ロマンシング サガ -ミンストレルソング-

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ロマンシング サガ -ミンストレルソング-とは、1990年代に流行した、人を殺すことに対する罪悪感を喪失させるためのプログラムを正反対の効果になるようにリメイクしたものである。

概説[編集]

  • 被験者はプログラムの内容を知らずに参加する。友人に誘われる者、自主的に行う者など様々である。
  • 以前のプログラムと異なり、依頼人のフレイムタイラント氏が格段に懐の広い紳士となっているため、彼の期待に答えたいと思ったプログラム参加者は数知れない。
  • 最も実験に対する反応が高かったのは、意外にも中年男性であった。
  • このプログラムは以前の実験参加者はデジャヴ、パブロフ現象の影響を受けて選択が偏ると思われるが、前回の実験に参加していない者でも、次の選択肢を必ずと言っていいほど選ぶことになるだろう。

実際のプログラム実行手順[編集]

「あんたがアイスソードを手に入れたって話を聞いたんだが…」
ガラハド「ああ。念願かなって、やっと手に入れたよ。これで神々にさらなる奉仕が出来る。」
選択肢
ガラハドに事情を説明する
手っ取り早く 奪い取る
「駄目だ。これだけはいくら積まれても譲れない。」
選択肢
力ずくで奪う!
今は、あきらめる。
吹雪

影響[編集]

  • これにより、人を殺しても、簡単に目的の物を手に入れることができるのは、強い者だけだということを覚える。
  • しかし、自分を強い者だと思い込んでる若者が大多数だったので、結局、オリジナルのプログラムと同じ効果を発揮してしまった。

熱情の律動[編集]

  • 「ヘエーエ エーエエエー エーエエー ウーウォーオオオォー ララララ ラァーアーアーアー」と読む。
  • 「ねつじょうのリズム」「ねつじょうのりつどう」は部分点。「じょうねつのりつどう」は0点。
  • 「サガ」プログラムに数年振りに復帰したイトケンが余りにも実力を発揮してしまった名曲。

関連項目[編集]

この項目「ロマンシング サガ -ミンストレルソング-」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)