レクサス・RX

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・RXは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
「その方はお亡くなりになる予定だ」
ハリアー について、黎星刻
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・RX」の項目を執筆しています。

レクサス・RX(-アールエックス、学名:Rolls-Royce Across the Baker street De Ruth)は、トヨタ自動車が生産し、同社が展開している似非高級車ブランド「レキサツ」ブランドから販売されている高燃費車である。

3代目モデルからは、トヨタ・ハリアーは殺害され、海外モデルと同様に「レクサス」ブランドの「RX」として販売されるようになった。

概要[編集]

ヤリスセダンの乗り心地と快適性を兼ね備えた高燃費車」として開発され、1997年に発表された。しかし、RXのプラットホームはRAV4と同じプラットホームであるため、ちょっとサスペンションを固くして、長くして、メーカーの利益を上乗せしたRAV4と考えてよいだろう。「デザインが滑らか過ぎてウケが悪い高燃費車」の先駆的モデルであり、その商業的な大成功の後には、世界中のメーカーから数多くのコピー車が発売されている。また、2005年には、高級SUVとしては、世界ではじめてマブチモーターを併用するミニ四駆がラインナップに追加された車種でもある。

また、宇宙世紀0079には派生モデルであるRX-78-1や最終形態のRX-78-2、マグネットコーティングされたRX-78-3などが発売され(ちなみにRX-78-7まで確認されている。8は認定するか否か現在協議中)、ジオン軍は圧倒的不利な状況に立たされた。さすがは世界のトヨタだけある。

日本では、装備やエンジン構成を変更したコピー車を「トヨタ・ハリアー」レクサス・RXに追随して発売の販売。42台を売り上げる大成功をおさめた。2009年1月、海の外のモデルのフルモデルチェンジを期に国内にもレクサスRXが導入されたが、トヨタブランドからトヨタ「ハリアー」も1.3L(マツダ・13Bを搭載)]]モデル、マブチモーターモデルが販売されている。これは、売れなくなるのを恐れた上層部が少しでも利益を出してやろうと知恵を絞り尽くした結果である。

歴史[編集]

初代(1998年-2003年)[編集]

RXという名をつけただけのハリアー(2007年)

1998年3月の発売直後から、北米市場では爆発的な人気モデルとなった。その後5年間の販売台数は約37万台にも上り、ここに「高級クロスオーバー」という大きな市場が生まれ、各社が参入した。 トヨタ自動車九州工場で生産が開始された。搭載エンジンは3000cc、V6「1MZ-FE」。駆動方式は四輪駆動であり、北米市場ではFFモデルも設定された。FFのが若干燃費が良かったから。オートマチックトランスミッションのみの設定で、レジャーシート・本目パネル・7蓄音器のJBLのサウンドシステムなどが標準装備されていた。オプションではヴィッツと同じオーディオも設定されていた。

なお、品質信頼性は極めて低く、ハイゼットも鼻で笑うほどだったらしい。ちなみに、タレントで自動車愛好家の所ジョージが鼻で笑ったことでも有名。

2代目(2003年-2009年)[編集]

2004年ごろのRX フロント
同上 リア
2004年ごろはサブネーム「ランドクルーザープラド」のエンブレムもつけられていた。

2003年に発売。初期には3MZ-FE型V6 3302ccも搭載されていたが、あまりにも燃費が悪いことが原因で、もっと燃費が悪くなり、ユーザーの家計を圧迫し、利率の多いハイブリッドモデルを売りつけるために、3500cc(「2GR-FE」)を採用したため、名を「RX350」に変更した。四輪駆動(AWD, 4WD)と前輪駆動(FWD, FF)のモデルが設定されている。しかしながら、このようなボディタイプの車の2WDを買う人は、ちょっと残念な人々の象徴である。

「2003年9月からはトヨタ自動車九州とブリッジ生産、オンタリオ州ケンブリッジ(ブリッジ生産だけに(笑))TMMCでの九州とカナダのレクサス姉妹工場として生産が始まり、現在では後述のハイブリッドモデルを除く北米向けRXの7-8割程度を生産している。日本製カナダ製を基本とするレクサスになっている。」とあのくそまじめな辞典には書かれているが、「現在」というのは間違いなく誤りである。なぜなら、3代目が生まれたからだ。

なお、2004年モデルには写真のようにトヨタマークを装着した3ドアの「RX」が存在した。

ハイブリッドモデル[編集]

V6エンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッド仕様である「レクサスRX400h」が、北米では2005年4月、欧州とアジアでは2006年に発売された。 燃費の悪いRX350と違って燃費が良くカタログに掲載されるハイブリッドモデルは、実燃費が悪いことを知らない諸君にバカ売れ、生産が追い付かないとか追いつかないとか追い付かないとか。現在では、中国にあるトミカの工場も併用して生産している。(3代目)

3代目(2009年-)[編集]

どうみてもハリアーです。本当にありがとうございました。

2008年の東京モーターショーにて3代目RXのコンセプトカーである「LF-Xh」が発表され、同年11月19日にLAオートショーにて正式発表された。それをちょっと高須クリニックで成形して発売に至った。

本モデルの発売を機に日本市場でも「レクサス・IX」として販売される予定であることが2006年にトヨタ自動車から発表されていた。ぱっと見「9」と読めるが、ランエボとは一切関係はない。正しくは、Intelligent Cross(X)overというネーミングらしい。ようするに、ISのクロスオーバーとして、日産・スカイラインクロスオーバーに対抗するつもりだったのだろうが、あまりにも似ていなかったので、当時の社長:渡辺氏はRXで発売するように通達したというのは下水管の中での噂である。

ラインナップはガソリンエンジンの燃費悪し「RX350」とそのハイブリッドモデルの「RX450h」で両車ともにV型6気筒3,500ccエンジンのみを搭載し、「トヨタ・ハリアー」のような直列4気筒搭載のリーズナブルなモデルはラインナップされない、なぜかというと、マネーのない庶民どもにレキサツを買わせる道理はないと思ったからである。

RX350が搭載するV型6気筒エンジンは、セダンのISやGSそしてトヨタのクラウンアスリートなどに搭載されている315馬力の「2GR-FSE」型ではなく、280馬力の「2GR-FE」型が採用された、なぜかというと、クラウンとかと同じFRのプラットホームではなく、価格が安くすむ、「MCプラットホーム」を使っているからで、このプラットホームにエンジンを載せるときは、横向きに置くが前提となるのだ。

そして3代目RXの装備面の大きな特徴として、パソコンのマウスを無理やりボンド草から抽出されるボンドでインパネに設置、カーナビを操作できる「リモートタッチ」が25cm²おきに設置されているので、どこからでも操ることができるが、外にも付いているので通りすがりの人にも操作できる人にやさしいマシンとなっている。ほかにも、速度表示やナビなどの情報をフロントガラス下部(ダッシュボードの設置してあるところから、20cm下、従ってだれからも見ることができない。)に表示する「ヘッドアップディスプレイ」が挙げられる。

ハイブリッド車には「LEDヘッドランプ」や前述したヘッドアップディスプレイが標準装備となるほか、ハイブリッド専用デザインのフロントバンパーやボディカラー(クォーツホワイトクリスタルシャイン)が用意されるなど、ハイブリッドシステム以外でもガソリン車との装備の差別化が図られている。」 と記述されることがある。この文章が意味していることとは何か、「ハイブリッドは特別なデザインですよ」ということが分かる、いやそんなことはない。「価格を吊り上げることによって、庶民が買えない→センター長が微笑むプレミアム」といことが分かるに違いない。

グレード展開はこの先変わるかもしれないが変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないかもしれないし変わるかもしれないし変わらないから記述するのはよしておこう。

まとめ[編集]

グレードがめんどくさい。

現在のラインナップ[編集]

  • RX130 - マツダ・13Bを搭載。
  • RX001 - マブチモーターを搭載。
  • RX350 - 高燃費。
  • RX450h - 高速での燃費は検閲により削除
  • RX-78-1 - プロトタイプガンダム
  • RX-78-2 - ガンダム
  • RX-78-3 - G3ガンダム
  • RX-78-4 - ガンダム4号機
  • RX-78-5 - ガンダム5号機
  • RX-78-6 - ガンダム6号機
  • RX-78-7 - ガンダム7号機
  • RX-75? - ガンダムKMFバージョン(つまり、全高が低い)

車名の由来[編集]

「RX」は「Raritteru Crossover」(Crossover=交差を意味するX)に由来。まぁ、ようするにこの車はらりってる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


4370 large.jpg この「レクサス・RX」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)