レクサス・LX

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・LXは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・LX」の項目を執筆しています。
観光客の年寄り「ありゃ?この車オカシイんじゃないの?エンブレム違うのにちょっとにてるよ。コレ。」(1999年)

レクサス・LX(レクサス・エルエックス)とは、トヨタ自動車が製造、販売し、外国に売り飛ばされてしまったメチャクチャデカイ車種である。だが 見た目がトヨタ・ランドクルーザーに似ているという事がきっかけに大騒ぎになり世界中の大統領もびっくりしたというニュースも流れたらしい。

概要[編集]

初代 (1996年 - 1997年) FZJ80型[編集]

トヨタ車にも似ているとされる兄弟車と言われているのが、ランドクルーザーである。 見たとうり、非常にそっくりである。ただ名前を変えただけか!!?と思い、町の人にインタビューをしたところ、99%のひとが、似ていると言い、中には「中国のパクリか!?」と言う人もいたという。

2代目 (1998年 - 2007年) UZJ100型[編集]

初代に続き二代目の登場!!かと思いきや、やはり、いや、今度はトヨタ・ランドクルーザー・シグナスににているではないかと町中大騒ぎに。 どうも困ったものだ。困ったのはそれだけではなく、燃費である。エンジンによるミスであり苦情が殺到した。今度はシグナスに名前を変えただけなのかという意見が最も多かった。そこで調べたところ、シグナスと2代目LXと比較し、内装、エンジン、外観などを調べた結果、驚くべき内容を発見した。外はそっくりでも、中はぜんっっッゼん違っていたという。まずエンブレムである。その他は盗聴器、核爆弾、生のサンマ、ガトリングも装備。恐るべしレクサスいや、レキサスと言うべきか。初代と比べるとここまで変わったとは驚きの進化である。この頃では日本でもレキサツの販売はしていたのだが、ドナルドの暴言によってLXは販売をやめさせられてしまったのである。

  • LX470:2UZ-FE V型8気筒 4.7L DOHC 燃費:2.2km/h(この数値ではフル加速しても10分どころか5分でもガソリンタンクが空になるほど悪い。レーシングカー程。)

3代目 (2008年 -) URJ200型[編集]

トヨタ自動車とレキサツの車種の違いの問題が起こっていた中、3代目がついに登場した。ななななんと!!一目呆然としたその姿は、マドンナ!!?いや違う。デザインが大きくと変わったLXではないか!!変わったのはデザインでは無く、エンジンが悪燃費を誇るUZエンジンから世界が認めた高燃費を誇るURエンジンに変更した。トヨタ自動車はとうとうその問題を解消すべく、ポーツマス条約を発表したのだ。そのおかげで、世界でもその事は有名となり、車種の違いが原因となった事も解消され、町では市民が暴れて町を壊すことが一切激減したのだ。その後世界は平和となり、争いが無くなったという。 もちろん日本には販売どころかトイレもしていない。たまたま日本でLXを見たという人がいるが、それはレア車と認めておこう。

  • LX570:3UR-FE V型8気筒 DOHC 燃費40.2km/h (この数値ではトヨタ・アクア程である。)
  • LX7500:エンジン不明 気筒不明 燃費0.8km/h (あまりにも燃費がひどいがこちらは750馬力あり、タイヤがどぶやこえだめにハマってしまっても絶対ハマらないで進むいう幻のエンジンを搭載。排気量は名のとうり7500cc。)

連載項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・LX」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)