レクサス・HS-F

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・HS-Fは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。

HS F(えいちえすえふ、Lexus HS F)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランドレクサスから販売されている高級スポーツセダンである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「レクサス・HS-F」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

HS F(2014年モデル)

HS Fは「走りの性能を徹底的に鍛え込むとともに、環境性能を備えることによりレクサスの新しいパフォーマンスを提案する」というコンセプトのもと、レクサスの中型FFハイブリッドセダン「HS」をベースに開発されたスポーツモデルで、「F」(トヨタF1の本拠地である富士スピードウェイに由来)の名を冠するモデルである。トヨタ自動車全体としても、ハイブリッドシステムを搭載した本格派スポーツモデルとしては初であり、また量販ハイブリッドスポーツセダンとしては世界初でもある。

エクステリア[編集]

ベースとなったのは「HS」のセダンであるが、300km/hオーバーの世界でも安定した走りを実現するために改めて空力チューニングが施された。 エクステリアはエンジンルーム付近およびリアバンパー付近は完全に作り直され、エンジンルームには大型のV型6気筒エンジンを搭載するために延長・拡幅され、全幅拡大の一因ともなっている。また、リアでは、IS F同様4本出しのリアディフューザーヲ装備し、リアリップスポイラーはさらなる空力性能の向上を目指して開発された通常の物とは別の物をを装備している。

また、走行性能の向上のための重心の引き下げのため、全高をHS250h比で30mm引き下げた。

インテリア[編集]

メーター

ベースの「HS」とともに改良を図り、「HS」では踏襲したエレクトロシフトマチックを廃止して8Speed-SPDSを採用した。ホールド性向上を目指して新開発のスポーツシートを搭載。インテリアカラーはIS Fと同様、ホワイトとブラックが用意されている。 また、各部のインテリアパネルはシルバーカーボン調の物が採用され、通常の「HS」との差別化を図っているうえ、「F」のエンブレムの入ったパドルシフト付専用ステアリングホイールやLFAから搭載の始まった可変タイプの一眼メーターが採用されている。

パワートレーン[編集]

パワートレイン

同ブランドのハイブリッドカーGS450h」に搭載されるV型6気筒・2GR-FSE型エンジンをベースに、トヨタ自動車と富士重工業が共同開発した専用スポーツユニットである「2GR-GSE」型エンジンに加えて、通常の2GR-FSE搭載のハイブリッドカーと同様の1JM型電動機が搭載されている。富士重工業との共同開発によるトヨタ製スポーツユニットとしてはトヨタ・86スバル・BRZに搭載されるFA20/4U-GSE型以来で、6気筒エンジンとしては初となる。 また、筒内直接噴射とポート噴射を組み合わせた新世代の「D-4S」が採用され、環境性能の向上とともに、さらなるスポーツ性能の向上を図っている。最高出力は238kW(324PS)/6,500rpm、最大トルクは400Nm(40.7kg-m)/5,000rpmを発生し、最高速度は300km/h以上(日本国内仕向けは180km/L、日本国内以外の仕向けは270km/hでスピードリミッターが作動する)。 トランスミッションニは、「IS F」に搭載されている8速ATをベースにハイブリッドシステムに合わせたセッティングの施された「8-Speed SPDS(8-Speed Sport Direct Shift)が採用されており、トランスミッションの面においても、環境性能と走行性能の両立を図っている。

足回り[編集]

IS Fとは異なり、ハイブリッドカーという特質上、ブレンボ社との共同開発によるブレーキシステム開発は行われず、新開発の停止性能と回生性能をさらにたかめた回生ブレーキシステムを採用した。 そして、ホイールにはBBS社と共同開発した18インチ軽量鍛造アルミホイールを採用した。タイヤには専用の高性能スポーツタイヤ(ブリヂストン・POTENZA-RE050H)が装着される。

関連項目[編集]



4370 large.jpg この「レクサス・HS-F」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)