ヴァンツァー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヴァンツァーとは防衛省陸上幕僚監部の極秘作戦計画「前線計画」(秘匿名称フロントミッション)にて投入が計画されている戦闘兵器であり、陸上自衛隊(愛称:日防軍)に配備されている兵器(区分:多目的換装能力保持型特殊歩行戦車)。なお、計画名が全然秘匿になっていない点についてはお察し下さい

概要[編集]

フロントミッションにおいて、指揮官及び兵士が乗る戦闘メカであり、S・E社の系列会社が悪乗りで陸上自衛隊に納品しそのまま正式採用した兵器(区分として多目的換装能力保持型特殊歩行戦車と言う長ったらしい区分名である。) 性能面でも戦車よりも耐久性、火力(携行武装によって変わるが)、機動性、操縦性そして安全性が高くまた、別の機体のパーツをそのまま使えるパーツ規格によりカスタマイズ性も高いのである。

性能面1[編集]

さて、概要でも言ったと思うが、実際、普通の戦車が相手なら戦車涙目の性能(火力は携行する装備によって変わるが)ではあるが士魂号人型戦車相手では若干不利の戦闘になりやすい(実際、ヴァンツァー1個小隊では士魂号人型戦車1機を相手に2機大破寸前、3機中破してやっと士魂号人型戦車1機を撃破というミシュレート結果が出ている。しかし量産型士魂号人型戦車と後年試験戦闘を行った際3戦2敗1勝という結果でパイロットの質如何では互角以上に立ちまわれることもあると証明している。最も模擬戦における最悪の記録は芝村厚志竜師及び芝村舞準竜師の乗る士魂号複座突撃仕様にミサイル攻撃及びショウロウシュなる攻撃で1個中隊が消されたこともあるのだが…)

また怪獣相手でも何とか戦えるレベルである。

性能面2[編集]

ん?じゃあもっと詳しい説明は?OK!OK!やってやろうじゃん!

換装システム[編集]

胴体・右腕・左腕・脚部の4つに分割されたパーツを自分好みで換装できる。 ちなみに胴体を除く3つが破壊されるとダルマと言われるもっともみっともない状態になる。 胴体と脚部があれば体当たりで特攻可能。ただし、自分にもダメージ来るから残り体力がない時にやると・・・泣けるぜ・・・

ちなみに脚部には、歩行(2脚、4脚含む)、車両(タイヤ型とキャタピラ型)、フロートの3種類あるので自分好みの脚部を探せぇぇぇい!!

腕パーツも基本腕(携行火器が持てます)と武器腕(撃ちまくり!!)の2種類しかないが数が多い!!え?お勧め?自分で探しなさい。

ん?もうネタ切れ?いいえケフィア(まだあります)です。 専用のバックパックにより支援が可能。 あと、ヘリとか輸送機とかから空挺降下しても(輸送機の場合はパラシュート使わなきゃ中の人ごとひよこ閣下にお説教ざただけどね)ダイジョーブ!

ヴァンツァー用の火器[編集]

  • 格闘武器:機体の手(マピュレーター)で殴ったり、ロッドと呼ばれる鈍器で殴ったりパイルバンカー(とっつき)で中の人ごとぶっさしたりと意外とかっこいい(?)
  • 機関銃:マシンガンとかがこれに当てはまる以上!
  • ショットガン:散弾を撃ちまくる火器。近くで打たないと弾が拡散しきってしまい、威力が減退するため、格闘武器と同レンジぐらいで使わなきゃいけなくなる、なぜか敵機に衝撃を与える(散弾のせい?)。
  • ライフル:狙撃などに使われる。両腕で持たないと狙いが定まらない。
  • バズーカ:両腕で扱う武器の一つ弾がそれても爆発による爆風で追加タメージが期待できる弾がでかいため命中時に与える衝撃は強い。
  • 火炎放射機:近距離用の武器で(出力調整で遠距離にも打てるが、味方にもあたる可能性を考慮して近距離で放つのが推奨される)その名の通り火炎で敵を燃やして消毒する。
  • 光学兵器:ライフルタイプの火器。もっぱら狙撃用、いやなやつに向けて発砲せよ。。
  • ミサイルランチャー:ヴァンツァーの肩部アタッチメントにつける後方支援用火器、後述する支援用バックパック「センサー」で射程距離が延びる。
  • グレネードランチャー:肩装備型では対象に命中後一定の範囲に爆風による追加ダメージを与え、腕装備型ではバズーカ同様、爆風で追加ダメージが期待できる。
  • ロケットランチャー:肩装備で対象含む一定の範囲にロケット弾を発射する、ロケット弾の雨が敵を吹き飛ばす!!ハラショー!!
  • シールド:ヴァンツァー用の巨大な盾。肩に装着するものと腕に装着するものの二種類、中には火器を内蔵したものもある。

バックパックの種類[編集]

  • ターボ:機体の出力が上がる。つまりたくさん武器が積める。
  • アイテム:機体修理用のリベアキットや予備の弾薬が積める、どっかのゲリラでは無限にアイテムを積める魔改造型があったがわかっていることはベネズエラにあること程度。
  • センサー:偵察、索敵用のパックパック、ミサイルの射程が伸びる謎機能付き。
  • リベア:機体の修理用のバックパック。リベアキットよりこれの方が重宝する。
  • EMP(ECM):敵機の機能をマヒ(例:攻撃できない、移動機構に制限をかける等)させたり、ミサイルの誘導を解除できる。
  • ステルス:隠密作戦用のバックパック。
  • ラジオ:航空支援用のバックパック。
  • ラジオバックパックで行える航空支援一覧
  • サルベージ:ヴァンツァーやモビルスーツアーマード・コアにも使える航空支援で大破した機体を回収、修理、戦地への空挺投下の3プロセスで構成される。
  • 補給:補給物資が入ったコンテナを投下する。たとえどんな場所であろうとも。
  • 爆撃:敵地に爆弾を投下する(ロケット+グレネードと考えればいい)
  • ジェットバック:一定時間、飛行及び高速移動が可能になるバックパック。なおジェットバック+格闘武器は男のロマンだ!!

ナイトメアフレームとの比較[編集]

ナイトメアフレームと比べてみると 機体性能に関しても高く、さらに予備部品どころか補給部隊が間違って持ってきたパーツでも難なく装備できるため、ヴァンツァーのほうが高性能と言えるだろう。

ヴァンツァー製造企業[編集]

フロントミッションに出てくるヴァンツァーは(実際のも含めて)SE社の系列会社が製造、販売している。

  • ジェイドメタル・ライマン:優秀な機体とネタ機体が共棲しているネタ会社。
  • サカタインダストリー&イグチ:脳ミソフェチがいた会社、今はライバル会社のイグチ社と合併した。
  • 霧島重工:光学兵器を製造した企業。
  • センダー:バケツ頭とネタ機体の会社。
  • ディアブルアビオニクス:米帝お抱えの会社、重度の装甲厨。

主なヴァンツァー[編集]

シケイダ
センダー製、史上初のヴァンツァー。頭がゴミ箱に見えるが、これこそセンダーイズム。
ゼニス
ジェイドメタル・ライマン製、機動力に定評がある。
フロスト
ディアブルアビオニクス製、防御力に定評がある。
レイブン
サカタインダストリー製、ドリスコルさんの愛機。脳味噌搭載、ここだけ押さえておけばいい。
嫌なヴァンツァー
吉田戦車社製、謎の高性能ヴァンツァー。
強盾
イグチ製、漫画では何故かゼニスpb8を名乗っている。
ゾラ
単に素早いだけの量産機。ジェイドメタル・ライマン製だったがトローに身売りされる。
ヴァジェ
ヴィンス製。円盤だけあってよく動く。
ガスト
ディアブルアビオニクス製、武器腕に逆関節というMTもどき。
エルドス
ディアブルアビオニクス製、グレン?距離1000でボコボコにしてやんよ!
シンティラ
必武製、逆関節もどき。韓国製のヴァンツァーで故障しやすいが回避力に優れる。
グリレゼクス
シュネッケ製。独逸の精神を具現化したヴァンツァー。命中精度と頑丈さがある。
テンダス
シュネッケ製、コックピットが防弾ガラス一枚という素敵仕様。
レクソン
ディアブルアビオニクス製、同社にあるまじき紙装甲。リンクと称し味方を闇討ちしたりと大活躍。
テラーン
ドミトーリ製、通称ケロちゃん。
メタンヴァンツァー
バリラーコンツェルン製、バリラー帝国の主力。強力無比な7.7mmMGを装備、なにげにこいつも逆関節。
ハービーG
コクピットむき出しのテンダスもびっくりなヴァンツァー。もともと作業用。
ブルートドゥフト
「ヒャア!がまんできねぇ!0だ!」の人御用達の機体。これで君も「ヒャア!」の仲間入りだ!

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴァンツァー」の項目を執筆しています。