レシート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
こんな書類は不要である

レシート (英:Receipt) とは、顧客に返品・返金をさせないため企業が発行する取引証明書のことである。

概要[編集]

多くの企業にとって利益率は絶対の指標であり、利益を出せなければ商売として成立しない。そのため、資金が減って在庫が増える原因となる「返品」「返金」をなるべく起こさないように販売を行わねばならない。

一方、返品と返金をそもそも行わない店であった場合、顧客からサービスの悪い店として見られてしまい、結果的に客足が遠のいてしまうこともまた事実である。

つまり企業は「返品・返金を行う体制でありながら、自分たちが悪くないような何らかの原因によって、返品・返金を行わない」という一種のジレンマを抱えることになり、これを解決するための方法の1つがレシートの発行である。

工夫[編集]

多くの企業では、レシートと商品があれば返品・返金の対応を取ると明言しつつ、レシートを持たせないための多くの工夫を行っている。一般的によく知られている工夫としては「不要レシート入れ」の存在が挙げられる。

しかし実際はレシートの渡し方からすでに工夫がされており、意図的にレシートの上に小銭を乗せることを多くの店舗においてマニュアルで推奨している[不要出典]。一方で、少数の商品のみを購入した場合には小銭を先に渡して、手が出され続けた場合のみレシートを渡すような対応が取られている場合も存在する。

また、レシート内には支払い価格 (税込み価格) とそれに含まれている税価格 (内消費税等) を別に表示している場合が多いが、中には商品価格 (税抜き価格) と税価格を別に表示させている場合もあり、家計簿などにおいて複数のレシートを合算しなければならない場合に混乱を生じさせる仕組みとなっている。

さらに、多くのレシートは感熱紙と呼ばれる素材で発行されることが多く、摩擦に弱く、複数枚所持すると顕著に可読性が下がる。また感熱紙は水などを吸わないため用途に乏しい上に、湿気で書かれている内容が滲んで裏写りするためにメモ帳としての用途も限定される。

他にも、一部のレシートは「内容の半分以上が広告」といった悪質ともいえる手段で捨てさせるための努力が散見される。

用途[編集]

レシートの正しい用途としては、先述の通り返品・返金や家計簿用などが挙げられるが、他にも節税用としてのレシートの使用方法が知られている。これはより多くの財務的支出を諸経費として計上することによって、利益を少なく見せつつ業務外の生活費を節約するための方法として多くの自営業者によって行われている。

しかし、節税用としての書類として、レシートとは別に領収書というものがあり、購入内容が詳細に記入されているレシートより、購入内容を自由に変更可能で署名も行える領収書の方がより適材であり、また売る側にとっては何も不利益でないため、多くの企業がレシートとは別に領収書を発行している。

つまり、レシートは企業にとって返品・返金をさせない用の書類でしかない、ということである。

返品・返金をめったに行わない多くの顧客側にとってみれば、レシートはせいぜい家計簿の補助か、あぶらとり紙程度にしか使われない、残念な書類なのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「レシート」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。