レクサス・HS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Aso03.jpg
埋蔵金のゆうむに
関しては…
日本人は漢字を間違える
この項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。
みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!
ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・HS」の項目を執筆しています。
「売れに売れてて微笑むプレミアムです。」
レクサス・HS について、社員

レクサス・HSとは、トヨタ自動車が展開する似非高級自動車ブランドレクサスで販売される、生産コスト的には結構安いクルマである。

歴史[編集]

初代(F10型・2009~)[編集]

小さな高級車その1小さな高級車その2の後継車である通称:SAIとともに開発された駄作ハイブリッドカー。エンジンは2.4L 2AZ-FXEという、2.4Lなのに150psしか出ない貧弱エコなエンジンを積んでいる。なお、この車は後にトヨタブランドからも「トヨタ・SAI」としてデビューするので、そちらの方が同じ車でも安く買える。こんな意味不明な事をするのは明らかにレクサスの販売促進以外の何物でもない上に、ただでさえプリウスのせいでパニック状態に陥っている工場の混乱と、バッテリーの原料であるレアメタルの高騰を更に悪化させてしまっている。

エクステリアは、カリーナ後継売れない車のボディを盗んで、再設計したらしいが、採寸を間違えて、肩幅が1,760mm近くまで大きくなってしまった。だが、仕方なく間違った採寸のまま製品化し、リアドアとグリルとテールランプをレクサス指定のものに変更し、無理やりにハイブリッドシステムを搭載して発売に至った。

また、「原理も知らない癖にハイブリッド、ハイブリッドと…。」とサダキヨくそ高い日本製似非スポーツカー載りながら叫んでいる現状も否定できない。同クラス初と歌って販売しているが、実質冠ハイブリッドと同じシステムであり、同クラスなのである。

価格面では、他のレクサス車と同じくらいの利益を客から奪うためにいたるところがちゃっちい作りになっている。それなのに、FR・2.5LのISとほぼ同等。IS250と同じ性能と謳っているくせに、25psも差が生まれて月とすっぽんのようである。

最近では、「プリウスではエコカー減税には間に合わない」と去年まで「エコエコ」行ってた集団がレクサス店に押し寄せ、10000台もの受注を記録しているというが、実際は23台程度しか売れていないというのはいわゆる都市伝説である。

眼鏡をかけたこの車の開発者たち(実際に、開発チームの大半が眼鏡をかけている)いわく、天災卵とは違うシステムを使っているというが、元をたどればVWを買収しようとして負けた会社の創設者が試作したパワーをアシストするためだけのハイブリッドカーにつながっていくことは周知でない事実の1つである。

インテリアにはラリってるクロスオーバーに搭載されたパソコンの操作に使うあれみたいなやつが搭載されている。実際使いやすいかどうかは個人差があります。

そんなこんなで、駄作FFセダンが完成した。

一部のうわさでは「2年後に2AR-FXEに換装するらしい」というものがあるが、自動車雑誌各社が、読者の注目をひけるように流すデマであり、単なる都市伝説である。

この車は、前後ろデザインが横から見るとミカソで、バックしてるのか進んでいるのか分からない。要するに、この車は三力ンのミカソによる三カンのための自動車であって、人民の人民による人民のための自動車ではないので、バックしているのか前進しているのか全く分からない。だからこそ、ミカンであるこの車は未完のために作られるのであって、その権威はミカンの代表者がこれを行使する。

なお、ジークフリート=HS250h(ANF10-AEXVB)である。つまりは、援軍なき籠城戦ではなく、ミカンなのである。人民の人民による人民のための自動車を開発するには、E=MC²を使って3+5=Xを説いてからでないと、購入することができない。また、開発にはミカンしか携わることができないため、トヨタ自動車の社員は実はオレンジなのである。

まとめると、この車は駄作FRっぽいFFであり、ミカンなのである。要するに、この車は三力ンのミカソによる三カンのための自動車であって、人民の人民による人民のための自動車ではないので、バックしているのか前進しているのか全く分からない。だからこそ、ミカンであるこの車は未完のために作られるのであって、その権威はミカンの代表者がこれを行使する。

なお、ジークフリート=HS250h(ANF10-AEXVB)である。つまりは、援軍なき籠城戦ではなく、ミカンなのである。人民の人民による人民のための自動車を開発するには、E=MC²を使って3+5=Xを説いてからでないと、購入することができない。また、開発にはミカンしか携わることができないため、トヨタ自動車の社員は実はオレンジなのである。

それでもやっぱり、メーカー的には微笑むプレミアム

Sieg Lexus!!

2011年、美国に名をとどろかせた新型レクサス・ESへの国民の圧倒的な支持もあって美国ではモデル廃止に至った。一方日本では絶滅の危機に瀕している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

 マイナーチェンジ[編集]

せめて開発費用だけでも回収すべく起死回生のマイナーチェンジを画策している。

Lexus Enthusiastによると、北米市場からプリングアップしたのにエクステリアやグレード体系を整理して、クラウンから流れる可能性のある保守派層の受け皿となる予定である。

車名の由来[編集]

  • ハッ!?マジでセダン(Ha!? Majide Sedan)の略
  • HahahahahahahahahahahaSedanの略
  • ホーそれで今日の夕飯はミカンだすっけ?(Ho Soredekyounoyuuhannhamikanndasukke?)の略。

関連する車[編集]

8代目カムリ (XV40型)[編集]

中流普及車なのかやや上流向け大型車なのかコンセプトがブレブレするトヨタ車。

そのあおりを受けてか、この代において車体の大型化に拍車がかかっている。

国内では未登場の北米向けHVバージョンが存在しており、これがHSとSAIの原型あるいはHV機構流用元ネタになったのではないかという説がある。

後述するように9代目HVが国内にも投入されたことによりトヨタは事実上「カムリ系列またはそれに干渉するHVが3車種もある」「3種がそれぞれシェアの共食いをする」という内戦茶番劇を演じることになった。

SAI (初代・AZK10型)[編集]

上述されているように、実質的に中身がHSと同じ車。

こちらは廉価版ということになっているだけあって内装やオプション等は安っぽくなっておりこれで差別化を主張したいらしいのだが、基本性能はどうあがいても大差無い。

また小回りを意識してボディサイズは若干ダイエットが試みられている。逆に言えば、HSは小回りを軽んじている。

HSの高級感を引き立たせるための噛ませ犬なのか、それとも本格的な「安売りセール」なのかは判然としない。というより、当のトヨタ&レクサス自身がそのどちらにするかを決断しきれていない、または両者の間で見解に齟齬があるようだ。

トヨタ内でレクサスを嫌う派閥やダシにして利用しようとする意向が存在しているのではないか、あるいは逆にレクサス側でトヨタの戦略から上前を掠め取ろうという陰謀があったのではないか、という説もある。

トヨタ車にレマークを付けただけでウン百万円値上げするとかレクサス専用高級パーツをあっさりトヨタ車に流用するとかはいつものことであるが、HSとSAIはもう少し大がかりかつ複雑な茶番劇になっているのだろう。

9代目カムリ (XV50型)[編集]

ただでさえHSとSAIで共食いしている状況なのに堂々とHV仕様(のみ)が国内展開されている。

採寸を間違えたHSより更にバカデカいボディを採用し、内部容量においてHSやSAIとの差別化をはかったらしい。

少なくともセグメントがD前後で被っているのは事実だが、このメタボな大きさでDとは違うというノリを主張しているつもりなのだろうか。

価格面においては、オプション類のコスパがいまいち冴えないこともあってSAIと同等かそれより高価という程度。HSには及ばないので、どちらかといえば共食い度はSAI相手の方が高いかもしれない。

実質的にトヨタの発表によればカムリハイブリッドの方が売れており、日本では絶滅の危機に瀕している。美国ではすでに滅亡。

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・HS」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)