ロックマンX8

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

「これはおもしろい!」 ※公式のパッケージ裏


これ  おもしろい!

   は!

…もうちょい言い方ってもんがあるだろがぃ…(涙)


ロックマンX8は、カプコンから発売されたロックマンXシリーズのおもしろい8作目。長年、エックスに粘着し、ラスボスの威厳を(形式上だけでも)保ってきたシグマがその玉座から蹴落とされた作品である。
エンディングでアクセルによる伏線があったものの、その後一向に続編が出る気配はない。ラスボスの座を蹴落とされたシグマの祟りの所為だと言われている。

旧世代と新世代の移り変わりがテーマの一つで、人気が斜陽となっているXシリーズのファン達には色々と思うところのあるテーマである。
そんな今回のテーマに、ファン達は「旧世代どころか新世代のロックマンすら最近新作でねぇじゃねえか!どうなってんだバカヤロウ!」…等の、思い思いの気持ちをはせているとかいないとか。

また機動戦士ガンダム00パクリ元の一つとして有名。

開発までの経緯[編集]

X5~7で盛大にコケた(ゲフンゲフン 新たな挑戦をたくさん試みたために、従来のXシリーズの良さを失った所が多かった前作「X7」からカプコンは何がいけなかったのかを模索し
思案の果てにやはりロックマンXシリーズの本質は2Dだという結論に至り、グラフィックは3Dのままにゲーム性を2Dにすることが大事だと結論付け、大胆にも前作X7から方向性を大幅転換。
原点回帰かつ3Dの要素にも真っ向から向き合う、新生ロックマンXを開発した。そして、おもしろくなかったらしいX7のゲーム性をゴミ箱に捨てた。

概要[編集]

おなじみのエックスとゼロ、そして前作X7から参入したアクセルの内、二人を選択し、操作してステージを攻略する。
ステージ攻略中L2ボタンで相方と交代が可能であり、拘束系の攻撃を受けている時に交代ボタンを押すと相方が助けて 拘束を断ち切ってくれる。このシステムは┌(┌^o^)┐による妄想のオカズとなった。
また、オペ娘の登場によって主人公3人組との正統派な組み合わせへの可能性の提示、且つキマシタワーへの発展の可能性も生み出したので、既存のXシリーズの中でもよりカスタマイズ性の高い作品へと仕上がっている。
今作のアクセルの操作性はX7の操作性を踏襲しつつ2D用に改良され、ゼロとアクセルの武器システム等はX7のシステムを受け継ぎ改善したものである。ただの黒歴史ではないのだよ!
VAVAがX3から長いブランクを得て再登場。以前登場した時の名前がVAVA-Mk2だったので、Mk3かと思いきや何故かVAVA V(ペンテ・五番目)という名称。我々の知らないところでMk3とMk4は倒されていたらしい。
本作からオペレーターが二人増員され、エイリア、レイヤー、パレットの三人体制となった。エイリアは「オペ子は三人もいらねえんだよ」と内心どす黒い感情を沸騰させており、今にも他の二人をスクラップにしてしまいそうだが
空気長官シグナスが上手い事その場の空気を読んで、彼女達の間をうまく取り持っているらしい。

ストーリー[編集]

軌道エレベーターでトラック転けたら中からシグマが一杯出てきた。開幕終了のお知らせ。だがそのシグマ軍団は、ただの「コピーボディ」であって何の問題も無いと、軌道エレベーター「ヤコブ」の管理者ルミネは語る。
それからちょいとしてから、なんかルミネが誘拐される。どうやら裏でいつもの通りシグマが糸を引いてるらしい。…人類やレプリロイドの「宇宙移住計画」の生命線と言っていい「ヤコブ」の管理者をさらわれるのはいろいろとマズイ。
戦えエックス!頑張れゼロ!負けるなアクセル!人類やレプリロイドの未来は君たちの正義と勇気に託されているのだ!!
(要約)
軌道エレベーターの管理者さらわれたから、8ボスとシグマ倒して助けよう。

登場人物[編集]

エックス
頑固一徹主人公。よく言ってる気がする「お前のやってることはイレギュラーだ!」は、そのうち自分に跳ね返ってくるフラグびんびん。パンツはブリーフ派。
ゼロ
シリーズ通してのヒーロー。今回は死ぬ死ぬ詐欺無し。お弁当を作るのが得意だが、今作では早起きして作ってくれるイベントなんてないので、エックスはちょっぴり寂しそうである。やはりパンツはブリーフ派。
アクセル
X7で出てきた新世代の3人目。前作ほどウザイ言動は見られなくなったが、相変わらず軽佻浮薄である。一部では髪型が「頭からウンコはやしてるように見える」との定評がある。
シグナス
空気長官。インターミッション時にしか姿を見せない上、声がブライトさんから知っとこ!世界の朝ごはんの男性吹き替えに変更された。
オペ子三人娘
特定の条件を満たすとプレイヤーキャラとして使用可能。おにゃのこを動かせる幸せ。オペレーターだが、エックス達と同等の戦闘能力を見せ付けてくれる。それ故、オペレートを無視し続けると裏でシバかれると専らの噂。
エイリア
前作から引き続きオペレーターを務める。実は最近髪を下ろしたので綺麗になった。他のオペ娘が登場しおにゃのこ成分を独占できなくなって焦っているらしい
レイヤー
ゼロに想いを寄せるオペレーター。巨乳要員。ゼロと同じくシグマブレードを装備できるためオペ娘なのに普通に強い。
パレット
隠し通路などの発見に長けた可愛いオペレーター。ロリ要員。かわいい。おで娘。可愛い。
VAVA
誰だっけお前といわれてもしょうがないほど忘れられていたキャラ。X3ぶりでおそらくマックより知名度が低い。色々バグってる。
なんか出てきたが、ストーリー的にさほど重要でも無い。なんなんだお前。一応ルミネさらったのはコイツ。
ルミネ
冒頭のオープニングシーンでVAVAにさらわれる。中性的な容姿であり、またCVも女性声優であることからおにゃのこか?(名前もアレだし)と期待が寄せられたが
エイリアが「彼」と言った事により実は男だと判明した。ラスボスだったことよりもおにゃのこでなかった事の方がプレイヤーにとってはショックなネタバレであった。
シグマ
「いつまでもシグマがラスボスだからファンが皆飽きて離れていってしまった」という結論に辿り着いたカプコンが、シグマをラスボスの座から引き摺り下ろすことを決定した。
ラスボス降格御愁傷様です^^ …悲しくなんてないんだからね・゜・(ノД`)・゜・
でも、その分見た目はかっこよくなったよ。やったね。
ただし、2周目でゼロに武器をコピーされた。
カットマン
ロックマンの兄弟機であり、最大のライバルでもある。主役に抜擢された過去を持つ実力者。あまりの強さの為今回は隠しキャラである。


偉大なる8ボス[編集]

オプティック・サンフラワード
ひまわり。頭が良すぎて逆にキチ○イになった。(このゲームの登場人物全員そうだが)ステージ含めて、いろいろとX4のオカマに近似している気がする。
ダークネイド・カマキール
かまきり。光を当てられると恥ずかしくてたまらないらしい。
グラビテイト・アントニオン
あり。頭はいいらしいが重度の中二病患者(このゲームの登場人物全員そうだが)。
アースロック・トリロビッチ
さんよーちゅう。らしい。でもゴキにしか見えません。ノーナシどもがー
ギガボルト・ドクラーゲン
くらげ。お願いします逃げないでください。英語が堪能な幼児。
アイスノー・イエティンガー
ゆきだるま。厳密には雪男らしい。でも超ゆきだるまチックなデザイン。
バーン・コケコッカー
やきとり。名前が酷いが、味があって結構好きという声も。高血圧でマゾヒストである。
バンブー・パンデモニウム
ぱんだ。欝豆しば。「世界が滅びたがっている」とかいってくる。ここまでイラっとするパンダキャラは他のゲームにいるのだろうか。

ステージ[編集]

ノアズパーク
最初のステージ。プレイしてると無性に蟹が食べたくなる。オペレート機能をOFFに出来ないため、エイリアのウザイオペレートを何度も聞かされる事に…おや誰か来た様だ。
トロイア・ベース
雑魚キャラのマメQが執念を見せるステージ。千変万化の戦術で襲い掛かってくるマメQをいかに迅速に、かつスタイリッシュに虐殺できたかで次の部屋の難易度が変わる。ボスがコロニーレーザーを発射してくる。
プリム・ローズ
画面酔い必定のステージ。しかもパズル性が高く迷い易い。ピンチの時はVAVAの助けを借りよう。
ピッチ・ブラック
アクセルの変装を見抜けずロックを解除してしまったり、敵が間近に来てから慌てて臨戦態勢を整えるなど、警備レプリロイドの間抜けっぷりが垣間見えるステージ。
ダイナスティ
ひたすらクラゲを追いかけるシューティングゲームさながらのステージ。制限時間内にクラゲを撃墜しないとゲームオーバーとなる。慣れない内はクラゲに追いつくのも一苦労、しかしなれるとアッサリクリアできすぎて退屈という、どうしようもなくやり応えのないステージである。しかもプレイ中クラゲの耳障りな奇声を延々と聞かされ、精神面にも悪い。
ドロップ・デッド
火山の最下層を目指し、降りていくだけのステージ。しかし画面外に落下するとミスとなる。一体どういうことなのだろうか。
セントラル・ホワイト
乗り物ステージ。ライドチェイサーに乗った敵が邪魔してきてSランクを妨げまくる。
メタル・バレー
レアメタルの採掘場。ポンコツロボットとの追いかけっこがステージの大半を占める。
ブースターズ・フォレスト
深い森のステージ。ボスまでライドアーマーを持っていければ楽。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ストーリーの分岐[編集]

EASYストーリー
この時だけオンボロ戦士がラスボスとなる。
NORMALストーリー
オンボロ戦士の後に悪の道を歩んだルミネと戦うことになる。
ルミネ第二形態のバリアはレイヤーのレイヤーレイピアではがせる。
HARDストーリー
オンボロ戦士のミラージュクローに捕まって、助けてもらうハメになる。やはり悪の道を歩んだルミネと戦う。


Airman.gif おいおい、この「ロックマンX8」は俺の竜巻で壊れちまうぜ。おい、あなた、ここの強度を上げておいてくれよ。トレーニングしなきゃパワーアップしたロックマンに倒されちまう。 (Portal:スタブ)