レクサス・GX

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・GXは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


Aso03.jpg
埋蔵金のゆうむに
関しては…
日本人は漢字を間違える
この項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。
みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!
ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。
「1番じゃないとだめなんですか?2番じゃだめなんですか、2番じゃ?」
GXエンジンその他の日本の科学発展に役立つものについて について、蓮舫
「I must buy!!」
You must not buy!を読んで について、アメリカ人

レクサス・GX(れくさす・じぃえっくす)(学名:Grandfathers'S Rose Cross Das Auto)とは、諸般の都合により販売が停止されたクラァーのことである。

概要[編集]

初代[編集]

ランドクルーザープラド
I beieve so...

良く似たコピー車にトヨタ・ランドクルーザープラドという兄弟車があるが、それ以外にもハトコやらなんやらがたくさんいる。(主に中国) 特に中国では人気があるようで、とてもリスペクトされ、エクステリアデザインを多少拝借されていることもよくある。しかし、13億人もの人口を抱えているのにもかかわらず、コピー車にも乗れないのは、大人の事情なので気にしないでおくこと。

2代目[編集]

2009年に公開・発売されたが、2010年に販売が停止された。

アメリカの雑誌「You must not buy!」の評論によると、世界で最も優れているトヨタ自動車VSC&TRCにケチをつけたのである。「時速97km/hで急カーブに侵入し、アクセルを離したら、後輪が横滑りしたので、もしその先に縁石があった場合、そこに引っ掛かったらロールオーバーする!」とね。

しか~し、時速97km/hもスピードを出すことができるカーブが存在するのだろうか?そう、存在するのだ、GT4に収録されていることで有名な「インフィニオンサーキット」や、ル・マン24時間レースで有名な「サルトサーキット」である。つまり、アメリカ人はGXのような砂漠を走るためのクルマで、レースに参加するのである。知恵が足検閲により削除ないだろうか。「この車はF1ではありません。」という趣旨の説明を説明書に書きたす必要がありそうだ。つまりこうなる「This car is not Formula car. So, you mustn't drive in Salto circuit & Infinion circuit etc.」。

そして、もう一つ問題がある。アクセルを踏んだまま急カーブに突入していることである。運転に自信のないドライバーならば、アクセルを離し、ブレーキングをしたうえで急カーブに突入する。中嶋カズキ氏でも、時速70km/h程度まで減速させて急カーブに突入する。(もちろんトゥルーリ様も)

つまり、インプレッションをした人物は自身の運転に相当な自信を持っているということである。アメリカ人はナル検閲により削除なのではないかとも言われる。

くだらんことが多すぎるので箇条書き

  1. 97km/hで急カーブに突入する。自信を持つドライバーがこの世に存在するのか。
  2. 急カーブ前に97km/hまで加速できるような直線道路のある道があるのか。
  3. 2のような道に縁石があるのか。
  4. 他のSUVでも本当に同じことが起きるのか。
  5. アメリカ人はF1とSUVの違いがわからないのか。
  6. アメリカの自動車の免許講習では、急カーブに100km/h近くで進入するように教えるのか。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・GX」の項目を執筆しています。


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・GX」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)