理キットを搭載して、少しでもピッツァになってしまった体重を減らし、燃費を良くしてエコカー減税に対応させることが必要であるため、仕方がないことなのである。だが、なんだかんだでやや人気である。

その走りの超絶スポーツハイブリッドモータースポーティな警戒感はジャーナリストたちには大変好評で、予約の数も多く、ホワイトパールクリスタルシャインの車両が生産計画上の都合でやや納車が遅れるという噂である。だが、なんだかんだでやや人気である。

それよりもニュースなのが、GRMNのスポーツハイブリッドコンセプトでは「シーケンシャルマチック使用禁止」とガムテープが張られていたのにもかかわらず、パドルシフトが使用可能になったかと思いきやただの飾りとして搭載されたことで、DQNクルマ好き達がレクサス店に群がり、ガードマンに家に帰されるということが続く社会現象になっている。

メカニズムとしては、プリウスのパワートレインにさらにハイグレードなレキサツスペックを搭載しており、スポーツモードを選択中ならば、アイドリングストップカットが働くため、横断歩道の前で停止し、人が渡りだしたら、エンジンを使って急加速し、人を検閲により削除することができるように、専用にチューニングされている。そのため、なんだかんだでやや人気である。

また、ボディー下部スパッツヤマハ製のパフォーマンスダンパーを装着し、パンチラを防止コーナリング性能を、高め、コーナーにある横断歩道を急いで渡っている人を検閲により削除することができる。そのため、なんだかんだでやや人気である。

また、最近中の人の間では流行りの「F-SPORT」なるSC430二は最後まで設定されなかったグレードを設定し、よりレキサツスポーツ的要素を高めたGTI的なモデルが設定されているが、別にチェック柄のシートを設定している訳ではなく、派手なレッドと派手目なブルーと地味なブラックの内装が設定されているだけである。また、専用の外装という凝りに凝った造りのつもりになっている。だが、なんだかんだでやや人気である。

また、Version Cなる訳のわからんグレードをCT200hから新たに設定し、言ってみれば「トヨタ・カローラのXグレードじゃ物足りない」と思う人向けのGグレードのような存在となっているが、別に排気量がラクゼール(旧Version L)より小さい訳ではない。だが、なんだかんだでやや人気である。

また、こだわりであった「チューニング禁止」はだいぶ前から解禁されていたが公式に否定され、トヨタモデリスタ製のエアロパーツなどが設定されたのも別に面白くないニュースである。そのため、なんだかんだでやや人気である。

グレード[編集]

  • CT200h 無印
    カローラでいうXグレードみたいなもの。Xグレードの割にはいらなくてもカーナビが付いてくるというパンピーとは無縁のクルマである。
  • CT200h Version C
    カローラでいうXグレードみたいなもの。Gと同列名だけにいらなくてもカーナビが付いている以外はごく普通のパンピーとは無縁のクルマである。
  • CT200h F-SPORT
    カローラでいうエアロツアラーみたいなグレード。エアロツアラーとは違って、トヨタ・ヴィッツのRSのようなモデルで、パワーは上がっていないが、足が鍛えられ、グランツーリスモに搭乗するには十分なモデルであるが、パンピーとは無縁のクルマである。
  • CT200h Version L For Lekisatsu
    カローラにはないレキサツ専用モデルで、総合的に見て、ES300よりもレキサツスペックが挙げられており、専用フロアマットとして、引っ掛かりやすいゴム製社外フロアマットが設定されている。そのため、なんだかんだでやや人気であるが、パンピーとは無縁のクルマである。

予定[編集]

前哨戦バトルでトヨタ/レキサツ勢は本線にはまったく登場しないのに、レキサツバトルを繰り広げる予定
2.5Lエンジンを搭載したCT F(CT300h)を発表予定。以外とバカ売れしそうなので要注意

超絶スポーツハイブリッドモータースポーツな車名の由来[編集]

  • Copy Touring Carの略

兄弟車[編集]

トヨタ・オーリス[編集]

トヨタ・オーリスは、新MCプラットホームを採用してピッツァになった早い話カロツーである。欧州では無駄に売れ、日本では設定することが無駄といわれている。そのため、数年前にMCを行い、てこ入れを入れたため、一気に復活した。さらに、DQN車好きの欲望を満たすためにTRDIからIHIのを搭載した黄色い特別カラーのある車種を今年出すようだが、現行モデルで開発してしまったので、この夏にモデルチェンジするオーリスに搭載できずにお蔵入りする予定。CMのイメージキャラクターはオーリスだけにリスである。

近年ハイブリッドもワゴンも設定されたが、日本市場で売ることは考慮していない[要出典]ため、欧州限定発売としている。どうしても欲しい人はイギリスから逆輸入すればいい。

トヨタ・ブレイド[編集]

トヨタ・ブレイドは、真MCプラットホームを採用してピッツァになった早い話カロツーである、オーリスの派生モデルで、本来ならフォルクスワーゲン・ゴルフに乗り換えてしまうことを防止するために発売されたが、パワーをゴルフに合わせるために搭載した2.4L L4 燃費が悪く、壊れやすくてよくリコールになる、ほとんどが中国産の2AZ-FE型を搭載しているため、税金がゴルフ2.0GTよりも高いせいか人気がない。尚、3.5L V6のブレイドマスターは、マスター並みの個体数である。驚くなかれ、京都内海薫刑事はあの若さでこの車に乗っているため、おそらく家はなかなかの金持ちである。

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・CT」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)