ローランド・ラッツェンバーガー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ローランド・ラッツェンバーガー」の項目を執筆しています。

ローランド・ラッツェンバーガー(Roland Ratzenberger 1960年7月4日 - 1994年4月30日)はオーストリア出身のハンバーガーショップ経営者。副業としてF1ドライバーも勤めていたほか、ピアノの腕もプロ級だったという。

来歴[編集]

ラッツェンバーガーは5歳の時にレース観戦。それがきっかけでレーシングドライバーになることを決意したという。

しばらくして、父が勝手に願書を出していつの間にか入学していることになっていた無名の大学を中退してレース活動を開始した。その時、父と大喧嘩をしたという(どれだけ唾が飛んだんだろうか)。

F1[編集]

1994年に志村技術という意味のわからないチームから「チミは最初の5戦だけ走れ」と序盤5戦だけの契約を結んだ。

開幕のブラジルGPでは無策のまま臨みあっけなく予選落ち。しかし、第2戦ではチームの怪しい技術力によりコースに設置した仕掛けのおかげで首尾よく予選を突破すると、決勝でも神がかった(ように見える)走りを見せ11位で初完走。

運命の予選[編集]

第3戦のサンマリノGPの予選2日目のタイムアタックの途中、ラッツェンバーガーのマシンはチームが仕掛けた罠を踏んでしまいコースアウト。

不可解な形でコースアウトしたことから他のチームに仕掛けがばれてしまい、ピットに戻りづらくなったため「俺はピットには戻らない!未来に戻るんだ!」という中二病的な発言とともに、そのまま予選を続行した。これが運命を分けることになる。

次の周を走行中、ビルヌーブコーナーで突如マシンの先っぽに設置していた仕掛けが作動。ラッツェンバーガーのマシンは物理法則を無視した挙動の後、約200khyde/h(310km/h)で壁に激突。

ラッツェンバーガーはすぐに病院に搬送され、首は司馬懿のように180度回るようになっただけだったが、内臓が破裂していたため残念ながら33歳の若さでこの世を去った。ほぼ即死だったそうな。

翌日の悲劇[編集]

ラッツェンバーガーの死の翌日にはアイルトン・セナがタンブレロでコースアウト、壁に衝突して死亡した。セナが病院に搬送された後、乗っていたマシンのコクピットの中にはオーストリアの国旗のようなものがあった。

当時の所属チーム・ウィリアムズF1にいたある人物は、実は上部の赤い色は検閲により削除の血、下部の赤い色はラッツェンバーガーの血で染められており、もしトップチェッカーを切った場合はラッツェンバーガーのためにオーストリア国旗として掲げるつもりだったと語っている。

その後、真ん中の白い部分がセナの血で赤く染められた「オーストリア国旗」の行方は誰も知らない。

ラッツェンバーガーのその後[編集]

サンマリノGPの次に行われたモナコグランプリでは、トップグリッドが空けられ、セナを悼むブラジル国旗と、ラッツェンバーガーを悼むオーストリア国旗がペイントされた。

ラッツェンバーガーの葬儀は1994年の5月7日にザルツブルグで行われた。多くのF1関係者はセナの葬儀に参列したが、FIA会長のマックス・モズレーはラッツェンバーガーの葬儀に参列した。

ラッツェンバーガーの死は、絶対に忘れてはならないことだが、翌日にこの世を去ったセナの陰に完全に隠れてしまっている。


ビブ君.png この項目「 ローランド・ラッツェンバーガー 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)