ロボコップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロボコップ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ロボコップ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ロボコップ」の記事を執筆しています。

ロボコップ(英:Robocup)とは、1987年に公開されたアメリカ映画及びその主人公の名前である。

未来を印象した、ロボコップのロゴ。


概要[編集]

1980年代後半、日本から来たトランスフォーマーシリーズがスマッシュヒットとなったことによりアメリカでは「日用品から変形するロボット」がブームとなっていた[要出典]。そんな中でアメリカでは普遍的なヒットコンテンツである「警官モノ」と組み合わせることで、更なる人気を狙ったのが本作品である。

何処の家庭にもある普通のコップが「隠密任務用小型変形ロボット」として改造され自我を持つ所から物語が始まり、当初は警察署を中心にして行動していく。その中で「変形すると飲み物が溢れてしまう」という欠陥から自己の存在について悩んだり、「普通のコップ」に擬態する自分に違和感を抱いたりしながらも、一人前の「警官」として町の悪に(小さいながらも)立ち向かうアクションSFコメディとなっている。

制作[編集]

公開当時に販売された「1/1スケール変形ロボコップ」の玩具。

本作品の脚本家は日本文化…というより日本のサブカルチャーマニアであり、ブームの発端となったトランスフォーマーシリーズのコンベンションにも参加する行動派オタクとして知られている。だからこそ、脚本においては「トランスフォーマーのような壮大な物語にはしない[1]」ということを心掛け徹底的に「日常に紛れ込んだ、コップ型ロボット」という点を強く意識して描いている。

撮影は、当時まだ珍しかったCG合成が豊富に使われている。が、実写映像と質感が異なる事を考慮し日本のオモチャメーカーからの技術供与を受けて「1/1スケール変形ロボコップ」を使ったコマ撮り映像も同時に使用されているのが特徴である。また1988年に作成されたアニメ版[2]でもOPやEDでこのコマ撮り映像が流用されている。

脚注[編集]

  1. ^ トランスフォーマーシリーズは、高次次元まで巻き込んだ異常なまでに壮大な世界観で知られている。
  2. ^ 日本では未公開に終わっている。

関連項目[編集]

ロボコップは、赤ちゃんのお食事の際も大活躍!