ヴァルトピーナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴァルトピーナ」の項目を執筆しています。

ヴァルトピーナ(Valtopina)と聞いて、コムーネの一つだと解るヤツは、間違いなくオタクである[不要出典]

概要[編集]

ウンブリア(Umbria)州ペルージャ(Provincia di Perugia)県に属する。人口1,454名との事だが、それがいつの時点での話であるかは不明である。かつてはいたのかも知れないし、今はいないかも知れない。また、一説によると、1,454という数字はを含めたものであると言われている。また、時の権力者が犬派か猫派か、あるいは広い心の持ち主であるか、によってカウント基準が変わるため、結局のところウィキペディアの示している1,454名という人口は、あまり信用しない方が身のためなのである。

ちなみに、現在の首長(Sindaco)であるジュゼフ・マリウッティ(Giuseppe Mariucci:2002年05月26日、クーデターにより政権奪取)氏はねこちゃん派であるという情報が寄せられており、猫派およびぬこ派は期待と不安の、犬派は恐怖と絶望の日々を送っている模様。

産業[編集]

手工業都市として知られる[要出典]ヴァルトピーナの、中でも特筆すべき主要産業である彫刻(でもでも象牙でも、何でもござれ!)は、イタリア全国に定評がある(と彼らは思っている)。ヴァルトピーナ土産として有名な聖ベマルディーノ(San Bernardino)グッズ(彫像、ブローチ、ペンダント等)は子供からお年寄りまで絶大な人気を誇り、その売り上げは商業収益の約64.88%にもなる。また、あまり知られていないが、象牙の麻雀牌を手にする機会があったら、その原産国を確認してみることをお勧めする。その牌が幸運にも「メイドinイタリー」であった場合、その産地は間違いなくここヴァルトピーナである。

生活[編集]

イタリア全般に言える事であるが、決して彼らイタリア人は朝昼晩(および間食)すべてパスタばかり食べて生きている訳でもなければ、四六時中を語ったり、サッカーに命をかけている訳でもない事を、日本人は強く認識すべきことを、彼らの18%は願っている(残り81%はどうでもいいと思っている)。

治安[編集]

お察しの通り、あまり治安はよくないものの、そんなのはイタリア全土どこへ行こうとそんなに違いもない(シチリアを除く)ので、誰も気にしない。ちなみに、大きくなったらなりたい職業ランキング第1位がマフィアのボス(男子)、その愛人(女子)というアンケート結果(2005年実施、同コムーネ教育委員会による)が出た事は、ここだけの秘密とされている(その証拠に、ウィキペディアにこんな事は書いていない)。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]