レクサス・IS-F

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「ホントの名前は「IS F」なんですけどね。。。」
レクサス・IS-F について、レクサス店の店員
「こちらの車種名「1SF」でよろしかったですか?」
レクサス・IS-F について、どこかの区役所の職員

レクサス・IS-Fとは、トヨタ自動車が展開するエセ高級車ブランドレクサスの1車種であるISスポーツカーっぽくしてみたクルマである。

歴史[編集]

初代[編集]

IS-F(初代)
走行中だがもちろん運転手はいない。
「F」を冠するだけにエンブレムも「F」を使用。
車名だけISFの非なるもの
走行中だがもちろん運転手はいない。

下記の誕生経緯にあるごとく、駄作FRセダンを高級っぽく化粧し直したISに大排気量エンジンをドンと搭載してあれこれスポーツカーっぽく工作しただけのクルマである。カー音痴なスペック厨に大人気。トヨタらしからぬ挑戦的な車種、とトヨタ車の広告を掲載している御用カー雑誌には書いてあるが、実際のところその開発方法はいかにもトヨタらしい。また、スポーツカーを謳う割にはクルーズコントロールを付けたり、レクサスという理由でマニュアル車設定がないなど乗り物というより、エンジンのついた独活の大木の様相を呈してきている。

性能[編集]

エンジンはレクサスLS600のハイブリッド機構を取っ払ってヤマハが弄ったものとされているが、実はクラウン向けの2.5Lエンジンを前後に一基ずつ搭載しているのだ。そのためトランクが狭いのである。ミッションはLS、GSに使用されている8AT、シャーシはクラウン、マークX、(あとなんだったっけ)を流用しているにも関わらず、専用パーツ大量投入の日産・GT-Rとほぼ同じ価格とトヨタ式開発製造法の最先端を走る車である。

雑誌に書かれてるサーキットタイムでは、排気量2000ccクラスのランサーエボリューションⅩインプレッサSTIといった最新モデルとはいえ旧式に比べて遅くなったターボAWD勢はもとよりNAFFシビックタイプRやハイパワーターボのFFのお買い得な変態車でお馴染みのマツダスピードアクセラにすら劣るという、なんとも非常にアレな仕様となっている。

エクステリア[編集]

写真を見てみると、ファンカー…ゴホッゴホ…じゃなくてISにそっくりである。ボンネットには「F」を象った「Fマーク」が装着され、ファンカー…ゴホッゴホ…じゃなくてISとは、また違った風格を持っている。それにしても、ISってこんなに背が高いっけねぇ・・・。

インテリア[編集]

いたって普通のトヨタ車にちょっと高そうに見える本革シートを搭載してみた。他は4人しか乗れない以外いたって普通である。ホントに普通である

IS-F CCS-R[編集]

モデルチェンジを3年後に控えた2010年マガジンX画取り上げていた920Lと呼ばれるIS-F レヴォリューションがオレンジ色のベールをまとい発表された、一般のIS-Fが出てくるレースはこのゲームにはないが、そんなレースでのチーと用に開発されたのがこの車である。

なお、その後ののののののの調査で開発コード920Lはレクサス・GSのものであることが判明した。

IS-F誕生[編集]

「プロジェクトX~挑戦者たち~  レクサス・ISーFの挑戦。逆転!奇跡のヌポーシ車-高級スポーツカーっぽいクルマの誕生」

プロジェクトX-挑戦者たち- レクサスシリーズ#IS-F誕生編

IS-Fの意味[編集]

この名称には様々な意味が込められている。

  • イケテル!!スタイリッシュでファッショナブル!!!(レクサス販売店のマニュアル)
  • 一発 さやかと ファックしたい(某米国トヨタ社長の思い)
  • いい加減な 製作過程 フイタ (評論家の意見)
  • いいのか? そんな調子で 不思議だクルマだ (ユーザーの声)
  • いつも 寂しい 藤田(いじめっ子)
  • いい結果残せず そして F-1撤退...  (これほんとのことです・・・)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・IS-F」の項目を執筆しています。


4370 large.jpg この「レクサス・IS-F」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)