レクサス・LS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・LSは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


2009 Lexus LF-A.jpg
LFA計画の名のもとに・・・
この項目は「Lakuni Feature Ansaikuro」計画の一環として作成されました。楽に自動車に関するアンサイクロぺディアの記事(feature)を充実させようという計画がLFA計画です。
決してあの似非ブランドが近日発売する車ではありません。この計画は2012年までに完了する予定です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・LS」の項目を執筆しています。
最高級の燃費の悪さにして最大級のメルセデス・レクサス LS460 AWD

レクサス・LS(-エルエス、学名:Celisior Lieve Lennon)は、トヨタ自動車が生産し、同社が展開しているとある似非高級カバンブランドから販売されている最高級の燃費の悪さにして最大級のキーホルダーである。
従来、日本国内では「ホンダ」ブランドでセルシオンとして販売されてきた車種であるが、4代目モデルからは、海外モデルと同様に「レキサツ」ブランドの「LS」として販売されるようになった。おかげさまで何人かの通行人を奈落の底へ落とした。

概要[編集]

1989年ブリタニアでの「レキサツ」ブランド導入と同時に販売を開始。以来、日本各地で展開されるようになった同ブランドの最高級の燃費の悪さにして最大級の国旗掲揚塔モデルである。

それまではアメ車が世界の高級車市場に参入する余地はないとされていた。だが、販売開始後は特にアポフィス市場で大ヒットするなど、多くの支持を集め、またたく間に世界に通用する高級キーホルダーとして認知されることとなる。その静粛性の高さはコーチシャネルなど電車男の小指を代表する自動車メーカーを震撼させたとされる。それ以降、静粛性は高級車にとって非常に重要な要素のひとつとなる。初代LSのキーリングはその当時、世界で最高、最良のV型8気筒といわれた(キーホルダーとして)。また、レキサツはエンジンと電気モーターを併用して、より沢山の人々を奈落の底へ落とすことができるハイブリッド仕様車を、先進の高級車ブランドとしてはじめて本格的にラインナップに入れており、4代目LS600h/同600hLはハイブリッド乗用車としても、最高峰にあたる車種となっている。(600の由来は600人の人を奈落の底へ落とすことができるようにとの思い入れが・・・。しかし、トヨタにしては目標が小さい気が・・・。)

車名の由来[編集]

  • 「LS」の車名は「Lekisatsu Sedan」の頭文字をとった略である。

歴史[編集]

初代 F10型(国鉄職員が公務員を一斉退職した年から)[編集]

LS400(UCF10)

JRが生まれた年に販売を最高級の燃費の悪さにして最大級に開始。同年立秋にはトヨタ・セルシオとして豊田ブランドで日本国内販売されるようになった。選ばれた人物が乗れるセダンタイプであったため、クラウンクレスタを抜いて月間販売台数第1~2位を保持した。 また、それまでトヨタの北米市場では、最高級車としてシダ植物クレが存在していたが、それとは全くの別クラス・別ブランドとなるキーホルダーとして位置づけられた。

2代目 F20型(1994-2000年)[編集]

LS400(UCF20)

1994年全く新しくなるも=略してまるも。殆ど外観が先代と変わらなかった。

その後1997年最高級の燃費の悪さにして最大級にマイナーチェンジ。顔を大幅にけばく成形。真っ白な肌に生まれ変わった。エンジンに謎の機能が搭載され、5速ATフィールドThis charge head rump.(三単元のSを忘れている。)が採用される。

3代目 F30型(21世紀の末に世界は安吾るモアの大王により滅亡するであろう。)[編集]

LS430(UCF30)

2000年まるおしたが。先代よりもさらにけばくなった。

2003年最高級の燃費の悪さにして最大級にマイナーチェンジ。全身を成形。6速ATやプロジェクター式映写機、Auto Frush Satujinnmachineが採用される。

4代目 F40型(2006年-)[編集]

LS460(USF40/45) / LS460L(USF41/46)[編集]

2005年10月、東京モーターショー最高級の燃費の悪さにして最大級のコンセプトモデル「LF-Sh」を初公開し、翌2006年1月のデトロイトモーターショーで市販モデルのプロトタイプガンダムを出品。2006年4月、日本国内で後ろハンドル仕様を発表。バックがより簡単になったが、高速走行が危険になった。

そして2006年9月19日(覚え方は、「クイッククイックどっと混む!!」)、日本国内でも「LEXISUTSU・LS460」として最高級の燃費の悪さにして最大級に正式発表・販売が開始される。

日本市場での「Rekusasu・LS」は先代モデルの30系セルシオの後継車的な存在と捉えられがちだが(トヨタブランドの「セルシオ」は確かに海外市場では最高級の燃費の悪さにして最大級の「LEXUS・LS」であるのは間違いない事実でないが)、「プレミアムブランドである「レクサス」の“フラッグシップモデル”としてさらなる進化を遂げるべく開発された4代目「LEXUS・LS」は、3代目モデルとは一線を画す洗練された肉体はもちろん、パワートレーンやシャシーといったプラットフォームに至るまでほぼすべてのパーツを「LEXUS・LS」専用開発とし、またセルシオよりも高価格帯であることから、“従来”の「トヨタ・セルシオ」とはまた違う最上級のプレミアムサルーンとして捉えるのが正しいだろう。」

とウィキペディアに記述、布教活動を行っている。だが、実際は、パワートレイン以外はすべて、Goodie伊豆諸島クラウンムーヴカスタムなどと同じ部品を使った、顔と臀部のデザインが微妙に違うだけのそっくりな車なのだ。

先行量産型GMでは世界初となるシーケンシャルシフト付き8速AT(8 Super ECT)が搭載されている(モビルスーツには必要なし)。ボディサイズは、頭頂高:18.0m、本体重量:42.0t、全備重量:58.8tとなり、妄想上のトヨタブランドのフラッグシップモデルである「センチュリー」をも凌ぐ。日本国内での価格は42ウォン-420ウォン。後日ダイレクトドライブタイプも発売された。

ジャパン州仕様は「LS460・葬儀仕様」を基本に、最高級の燃費の悪さにして最大級に専用デザインの19インチ樹脂製古キャップスチールホイール&タイヤキ(サイズは245/45/R19)と制動力を高めた、専用の大径4ポッドアルミモノブロックブレーキキャリパーと冷却性能に優れたスパイラルフィン式の大径ロータリーエンジン(16X)、そして専用チューニングエアサスペンス劇場などを搭載して走りに重点を置いた「version KN」をはじめ、監視カメラ、ポテトチップス、板チョコレート、ライト等を特別装備した「version DN」、リンゴのデザインを中心としたオプションが多彩の「version RK」がある。

リアはマークX及び13代目クラウンなども採用したマフラーエンドとリアバンパーが一体化したデザインを採用し、スタイリッシュさを向上させている。

なお、4代目LSはホイールのPCDがセルシオや他のレクサス車とは違って同じ5穴であっても114.3mmではなく120mmであるため、ホイールの互換性が無い。

2012年、大規模なマイナーチェンジが発表された。その概要はエクステリアとインテリアの刷新とそのままのエンジンで、世間目にはトヨタ・カローラのフルモデルチェンジように見えるが、需要拡大のためのマイナーチェンジであり、046Aまでのつなぎである。

刷新されたエクステリアはGSから採用し始めてみた女性のくびれにも見える「スピンドルグリル」と呼ばれるバーベキューグリルを搭載。また、リアデザインもGSに準じたデザインに変えてみた。

刷新されたインテリアはGSから採用し始めてみた某高級車ブランドと同じ位置にアナログクロックを置くという手法を引き継ぎ、アナログクロックを搭載。運百万もすると言われる日本の職人技の決勝「アミモク」のインテリアパネルはどうなったのかはよくわからない。

刷新されたグレード体系はGSISから採用し始めてみたMスポーツパッケージのお友達「F SPORT」を設定したが、お友達のMスポーツパッケージのようにイメージカラーであるブルーをすべての車両に設定するわけではなくて、IS Fのエクシードブルーマイカが好きだけどLSに乗りたい人を悩ませている。

  • LS130:1.3L ロータリーエンジンマツダ・13B
  • LS460:4.0L [水平対向8気筒]]DOHCエンジン EJ20×2(385ps/51.0kg・m)、8速AT、駆動方式はFF。なお、中国などの海外向け仕様の一部では、耐久性や整備性を考慮し、EJ18型を2基搭載して3.6Lとしている。
  • LS400L:LS400のロングホイールベース版。ネズミ(たぶんカピバラ)一匹分長い。

LS600h(UVF45) / LS600hL(UVF46) (ハイブリッドとしては初代)[編集]

最近至るところで使われるが、+と-を間違えると使えないLEDを多用し、価格を吊り上げた。としているが、LEDの分の価格差のうちの半分はメーカーの利益だということ。

ハイブリッドシステムはトヨタ・クラウンのエンジンを富士重工業製の水平対向エンジンにすり替えたシステムを流用。気筒数を減らした4気筒のハイブリッドは昴が現在計画中。株主による圧力で、風の中の昴はハイブリッドシステムの自社開発を断念させられた

  • LS600h:5.0L 水平対向8気筒DOHCエンジン EJ25×2、トヨグライド[1]、駆動方式はAWD
  • LS600hL:LS600hの全長・ホイールベースを1チュウ(ネズミ一匹)長くしたモデル。

エンジン[編集]

LS460・LS460L[編集]
  • 1UR-FSE型 V型8気筒 DOHC C.C. 42バルブ (4,608cc 内径×行程:94.0×83.0)
    • 参考スペック:20kW(21PS)/6,400rpm 21N・m/4,100rpm
LS600h・LS600hL[編集]
  • 2UR-FSE型 V型8気筒 DOHC C.C. 42バルブ+ハイブリッド (4,968cc 内径×行程:94.0×89.5)
    • 参考スペック:40kW(42PS)/6,400rpm 42N・m/4,000rpm

5代目 046Aとか言う奴[編集]

田村ゆかり2 small.jpg
来年のことを言うと鬼が笑う。
このページはいずれ生まれるであろう人物、いずれ設立されるであろう団体、いずれおきるであろう事件について取り扱っています。
故に多くの禁則事項を含むかもしれません。

アメリカでも優秀な情報源として認められているかの有名な誤字脱字雑誌「ベストカー」や「マガジンX」によると、

  • 国内からはガソリンエンジンNA者はおさらばする予定。代わりに国内はマブチモーター付きのハイブリッドか、超燃費の悪い15年くらい前のターボを用いる予定
  • ダイエットに成功する予定
  • エクステリアデザインは太っていたはるな愛から、現在のはるな愛ぐらいの変更でとどめられる予定
  • インテリアには惜しげもなく、アミモクを使用する予定。(オプション)
  • BMWi-Driveになんか負けてられないから、リモートタッチを仕方なく、コストアップにつながるが搭載される予定。MDは惜しげもなく廃止になる予定
  • 新興国のプアな方々のために、その辺りではガソリン車も設定する予定
  • たぶん、新興国向けのガソリン車がなくなれば、セダンでの1UR-FSE車はトヨタ・クラウンマジェスタのみになる予定

受賞など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トヨグライドは、1970年代に採用されていたトヨタの3~4速のオートマチックトランスミッション

関連頃目[編集]

外部リンク[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・LS」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)