ワイパーブレード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事はフィクションです。
実在の人物、団体、企業、ワイパーブレードとは一切関係ありません。

ワイパーブレード(英:Wiper blade)とは、刀剣の一種で対雨粒用の装備であり、その必要性の高さから世界中に広く普及している。

概要[編集]

空から降ってきた雨粒の一粒一粒を一刀両断できる性能がある。

通常は片刃で反りもあり、"突く"動作よりも"切る"動作に重点が置かれた構造となっている。

その性能の高さ故に世界的に必需品扱いされており、特許の取得などもある。

構造[編集]

複雑そうで単純な構造

「折れず、曲がらず、良く斬れる」の3要素を高いバランスで実現させるため、複数の素材を組み合わせた複雑な構成となっている場合が多い[1][2]

刃金(はのかね)[編集]

安価なワイパーブレードでも刃金には"グラファイト"を使っており、世界一硬いとされる「ダイヤモンド」と同じ炭素原子を用いている。

それでいて鉛筆の書き味のような滑らかさも兼ね備えており、雨粒などはひとたまりもない。

側金(がわがね)[編集]

刃金を両側から支え、さらに強度を与える役割を持っている。刃金と密着しているが接着はされていないという特殊な位置関係にある。

それでいて刃金がある程度反る事が出来るように柔軟性もある程度兼ね備えている。

棟(むね)[編集]

ワイパーブレード全体を保持する役割を持っている。雨粒を薙ぎ払うために最適な反りの角度をブレードに与えるという極めて重要な役割を背負っている。

最適なブレードの反り角度は状況に応じて刻一刻と変わるため、角度は固定出来ず可変式とする必要があり、どの角度が最強かはその時に応じてトーナメント方式で優勝したものに決定され、優勝した反り角度がブレードに与えられるという、非常に手間の掛かる方式が一般的に採用されており、運営費用がバカにならないためコスト削減を叫ぶ声もあり、他の方式が検討される事もある。

流派[編集]

フロントに二本の「二刀流」が乗用車では一般的。リアにもう一本装備した「三刀流」もある。コスト削減するとフロントに一本のみの「一刀流」になる。

他のはたらくくるま飛行機新幹線戦艦の艦橋などにも普及している。

その他の構造[編集]

部品点数の多さ故に取り扱いが難しいという声があり、部品点数を抑えたタイプも登場しているが、分子構造が複雑になるため製造が難航するという欠点がある。

他の要素[編集]

ワイパーアーム
ワイパーブレードを扱う事に特化した、それ専用の腕。刀線刃筋を通すためにこちらも最適な角度でワイパーブレードを保持しつつ円弧を描く必要がある他、太刀筋が美しく見えるかどうか、という評価ポイントもあるため、腕の見せ所である。
ワイパーモーター
ワイパーアームを動かすためのアクチュエーター、動力源。結構力が強く、電動自動車の走行用モーターになったりする事もある。

ギャラリー[編集]

一刀流[編集]

二刀流[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "日本刀#日本刀の製法". ウィキペディア (2008年5月18日). 2018年10月17日閲覧。
  2. ^ 出典が古いのは「古来より伝わってきた」というイメージを出すためなのです。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ワイパー」の項目を執筆しています。
Aku.jpg おい、こら、待ちなさい。おまえ、切れ味のいいネタを隠し持っているな。今ここで出せば見逃してやろう。
まったく、こういう者がいるから秀逸な記事が増えんのだ。 (Portal:スタブ)