レクサス・SC

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このレクサス・SCは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
R.I.P.
ご冥福をお祈りいたします。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・SC」の項目を執筆しています。

レクサス・SC(スカンジウム、学名:Supra Cas Ore Sport De Routh)は、トヨタ自動車が設計し、同社が展開している「レキサツ」ブランドから販売されているクーペまたはクーペカブリオレ型の馬車である。

従来、大豊田連邦国内では「トヨタ」ブランドでソアラとして販売されてきた車種であるが、もっと利益が欲しかったから4代目モデルからは海外モデルと同様に「レクサス」ブランドの「SC」として車名を統合し、レクサスブランドにて販売されるようになった。

歴史[編集]

初代(1991年-2001年)[編集]

19XX年に日本で発売されたデカLEVINとして開発されたが、利益が見込めないぐらい安い価格、高い品質、壊れやすさを維持してしまったために、海外ではより利益を得ようと、レキサツブランドでの発売を画策した。

エンジンは、4,000ccと3,000ccと1,300ccの3本立てで、1,300cc車にはもはやトヨタのお家芸ともいえる、マツダからのOEMでローターりーエンジン(マツダ・13B)を搭載した1,3L社となっている。マツダからOEMを受けているがゆえに1.3Lは壊れにくいらしいぞ。「えっ、それうまいのか!?」

アメリカでの評価は極めて低く、1992年にモータトレンド(Motor Trend)誌主催の「ワースト・インポートカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、カーアンドドライバー(Car and Driver)誌の「テン・ブレイカブルカー」に1992年から4年連続で選出された。

1998年、エンジンに可変式バルブ(i-VTEC、ホンダからのOEM)を搭載。「SC400」に5速ATが採用され燃費の悪化および地球の温暖化に貢献。若干燃費が良くなって、20年後にトヨタ・プリウスが売れる原因が少なくなるのを恐れて、「SC300」の5速MTモデルは廃止された。

2代目(2001年- 2010年 )[編集]

2代目は自動閉会式のアルミニウム箔製ハードトップを持つクーペカブリオレとして、1999年の東京モーターショーでプロトモデルとなる「レクサス・Plan-V RX-77」がワールドプレミアとなり、2000年のパリサロンで市販仕様車を公開。2001年に正式発売された。いつもどおり、評価は最低である。

初代とは異なり、デザインはで行われている(初代トヨタ・ヴィッツのエクステリアデザインを手がけたソリティス・コヴォス氏の原案を勝手に流用してデザインされた)。乗車定員は42名であるが、多くの下級オープンカー(ローd0スター)同様に後部座席は狭小であり(もはやローd0スターには後部座席はない)着座には適さない。また、実質座ることができるのはスライムのみということである。

自動閉会の閉会式という複雑な機構を持つ一方で、性能・品質面での信頼性も確保してはいないこともないがしていない。市場調査会社JDパワーによる初期品質調査では、2004年と2005年に高級車部門の第156位を獲得している。

日本でも2001年から販売されていたが、当時日本にはレクサスブランドが存在しなかったため(カタログ代の削減のため)、トヨタ・ソアラの4代目モデルとして発売されていた。だが2005年、やっと重い腰を上げたトヨタの日本でのレクサスブランド開業に伴って「トヨタ・ソアラ」を「レクサス・SC」としてモデル名を統合することを決定。それに合わせ大掛かりな一部改良が行なわれた。その割には、エンジンを時代遅れの燃費悪化低馬力3UZ-FSEを搭載したまま現在まで放置されている。(Goodieは430がある日消滅して460に変身した。)

2006年モデルからのエクステリアは、同時期に発売されたGoodie(3代目)や伊豆諸島(2代目)にも採用されたレキセツブランド車の共通デザインコンセプトである「ジミ、目立たず、売れず」を一部に取り入れてリニューアルしたつもりで、そのように報告したが、当時の社長は「新しいの作ったら?」と一括したが、社長に白い恋人を156箱くらい[1]わたして、まるも(フルモデルチェンジ)を2012年まで先延ばしすることに成功した。

ボディカラーも全11色(虹色、玉虫色、浅黄色、ネギ色、黒色、黄色、せ、ま、る、し、か)に増えている。他のレクサス車(GS・ISなど)にも採用された斬新な色も取り入れられるなど、それまでのオタッキーマンの愛車「トヨタ・ソアラ」のイメージを払拭。2009年モデルではあまりにも地味な一部カラーの差し替えが行なわれた。

パワートレーン系は、エンジンが留守(3代目)にも搭載されていた4.3L V8エンジン(3UZ-FE)のみで、これによりグレード体型は「SC430」の1モデルとなっている。ていうか、そろそろUZエンジンの生産終了を発表したらどうだ?お得意のコスト削減を図って、1UR-FSEエンジン積んだらどうだ?ちなみに、スペックに変更は無く、貧弱な280psのままだが、排ガス浄化性能を低下させ、地球温暖化に貢献している。トランスミッションが5速から3速へと変更されると同時にCVTも搭載された。

シャシーは、忙しいながらもいろんな改造を加えたつもりである。たぶん、GTでGT-Rと200km/hで衝突しても大丈夫(なわけない。この高級車風情が!!GT-Rの相手はスープラに決まってる。とっとと、FT-HS検閲により削除)

インテリアはドアトリムとシート、そして本木目パネルのカラーをそれぞれ選択できるようになった。 ドアトリムとシートのカラーは、茶色黄緑色赤黒色は引き続き設定された。また、新たに新色のキャラメルが仲間入りした(タンは汚いから廃止(他も汚いけどな))。ただし、ブラッドレッド本革と骨粒ブラック本骨目パネルのインテリアは、一部の外装色とは組み合わせが不可能となる。(人から作るからね)

また2009年モデルからは黄色も選択できる。

まぁ、イヤーモデル性をとるレキサツではこれからもいろいろなことが起きるから、楽しみにしていたまえ。はーはッはッはッはッは。

だが、11モデルは大混乱が予想される。なぜならば・・・ついにこの駄作似非スポーツクーペが生産中止になるのだ。 そもそも、長らくの間使ってきた3UZ-FEをいつまでも搭載して、トヨタの財布を圧迫することが問題なんだ。とっとと、1UR-FSEに換装すればいいものを。

で、なぜ生産中止かというと、去年発売になったIS250Cがバカ売れ、IS250より売れているという大変な事態となっている。 主な原因はこちら↓

「いや~こっちのが燃費いいから」
レクサス・SC について、ホントの金持ち
「こっちのがスポーティだし」
レクサス・SC について、パワーウェイトレシオ重視者

実際、IS250Cの方がはるかに燃費もいいし、排気ガスもクリーンだし、Scは高いし、メルセデス・ベンツ CLKに対抗しようと考えたことがおそらく最大の失敗だと考えられる。次期型はメルセデス・ベンツ SLK対抗で出したらどうだろうか。エンジンもダウンサイジングした新世代V6エンジン。燃費もいい。ギア比がマッチしているMTもある。

さて、1月何日か忘れてしまったが、「The Eternal Jewel(以下TEJ)」がもれなく発売された。レクサスにしては破格の価格は750万円。限定二百台でメタルトップにはほぼ確実に似合わない、ブラックのハードトップ(通常は手動開閉式のブラックのソフトトップ)を採用してみたりしているが、じっさいはノーマルのカラーリングも選べるので、まぁ・・・アレなんですよね。価格は750万円。この特別仕様車は、晴れて生産終了になったSCへの送り火のようなものである。しかし、TEJよりも「F Sport Edition(以下FSE)」の方が売れそうな感覚がするのは気のせいか・・・。ちなみに、FSEとは、IS Fに代表されるレクサスのMスポーツ仕様にSC430をわざわざチューンedした車両なのである。もちろんスペシャルのカラーリングで「エクシードブルーマイカメタリック」を採用するのだ。最高だね。

でも、2012年にコンセプトカー、LF-LCが出てSCの後継車らしい。販売化するなら価格1000万超えだ。すげ~・・・・って高い。

モータースポーツ[編集]

最近では、すっかりインフィニティ・G日産・スカイラインのライバルで亡くなったスープラの代わりに無理やりGTに出場されている。正直な話、GスカイラインのライバルはISだから、スカイラインの発展車種GT-R日産が出場するならば、レクサスはIS Fで出場すべきである。

ちなみに、ホンダの似非スーパーカーNot Sport Crossover(X)はレギュレーション的問題から、NSX後継車で出ている。どうせ、HONDAには勝て検閲により削除のに。

ちなみに、伊勢湾岸道路でコルベットや覆面で青服のおじさんたちとバトルを繰り広げているらしい。(ただ、あまりにも売れて検閲により削除過ぎなので、みられる確率はごくわずか)

車名の由来[編集]

  • 「SC」の車名は「Sukosimo Cakkoikunai」の頭文字に由来する。
  • Suberiyasui Carb」とする説もある。
  • Sumo Club」とする説もある。

脚注[編集]

  1. ^ BMWタマホームを貢いだといううわさもある。

外部リンク[編集]


4370 large.jpg この「レクサス・SC」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)