レベリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
レベリウム(Levelium)
一般特性
名称, 記号, 番号 レベリウム, Lv, 71
分類 気体
族, 周期 15, 6
密度 5 g/cm3
無色
原子特性
原子量 180 amu
原子半径 206 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

レベリウムとは、ネオ元素の一種である。主にエクスペリウムから中性子崩壊で発生する。

概要[編集]

レベリウムの語源は、測る(level)と、生む(ium)が合わさった言葉であり、これを生物が摂取すると成長が早まり、体内に累積させることで総合的に強くなる。そのため生物の強さの単位として使われている。しかし体内累積量が100mol前後に達した場合、それ以上の摂取を体が受け付けないという現象が起きる。稀に、体内累積量が200molになるまで摂取できるという場合もあるという。魔界は例外。また、レベリウムやエクスペリウムの密度が奥地に行くと指数関数的に増加する世界では、生物がこれらに適用しており、レベリウムを数百万mol摂取してもまだ体が受け付けるという。逆に20molまでしか摂取できない場合もある。多くの電子玩具がこれを参考にして、敵を倒した時にレベリウム及びエクスペリウムが摂取できるようになっているが、これによりレベリウムに悪い印象を与えてしまっている。これにより、現実でレベリウムが大量に蓄積されていると、重大な罪を犯したとし、サイアクな めに あわされるかもしれない。

生物への影響[編集]

摂取した生物は強くなる。通常、戦う生物は体内にレベリウムが1mol以上あるという。なお、1molに満たないレベリウムはエクスペリウムとして残る。レベリウムを多量摂取した場合、体内の圧力が高くなり、いろいろあって体が固くなり、周囲からの攻撃から身を守ることができる(これは防御力やDefなどと表され、数値化される)。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

人間への影響[編集]

戦わない人間は基本的には1molのレベリウムを体内に保有しており、増減することはない。なお、戦いに参加する人間に関しては、通常は100molまで体内に蓄積できる。やはり、1molに満たない場合はエクスペリウムとして残る。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ポケモンへの影響[編集]

  • ある一定量のレベリウムを摂取すると、進化する。
    • しかし、中には別の物質を摂取しないと進化しないポケモンもいる。なお、その物質は結晶で発見される。
  • 合法的な手段を利用して、255molまで摂取させることができる。ただし、それ以上摂取させようとすると何らかの原因で体内のレベリウムがすべて消滅し、100molまでしか摂取できなくなる。

摂取方法[編集]

エクスペリウムを摂取する[編集]

エクスペリウムは一定量摂取すると中性子崩壊してレベリウムになる。エクスペリウムを摂取するためには、モンスター を倒したり、他人からの依頼をこなすといいだろう。

ふしぎなアメを食べる[編集]

このアメは、もともとポケモンに食べさせるための普通の飴であった。しかしある日、何故かこれを食べたポケモンが強くなるという事件が発生、調査の結果何故かエクスペリウムが混入していたことが明らかになった。その後、エクスペリウムを配合した飴を普通の飴とは別に製造し、ふしぎなアメという商品名で発売。なお、この飴は海外から輸入するため、基本的には金持ちのトレーナーが持っている。

化合物[編集]

レベリウム化テトリシン(LvxTe4)[編集]

この物質のxが大きくなるほど、重力の影響を受けやすくなる。なお、xは最大で20まで上がる。

レベリウム化プヨン(LvxPp2,LvxPp3,LvxPp4)[編集]

レベリウム化テトリシンと同様、この物質のxが大きくなるほど、重力の影響を受けやすくなる。なお、xは最大で99まで上がる。

注意[編集]

同じ略称を持つリバモリウムは摂取しても何も起きないので注意が必要である。また、レベリウムとは違い放射性物質であるので非常に注意すること。

関連項目[編集]


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
レベリウムの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)