ヴィオラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴィオラ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ヴィオラ」の項目を執筆してくれています。

ヴィオラ(Viola)とは、西洋音楽で使われるパンジーであり、内声を担当するが故に、作曲者がソロを指定することが決して無いといわれるほどのものである。

なぜヴィオラはソロを出来ないのか[編集]

第一に、ヴィオラそのものの楽器の性質にある。それは、ヴァイオリンはあらゆる音に共鳴するような形に作られていて、ヴィオラもヴァイオリンの完全5度、すなわち、そのまま1.5倍するべきだったが、そうしたら大きすぎで誰も演奏できなくなるために少ししか大きくすることが出来なかった。

第二に、そもそも内声を担当するが為に誰にも注目されなかったという点にある。上手なヴィオラ弾きはいないと言われるが、それはヴィオラはヴァイオリンから下ろされた人によって構成されるパートだからである。よって誰も引かせたがらない。

第三に、そもそもパンジーである。パンジーに弦を張って音が出せるかという不信感のせいでどうしても4分33秒しか弾かせてもらえない現実がある。

ヴィオラの将来[編集]

「ヴィオラはいずれ廃れて、弦楽三重奏が主流になることでしょう。」
ヴィオラ について、すぎやまこういち

非常に的を射た氏の予言である。それに対抗すべく、全国の花屋は必死で木材のようにかたいヴィオラを開発している。

ヴィオラの過去[編集]

何故か昔のクラシック時代の作曲家(モーツァルト等)は、ヴィオラを好んでいたともされる。正確には好き嫌いより物珍しさと使われなさ過ぎる同情心から来ている。そしてその同情心よりいくつかのヴィオラ中心の曲も作られているが、弾きたがる人が今いない。

因みにこれは、ヴァイオリンの曲を無理やりヴィオラで弾いて有名にしようとした曲である[1]

ヴィオラ・ジョーク[編集]

一部の作曲家はヴィオラに同情したが、それ以外の人はヴィオラでジョークを作った。ブラックユーモアに溢れたその一部を紹介しよう。

  • Q.ヴァイオリンとヴィオラの違いは?
A.ヴィオラの方が長く燃えます
  • ヴァイオリンの盗難防止に、ヴィオラのケースに入れています。
  • ヴィオラは奏者はかくれんぼが強いんだ。だって誰も探しに来ないんだもん。
  • 女神「あなたが落としたのは、金のヴィオラですか?銀のヴィオラですか?」
演奏者「いえ、普通のヴァイオリンです」
女神「正直者には両h...」
演奏者「いや、ヴィオラとかいいんで濡れててもいいからヴァイオリン返してください」

用途[編集]

  • テニスラケット
  • 逆サプライズプレゼント

余談[編集]

関連項目の欄にもあるが、ヴァイオリンはヴィオラの天敵である。それどころか、ヴィオラをヴァイオリンのパクリと見る人さえいる。なんてことだ。ヴァイオリンとは小さいヴィオラって意味なのに。

関連項目[編集]

この項目「ヴィオラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)