ローレンツ収縮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ローレンツ変換から転送)
移動先: 案内検索

ローレンツ収縮( - しゅうしゅく)とは、観測者に対して対象が光速に近い速度で動いているときに、観測者からは対象が短くなったように見え、また対象の内部では時間の進みが遅くなるように見える現象である。相対性理論から導かれる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ローレンツ収縮」の項目を執筆しています。

セッぴーにおけるローレンツ収縮[編集]

の棒を、の穴に、入れたり出したりする。が速く動かすと、では時間の経過が遅くなる。したがって、から見ると、持久力が向上したように見える。

しかし速く動かすことで、棒の長さは、から見ると短くなってしまう。また、から見ると、の穴が浅くなったように見えるため、奥まで挿入することができなくなる。[1]

このように、一方で得をしたように見えても、他方では損をするという仕組みは、物理学において仕事の原理として一般化されている。

なお、が動く場合、から見ると棒が短く見える上、持久力も低下してしまうため、おすすめできない。

アンサイクロペディアにおけるローレンツ収縮[編集]

アンサイクロペディアに記事を書くとき、光速に近い速さで執筆すると、文章が短くなることが知られている。これもローレンツ収縮によるものである。執筆者本人には記事は長く見えており、むしろ他のページが短く見えるのでタチが悪い。この場合は、相互に静止した場所[2]に移動することが望ましい。

脚注[編集]

  1. ^ 実際には、往復運動では定期的に速度がゼロになるため、長さが短くなることはないと考えられる。
  2. ^ ノートで合意を形成してくださいがよく使われる。

関連項目[編集]


Alberteinsteintongue.jpg ローレンツ収縮は執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっていますもっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)