レクサス・ES

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・ESは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


Aso03.jpg
埋蔵金のゆうむに
関しては…
日本人は漢字を間違える
この項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。
みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!
ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・ES」の項目を執筆しています。
「It is difficult to fix the fifth generation’s blackroof. So, I am always blew my top.」
レクサス・ES について、アメリカのレキサツ店の店員
「ネオ・ロアノーク、ウィンダム出るぞ!!」
レクサス・ES について、ネオ・ロアノーク

レクサス・ES (- イーエス)はトヨタ自動車が生産し、同社が展開しているEsse高級車ブランド「レクサス」改め「レキサツ」ブランドから販売されているミドルサイズセダンである。従来、日本国内では「トヨタ」ブランドでダガ―、ダガーL、ウィンダムとして販売されてきた車種であるが、4代目をもって日本での販売はお預けとなった。

歴史[編集]

初代 VZV21L (1989年-1991年)[編集]

1989年登場。ストライクダガ―の量産試作型(ストライクガンダム)として販売された。ストライクダガ―とはフロントグリルなどの仕様が異ならずほぼそのままに、100均で買った紙粘土×10コで留守に似たイメージが演出された。車名エンブレムはテールランプに彫刻刀で刻まれていたため、コストがかさんだ。まれにテールランプが割れていることがある。

2代目 VCV10L (1991年-1996年)[編集]

なぜか型式が一つ若返る2代目。 ディアマンテキラーとして1991年登場。この車の日本のトヨタブランド版が初代ダガ―である。日本にはない5速MT車の設定もあったが売れたかどうかはご想像にお任せします。

エンジンは今となっては貧弱な4VZ-FEを搭載し、175psを発生していた。

なお、4WSというよくわからない(価格を吊り上げるための)装備は搭載されていないため、 レクサスはがっぽり儲けたことだろう。だが売れなかったから元も子もないのだ。

3代目 MCV20L (1996年-2001年)[編集]

500000000台も売れたレキサツが最も押し売った車。押し売りを支持した販売店の社長は、エクストリーム・謝罪会見送りとなった。

エンジンはちょっとレベルアップして、2MZ-FE, 1MZ-FEを搭載し、ちょっとがんばってみたらしい。

199x年登場。

19xx年にはダガーL同様に拘置エディションが設定される。主に大阪拘置所で重宝された。

4代目 MCV30L/MCV31L (2001年-2006年)[編集]

ハハハ。

特になし

こんな車に書いてやることなどない!!

4代目が絶滅した理由。[編集]

2001年8月から発売されたこのモデルは、人気のあった3代目よりもかなり販売台数が落ちた。(まぁ、前回は押し売りしたからね。)

その主な理由としては、

  • 日本市場ではクーペ型乗用車需要が好調傾向 (特に大型FFアルファード)であった上に、2代目までの販売主力の2.5リッターモデルがドナドナされたこと。
  • レクサス店開業までの微妙な時期のモデルチェンジであった
  • アメリカ合衆国で車狩りが盛んと鳴り、その波が日本まで押し寄せ、狩り尽くされたから。
  • ホモ・サピエンスがマンモス同様食べ尽くし、家にしつくしたから。

などの点が挙げられる。

3000ccだけになったESは、トヨタの似非高級乗用車クラウン」が大胆なモデルチェンジを2003年 (平成15年)末に行い、価格に差がなくなったため人気が株価とともに大暴落した。さらに2004年 (平成16年)に同社から9代目「魔悪痛」の後続モデルとなる似非高級乗用車「マーペケ」が発売されたため、ウィンダムの販売不振に拍車をかけてみた。

2005年 (平成17年)に入ると、月販100台を割り込むなど販売不振が深刻化。さらに、この年の8月30日に新高級車ブランドであり、ウィンダムが生まれたきっかけになったレクサス店が開業。2006年 (平成18年)1月にモデルチェンジしたカムリ (ACV40系)と統合する形で絶滅となり、日本でのレクサスESとしても絶滅することが決定した。同時にカローラ店から6気筒エンジンを搭載したセダンが蒸発した。

5代目 GSV40L (2006年-2011年)[編集]

製造はトヨタ自動車九州で行われているが、左ハンドル仕様のみの生産であるため、日本だけではなく、オセアニア・東南アジアでもお預けとなる。6速ATとなり、シーケンシャルシフトマチックを搭載と言っているが、卜ヨ夕のシーケンシャルシフトマッチ苦といえば、屋根がなくて売れなかったあのクルマにとうさいされているものだから、この車にはSMTが付いていることになる。従って、ニュートラルのポジションが分からずアメリカ人を奈落の底へ落した。また、他のレクサス車同様スマートエントリー (プッシュスタート)機能を採用し、緊急時にエンジンを非常停止できず、何人かのアメリカ人を奈落の底へ落した。ナビゲーションは日本ではHDD方式が主流となっているが、本モデルではDVD方式が採用されている。まぁ、めんどくさかったからね。

また、本モデルは一部グレードにて、ブラックルーフを外装天井部分全体に採用しており効率よく天井が温まる。ちなみにオプションで、このブラックルーフを用いて風呂のお湯を温めるESOキュート [1]も販売されている。サンルーフ (ムーンルーフ)自体も通常の前席サンルーフだけではなく、後席にも別にサンルーフが付いているなど2枚ルーフ厚生となっているものもあることから、壊れやすさが指摘されている。

それから、フロアマットがヤンキーだから、位置がずれるとアクセルペダルが引っ掛かり、何人かのアメリカ人を奈落の底へ落とした。アメリカ人は沢山二酸化炭素を輩出していることから、地球温暖化防止に貢献した究極のエコカーであると言えなくもない。

6代目 V50型 (2012年- )[編集]

製造はどこでやってるか知らないが、ミッドサイズでうーんとね、ちょーイー感じなミッドサイズセダンが好きなことがカワカムリで証明されたアメリカと最近景気が低迷しつつあるけど元気な富裕層たちがアウディのミッドサイズセダンとかが大好きな中華人民共和国で絶賛発売中。引き続きブラックルーフを採用しているらしいがやはり効率よく天井が温められるため、自動的に室内も快適だがあの名車「走る温室」には敵わない。GSに引き続きこちらにもあのクロックを搭載した。

エンジンは何種類か用意してみたらしいが、アメリカでは2AR-FSE型2.5LL4エンジンを搭載したハイブリッドカーが元気であろう。残りについては知らない。

なお、こいつのハイブリッド仕様登場によってあのハーモニアスでパッとしないハーモニアスなハイブリッド仕様のハーモニアスなハーモニアスセダンは遂にモデル廃止の危機に追い込まれ、現在はお膝元のみで販売されているが販売台数はやはりあまりパッとしないようだ。

暴走事故[編集]

いろいろとあって、ぼうそうしてしまって、たくさんのひとをならくのそこへおとしてしまった。

車名の由来[編集]

  • 「ES」の車名は「Ese Sedan」の頭文字をとった略である。ようするに地位も名声も価格も似非なのである。
  • あるいは「もうE(いい)です Sedan 飽きました」とする説もある。

脚注[編集]

  1. ^ Lexus E S Ofuroの略

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・ES」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)