ロマン派

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ロマン派(クチマンハ)は、口でご奉仕する信奉主義音楽を指す。エロス主義のスクリャービンビンや、発射主義のドビュッ! シー、巨大な作品に努めたデカマーラー、ピアノの鍵盤を弾くが如き技巧で男達のイチモツを震撼させたテコキノスペシャ・リスト、斬新なプレイ♂を産みだした♂カリック・サティなどに代表されるゲイ術♂家達の(性的な意味で)貢献によってハッテン♂した。「ろまん」と読むのは間違いであると、0721年出版の初潮社「現代新広辞苑」に記載されている。

区分[編集]

いつからいつまでが口マン派の時代であるかについては未だ判然としない部分があるが、専門家達、研究家の間では、1841年から1919年までの間であるという見解で概ね一致している。末期には第一次世界大戦が勃発♂し、人々の興味の対象がエロから戦争に推移してしまったせいもあって、勢いは尻すぼみになってしまった。

特徴[編集]

バ口ック(バカでかい口にファックの略)音楽の情緒性♂を更に高め、幻想性と卑猥さを徹底的に追及しているのが最大の特徴♂である。現実からの遊離♂をテーマにした音楽作品が多く、上流階級の人々にオナニーのオカズとして愛用された。またロマン派の音楽に併せて御奉仕してくれるメイドや、オペラで手コキ足コキを見せてくれる役者♂など、専門の職業を多く生み出したことでも知られる。

多士済々[編集]

冒頭で解説した人物以外にも、三話からなるAVビデオ「夜のガスパアッール」で有名なマラヴェル、ガチムチ好き(実話)にして美貌主義の短小棒(タン・ショパン、中国人とヨーロッパ人のハーフ)、対照的に弱い男性が好みのカリコフスキーホモダチの多かった美男子メンデルッスゾーン、アメリカンな後期口マン主義のシコルザーグヒトラーを始め多くの男たちに愛された♂ヒワイグナー、多くの屈強な男たちをも唸らせた激しさと超絶技巧のアナルカン、ドイツ三大Gの一人であるムラムラームスなど、音楽史に名を刻むそうそうたる人物を口マン派の時代は輩出♂した。まさしくクルルァシック音楽における黄金時代であったと言えよう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロマン派」の項目を執筆しています。