レクサス・LFA

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Aso03.jpg
埋蔵金のゆうむに
関しては…
日本人は漢字を間違える
この項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。
みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!
ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。

レクサス・LFA(れくさす・えるえふえい)とは、世界一にして世界最大の史上最高の世界のためにメセナを欠かさない安全のためにリコールを隠す世界最高の品質の自動車を生産し本来は織機を製造したりして糸を紡いでいたトヨタ自動車と呼ばれる世界一になったが抜かれそうなビッグ財閥の一つであるとある企業が展開する、世界最大にして世界ナンバーワンの品質を誇る高級車ブランドレクサスで販売されている、世界のためのメセナとも言える、ホントは一台5000万円でも赤字が出るのに、1台あたり2000万円の赤字を背負ってでもスーパースポーツを送りだそうと日本では37,500,000円で売り出された庶民には緑のないクルマのことである。

概要[編集]

性能[編集]

トヨタが長い間F1と呼ばれる賄賂であふれた世界で培ったV10エンジンの開発技術を用いて開発された1LR-GUE型 4.8L V型10気筒エンジンを搭載し、全体的な性能はメルセデス・ベンツ SLRマクラーレンなどをも驚愕するらしい。そして、重量バランスだが、前後で48:52(52:48?[1])で、ホンダ・S2000BMWなどと違って、前後で違う重量比となっている。これは、トヨタの技術力が無いのではなく、トヨタのマスターテストドライバー成瀬弘(だったけ)氏などによって、テストされつくされ、最もハンドリング性能やエンジン性能を引き出すできる数値だと言われている(と言っておけば聞こえは良い)。衝突安全性については、ニュルブルクリンク近傍での公道テストでテストドライバーが死亡するという結果を招き,対向車のBMWのセダン以下であると実証された。さすがトヨタである。

エクステリア[編集]

何といっても目玉はたくさんあるボディカラー。しかし、大蛇に諮ってこないのが現実。以下にその素晴らしいカラー太刀を並べよう。

標準カラー[編集]

  1. 赤字
  2. 黒字
  3. 気違い
  4. エコ
  5. カローラシルバー
  6. おっさんgray(ガンメタではない)
  7. 最も白い
  8. 貝殻の入った

オプション(30万円増し)[編集]

  1. 男の娘に人気のピンク
  2. 売れない象牙
  3. 売れないmist
  4. 売れないアクエリアス
  5. 売れないラベンダー
  6. 売れない
  7. 売れないライム色
  8. ランボルギーニみたいな緑
  9. au
  10. UTカラー
  11. SLATE BLUEってなんだ?
  12. STEEL BLUEってなんだ?
  13. モスグリーン…
  14. ゴールドカード
  15. 直訳すると「茶色の石」
  16. LAPIS LAZURI
  17. 黒いアメジスト
  18. まっすぐブラック
  19. テストカー用「艶消しブラァック」(これのみ200万円増し)


先代[編集]

先代は3500GT(だったかな)とも呼ばれた数世代目のトヨタ・スープラあるいは、トヨタ・2000GTとも言われている。なお、中古車市場に出回っているが、製造から40年近く経過した現在でも、10,000,000円という超高額な値段で取引されている。性能は大変良いが、燃費性能は検閲により削除。そして排気ガスは大変あれなのである。だが、やはり性能が一番である。

モータースポーツ[編集]

モーター(原動機という意味のmotor)スポーツ活動には、正式発表の2~3年前からニュルブルクリンクと呼ばれる世界一のコースで行われる24時間耐久レースに参加している。もちろん今年も参加する。2009年には全クラスの間で1位を獲得した。もちろん、Morizoも運転なされた。

乗車した人のコメント[編集]

「2Dの富士スピードウェイで試したがサスペンションが固いかも」
レクサス・LFA について、GT5ユーザー

車名の由来[編集]

Luxury Frontier of Americaから?

脚注[編集]

  1. ^ どちらかがISの前後の重量比

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・LFA」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)